« オススメ料理で忘年会(前編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) »

オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

パターン

 ここらで私がオススメとする料理は、〆系統のものを除くと、ひとしきり注文し終えたので、食べたことがないものにチャレンジすることにした。

 「小袋炒め(←メニュー表記のまま)」(600円)は、「ホルモン炒め」のホルモンをコブクロに替えたもの。ピリッとした辛味噌の味わいがコブクロにもよく合う。

 「いか炒め」(750円)は、野菜たっぷりのとろみ系。八宝菜から豚肉やエビを引いて、イカだけにしたような感じかなぁ。

 「豚頭肉(カシラ)」(600円)は、スライスしたカシラ肉。刻みネギと一緒に箸にとり、添えられた辛味噌をつけていただく。

 もしかすると、これが横浜の「豚の味珍まいちん」のカシラの原型なのかもしれない。

 「むし鳥」(750円)は、蒸した鶏肉の上に、白ネギ、セロリ、ニンジンなどを細切りにしたソースがたっぷりとかかっている。“温製蒸し鶏サラダ”と言ってもいいぐらい、野菜たっぷりだ。

 「肉の天ぷら」(1,200円)は、この店のメニューに4品だけある、1,000円以上の料理のうちの1品だ。その名のとおり、カラリと揚げた豚肉なんだけど、ニラのかき揚げ天も添えられてるところがいいね。

 ちなみに「肉の天ぷら」以外の1,000円以上の品は、「豚角煮」(1,000円)、「エビのチリソース」(1,200円)、「酢豚(スブタ)」(1,200円)だ。

 2本め紹興酒ボトルも、残り少なくなったところで、いよいよ〆系に突入する。

 まずは「おじや」(600円)を1人前。自慢のスープで作ってくれる「おじや」は、人数分の小鉢と一緒に出してくれるので、みんなで取り分けながらいただく。スープの美味しさがよくわかる一品だ。

 そして最後はもちろん「パターン」(600円)だ。これは2人前をいただいた。

 「パターン」は、この店を代表する『裏メニュー』なんだけど、ほとんどの客が注文する人気の料理。

 ゆで冷ました中華麺を、ニンニク醤油で和えて、刻みネギとゴマをトッピングするだけという、とてもシンプルなニンニク醤油冷麺なんだけど、そのニンニクの強烈さに『野毛のペペロンチーノ』とも呼ばれている。

 中華包丁の側面でパターン、パターンと叩いて、ニンニクをつぶしていたことから、「パターン」と呼ばれるようになったそうだ。

 スープと一緒に出してくれるので、まずは冷麺のままいただいて、後半はつけ麺のようにしていただくと、二つのパターンを味わえて楽しい。

 店主一家のMasa中山さんの歌も楽しんで、3時間の楽しくて美味しい宴会。お勘定は5人で20,600円(一人当たり4,120円)でした。

 どうもごちそうさま!

Img_1733a Img_1735a Img_1736a
小袋炒め / いか炒め / Masa中山さんの歌

Img_1739a Img_1741a Img_1743a
豚頭肉(カシラ) / むし鳥 / 肉の天ぷら

Img_1746a Img_1750a Img_1748a
おじや / パターン / パターンのスープ

店情報前編

《平成30(2018)年11月28日(水)の記録》

(次回)19.05.22 献杯・木村喜久代さん … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

|

« オススメ料理で忘年会(前編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オススメ料理で忘年会(後編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町):

« オススメ料理で忘年会(前編) … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) | トップページ | 立飲みでサクッと1杯 … 「ホッピー仙人」(日ノ出町) »