« 見た目も美しい豚の耳 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 店情報: 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) »

竹鶴ピュアモルト水割 … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(日ノ出町)

ウイスキー水割り


 「豚の味珍」を出て、横浜駅で解散。

 せっかくの横浜なので、私は「もう1軒」と日ノ出町に移動した。

 すでに「ホッピー仙人」は閉店している時刻だし、「野毛ハイボール」も定休日(火曜)。

 今夜は昭和25(1950)年5月5日創業の老舗バー、「クライスラー(CHRYSLER)」に行ってみることにした。

 前に来たのは平成25(2013)年4月なので、実に5年半ぶりだ。

 入口の扉を開けると、すぐ目の前に横に長いカウンター席(15席分)が左右に広がり、右手の、カウンター席が終わった奥にテーブル席(20席分)が並んでいて、総席数は35席。

 先客は右奥のテーブル席に3人連れのグループがひと組だけで、ちょうど帰ろうとしているところ。

 私がカウンター席の一角に座り、ウイスキーの水割り(500円、以下すべて価格は税別表記)を注文するころには、客は私ひとりになった。

 店を切り盛りしているのは、5年半前と変わらず、男女それぞれ一人ずつの店員さんだ。懐かしい顔ぶれだなぁ。お二人ともお元気そうで良かった。

 1階入口の上部にある電灯看板には「オーシャンバー総本店 クライスラー」と表記されているが、改めてメニューを確認すると、「オーシャンウイスキー」のところには、『在庫限りで終了』という注記があり、「軽井沢17年」「軽井沢21年」ともに『終了しました』という付箋ふせんが貼られている。

 唯一、残っているのは「多謝タシャ」(1,200円)。『クライスラー50周年記念限定ウイスキー』と書かれているから、平成12(2000)年に造られたウイスキーなんだろうな。

 現在のハウスウイスキー(店の標準ウイスキー)は、ニッカウヰスキーの「竹鶴ピュアモルト」。水割りが500円で、ハイボールは550円だ。

 カウンター席で飲む場合、水割りはブーツ型のグラスで出してくれる。

 つまみは「ミックスピザ」(1,200円)が名物なんだけど、「豚の味珍」で満腹なので、もうピザは入らない。軽めの「レーズンバター」(500円)を出してもらった。

 このバーのつまみには、普通のバーらしい洋風のつまみに加えて、浅漬け、古漬けが選べる「おしんこう」(500円)があったり、「品川巻」(500円)があったりするのも面白いところだ。

 ひとり静かに45分ほどくつろいで、お勘定は1,080円でした。どうもごちそうさま。

Img_2103b Img_2106b Img_2111b
「クライスラー」 / 入口は2階にある / 店内の様子

Img_2107b Img_2109b Img_2113b
ハウスウイスキーは竹鶴 / 壁のメニュー / レーズンバター

店情報前回

《平成30(2018)年12月11日(火)の記録》

|

« 見た目も美しい豚の耳 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 店情報: 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竹鶴ピュアモルト水割 … バー「クライスラー(CHRYSLER)」(日ノ出町):

« 見た目も美しい豚の耳 … 豚の「味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 店情報: 大衆らーめん酒場「桔梗(ききょう)」(西武新宿) »