« 店情報: 鉄板焼「もみじ亭」(赤坂見附) | トップページ | 店情報: 炉ばたと和食「土風炉(とふろ)」(市ヶ谷) »

日本の食文化のひとつ … 鉄板焼「もみじ亭」(赤坂見附)

Dsc02126a

 先週金曜日の寿司に始まって、土曜日のスッポン鍋、日曜日の長崎直送のカキ、火曜日のシュラスコと、美味いもの続きのぜいたくな1週間を送っていますが、木曜日の今日は、ホテルニューオータニ東京の日本庭園にある鉄板焼「もみじ亭」での食事会である。

Dsc02118a

 ニューオータニ東京には、ザ・メイン、ガーデンタワー、ガーデンコートという3つの大きな建物で構成されていて、低層階ではそれらの建物がつながっている。

 ホテル全体がひとつの街といってもいいぐらいの大きさで、中で迷子になってしまいそうなほど広い。

 そんな巨大な建物群の裏側に、これまた大きな日本庭園があるのでした。

Dsc02120a

 庭園内の池には朱塗りの欄干らんかんをもつ橋が架かっていて、それを渡っていった先に、日本料理の「なだ万本店 山茶花荘」や、鉄板焼/ステーキの「石心亭」・「清泉亭」・「もみじ亭」があるのだ。

Dsc02123a

 3軒の鉄板焼/ステーキの店の違いは、「石心亭」が弧を描くカウンター席24席のみ、「清泉亭」は3テーブル18席(各テーブル6席ずつ)のみなのに対して、「もみじ亭」(上の写真)は8テーブル全64席(各テーブル8席ずつ)と広く、大人数でも利用することができる。

 また「石心亭」、「清泉亭」のディナーコースが18,000円からなのに対して、「もみじ亭」は9,000円から。

 さらに40名以上で貸切にできる「もみじ亭」には、団体用のメニューもあって、予算に応じてメニューを調整できるのである。

Dsc02129a

 今宵の我われは55人での団体予約。

 各テーブルには鉄板が埋め込まれていて、その鉄板を三方から囲むように、長辺に4席、短辺にそれぞれ2席の椅子が置かれている。

Dsc02128a

 その鉄板が驚くほどピッカピカなのがすばらしいね!

Dsc02130a

 飲みものは、上のメニューの中から好きなものを選ぶことができる。(飲み放題)

 残念ながらホッピーや酎ハイなどはないようだ。

Dsc02132a

 まずはやっぱり瓶ビール(キリン一番搾り)からスタートである。

Dsc02134a

 すぐに出される「先付け」は、「赤ホオズキのラタトゥイユ和え」。

Dsc02138a

 各テーブルの鉄板もスタンバイOKとなり、それぞれのテーブルに担当のコックさんがやって来た。

 最初に調理されるのは「季節の魚と帆立貝のレモン添え」である。

Dsc02141a

 テーブルを囲むみんなの目が、調理人の手元に集中する。

 こうやって目の前で調理が進められるところが、鉄板焼きの最大の魅力なんだな。

 鉄板上の調理ショーである。

Dsc02142a

 そろそろ料理が完成しそうなので、飲みものをビールから白ワイン(ピエールジャン コロンバール・シャルドネ)に切り替えた。

Dsc02144a

 できあがった「季節の魚と帆立貝のレモン添え」は、ひとり分ずつお皿に取り分けて出してくれる。

 今日の「季節の魚」は「カサゴ」だそうな。

 できたて熱々のうちに、大急ぎでいただいた。

Dsc02150a

 鉄板の上では2品めの「焼野菜」の調理が始まった。

Dsc02158a

 今日の「焼野菜」は玉ネギとナス。

 皿の上にミルで砕いた岩塩が添えられている他、小皿でジンジャーソースとガーリックソースも添えられている。

Dsc02161a

 そんな「焼野菜」に合わせるかのように「サラダ」も出された。

Dsc02163a

 「焼野菜」や「サラダ」をいただきつつ飲んでいるうちに、鉄板の横には、本日のメインディッシュ、「国産牛サーロイン」が登場した。

 写真の1枚が300グラムで、1人分は150グラム。

 このテーブルは7人で囲んでいるため、3枚半(7人分)のステーキが焼かれるのである。

Dsc02164a

 みんなに好みの焼き具合を確認したあと、まず2枚の「国産牛サーロイン」が鉄板上に並べられた。

Dsc02167a

 肉の周辺の脂っぽい部分などを切り分けたりしながら、焼きの工程が進んでいく。

Dsc02169a

 最初の2枚の肉の表面が焼けたところで、その2枚を鉄板の隅のほうにずらし、残りの肉が投入された。

 最初に焼かれた2枚が“ミディアム”に、これから焼き始めるものが“レア”になるんだろうな。

Dsc02172a

 肉に火が通ったらしく、鉄板上ではステーキの切り分けが始まった。

Dsc02173a

 それに合わせて、飲みものも赤ワイン(ピエールジャン カベルネ・ソービニヨン)をもらった。

Dsc02175a

 そしてこれが焼き上がった一人分の「国産牛サーロイン」(焼き加減はミディアム)である。

 今日のは北海道牛なんだそうな。

Dsc02178a

 肉を焼いている時に切り落としていた脂っぽい部分、筋っぽい部分も、決して捨てるわけではない。

 ひとつひとつを小さく切り刻みながら、改めて鉄板上で焼き始めた。

Dsc02181a

 しばらく焼いているうちに、美味しそうな肉料理に仕上がり、みんなの取り皿に、均等に分けながらのせてくれた。

Dsc02196a

 目の前には、ご飯と味噌碗、御新香も出てきた。これでほぼ終了かな。

Dsc02198a

 鉄板の掃除も始まった。焼き終わるとすぐに掃除することで、ピッカピカの状態が保たれるんでしょうね。

Dsc02199a

 ピッカピカに戻った鉄板の前で、デザートのイチゴ(茨城県産とちおとめ)に合わせていただいた1杯は角ハイボール(サントリーウィスキーのソーダ割り)である。

Dsc02204a

 ダダダダダッと駆け足のように過ぎていった2時間の食事会。

 目の前で焼き上げてくれる鉄板焼料理のショー的な楽しさに改めて気づかされました。

 この鉄板焼きもまた、素晴らしき日本の食文化のひとつですねぇ!

 最後にもう1杯、角ハイボールをいただいて、どうもごちそうさま。

店情報

《令和2(2020)年2月6日(木)の記録》

|

« 店情報: 鉄板焼「もみじ亭」(赤坂見附) | トップページ | 店情報: 炉ばたと和食「土風炉(とふろ)」(市ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 鉄板焼「もみじ亭」(赤坂見附) | トップページ | 店情報: 炉ばたと和食「土風炉(とふろ)」(市ヶ谷) »