« 店情報: 漁師料理の店「せいもん払い」(中洲川端) | トップページ | 店情報: 長崎ダイニング「出島亜紗(でじまあさ)」(長崎) »

博多に来たらゴマサバ … 漁師料理の店「せいもん払い」(中洲川端)

豊後水道のゴマサバ


 福岡での出張先のTさんが、「アワビの刺身が美味しい店があるから!」と連れて行ってくれたのが、上川端通商店街の中にある漁師料理の店「せいもん払い」だ。

 博多でも「超」が付くほど人気が高いお店らしく、事前に個室を予約しての訪問である。

 しかも、絶対に午後6時半までに入らないと、予約がキャンセルになってしまうんだそうで、「急げ急げ!」とお店に向かった。

 まずは「キリン生ビール」(600円)で乾杯すると、Tさんがオススメの品を一気に注文してくれた。

 すぐに出てきたお通しは、小鉢ごとにいろんな種類。私のところに出された小鉢は、「生ハムとイチジクとクリームチーズ」だった。

 そして『漁師料理の店』ならではの魚介料理の1品めは「豊後水道のゴマサバ」(1,480円)だ。

 博多と言えばゴマサバなんだけど、このゴマサバは、今まで食べた中でも、ものすごくクオリティが高い。(値段も高い!)

 こりゃ絶対に燗酒だねぇ。生ビールを飲み干して、福岡・三井の「美田 辛醸」(700円)を燗でいただく。

 そして出てきた「おまかせ刺身盛合せ」(1人前2,800円、2人前以上は2,500円×注文数)と、それと一緒盛りにして出される、Tさん絶賛の「活アワビ刺」(量り売り)。

 「活アワビ刺」は人数分あるので、遠慮なくすることなくいただく。

 これが、スライスしたアワビ刺ではなくて、小ぶりとは言うものの、まさに活きたアワビそのもの。まだ動いてるし!

 殻にくっついてる部分は外して出してくれてるので、レモンをキュッと搾って箸でとり、端っこのほうから齧りつく。

 アワビ刺身特有の、コリッと硬い弾力感を想像していたんだけど、あにはからんや、これが軟らかい。

 いや、もちろんアワビならではの強い弾力感はあるんですよ。でもコリコリとした感じではなくて、クニュッと軟らかい食感のから始まって、ググゥ~ッと強い弾力感になっていく感じ。

 これは初めての食感だなぁ。ちょっと残酷だけど……。

 お酒のほうは、佐賀・嬉野の「東一」(700円)の燗酒へ。

 いろんな野菜をたっぷりと盛り合わせた「ごちゃまぜサラダ」(980円)もやってきた。

 「魚だけじゃなくて、肉も美味しいんですよ」と出てきたのは、「糸島牛ロース備長炭焼」(3,480円)だ。これが赤身なのにとっても軟らかい。すばらしい牛肉である。

 そしてお酒は福岡・久留米の「旭菊 綾花 瓶囲い」(700円)の燗酒だ。九州の酒も、いいのがそろってますねぇ。

 〆のご飯を食べる人は、「めんたいおにぎり」(400円)や「鮭茶漬け」(780円)、「博多めんたい茶漬け」(780円)などを注文しているが、私はここでは〆ずにおいた。

 午後9時前にお店の前で解散。

 ここから宿泊先の西鉄グランドホテルまでは、1.5キロほど。中洲や天神の状況を観察しながら、ゆるゆると歩いて帰るんだけれど、その途中にあるのが元祖ラーメン「長浜家」だ。

 ここでラーメンを食べようと思って、「せいもん払い」では〆なかったのでした。

 さっそくラーメンの食券(550円)を買って店内へ。食券を渡しながら「硬めでお願いします」と注文する。

 この店に来たのは今日が初めて。出てきたラーメンに、おろしニンニクを入れようと思ったら、卓上の薬味の中には、おろしニンニクがなかった。残念。

 食べ終わるころに気づいたんだけど、サービスで「ネギ多め」が指定できるんですね。

 やぁ、満腹、満腹。美味しいものをたくさんいただいた一夜となりました。

Img_0337a Img_0338a Img_0339a
「せいもん払い」 / ビルの1階が入口 / 予約して個室へ

Img_0341a Img_0342a Img_0345a
お通し / 豊後水道のゴマサバ / おまかせ刺身盛合せ

Img_0348a Img_0349a Img_0353a
ごちゃまぜサラダ / 活アワビ刺 / 糸島牛ロース備長炭焼

Img_0355b Img_0357b Img_0358b
元祖ラーメン「長浜家」 / 食券販売機 / 出入口

Img_0363b Img_0365b Img_0362b
ラーメン / 卓上の薬味 / 「ネギ多め」のオプションもあり

店情報

《平成30(2018)年10月2日(火)の記録》

|

« 店情報: 漁師料理の店「せいもん払い」(中洲川端) | トップページ | 店情報: 長崎ダイニング「出島亜紗(でじまあさ)」(長崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多に来たらゴマサバ … 漁師料理の店「せいもん払い」(中洲川端):

« 店情報: 漁師料理の店「せいもん払い」(中洲川端) | トップページ | 店情報: 長崎ダイニング「出島亜紗(でじまあさ)」(長崎) »