« 店情報: 手打蕎麦・美酒旬彩「和田(わだ)」(野方) | トップページ | 牛ホルモンの塩煮込み … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) »

長年の飲み仲間たちと … 手打蕎麦・美酒旬彩「和田(わだ)」(野方)

手打蕎麦で〆


 「秋元屋」でのゼロ次会を終えて、本日のミニ忘年会の会場へ。

 地元の飲み仲間の直ちゃんが予約してくれたお店は、野方駅バスロータリーのすぐ横にあるビル2階の手打蕎麦・美酒旬彩「和田」である。

 「和田」がオープンしたのは、今から6年前、平成24(2012)年9月11日。

 私自身、その存在は知ってたんだけど、来たのはこれが初めてだ。

 お店の肩書として、『手打蕎麦』と『美酒旬彩』の二つが並んでいることから、手打ちそばの店でもあり、お酒やさかなが充実している店でもありということなんだろうな。

 なにしろ直ちゃん推薦の店だから、間違いはない。

 そんな「和田」に、直ちゃん、ここちき&みやさんご夫妻、呑んだフルさん、宇ち中さん、私の6人が集まって、ミニ忘年会がスタートした。

 最初の乾杯から、いきなり「大七 辛口本醸造 生もと」(福島)の冷酒でいくところがすごいね。さすがツワモノぞろいだ。(ゼロ次会でビールを飲んでおいて良かった!)

 実はここ「和田」は、店主がお一人で切り盛りされているお店ということで、事前に直ちゃんが、『おすすめ料理2品程度と日本酒1升』を注文しておいてくれたのでした。

 今いただいている「大七」がその一升瓶だ。1合売り(700円)で1升飲むよりもお安くしてくれたんだって。ありがとうございます。

 おすすめ料理のほうは、小松菜の煮びたし、だし巻き玉子、鴨ロースト、グリーンサラダ。

 今日のメンバーはみんな、どっちかというと食べるよりも飲むほうだから、これだけあればほぼ十分だ。

 冷酒に続いては、そば焼酎「珠玉」を、そば屋ならではの、そば湯割りでいただく。

 最後は、それぞれ好みで「せいろそば」(700円)や「かけそば」(700円)をもらって締めくくる。

 あっという間の3時間半。お勘定は6人で19,870円(ひとり当たり3,312円)でした。

 どうもごちそうさまでした。

 いいお店をご紹介いただき、ありがとうございます!>直ちゃん

Img_2336b Img_2339b Img_2340b
手打蕎麦・美酒旬彩「和田」 / 小松菜の煮びたし / だし巻き玉子

Img_2341b Img_2342b Img_2343b
鴨ロースト / グリーンサラダ / 大七 辛口本醸造 生もと

Img_2345b Img_2351b Img_2352b
そば焼酎 珠玉 そば湯割り / かけそば / せいろそば

店情報

《平成30(2018)年12月23日(日)の記録》

|

« 店情報: 手打蕎麦・美酒旬彩「和田(わだ)」(野方) | トップページ | 牛ホルモンの塩煮込み … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長年の飲み仲間たちと … 手打蕎麦・美酒旬彩「和田(わだ)」(野方):

« 店情報: 手打蕎麦・美酒旬彩「和田(わだ)」(野方) | トップページ | 牛ホルモンの塩煮込み … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方) »