« ソト1ナカ4+燗酒2 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | シャンの料理を再確認 … ミャンマー料理「ノングインレイ(NONG INRAY)」(高田馬場) »

骨も軟らかブリアラ煮 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Dsc02310a

 ひとり用の土鍋で出してくれたこの一品は、「やわらかブリアラ煮」(180円、以下すべて税別表記)。

 ブリのアラを、圧力鍋で煮込んだもので、骨までホロホロに軟らかくなっていて、残すところなく、すべてを食べきることができる。

Dsc02307a

 ときどきメニューに出てくるアラ煮だが、この店で刺身にしたあとのアラを煮込んでいるらしく、量はそれほどない。

 今日も私が注文したら、それが最後の一人前。手書きメニューからも消えて、売り切れとなった。

Dsc02308a

 水曜日の今日は、仕事関係の飲み会が終わったあと、ちょっと飲み足りなくて「川名」に立ち寄った。

 店に着いたのは午後9時。

 飲み会の場では、最初のビール以外は、ずっと日本酒(冷酒)だったので、ここではさっぱりと「生グレープフルーツサワー」(380円)をいただくと、すぐに出されるサービスのお通しはミカンである。

 自らがフルーツ好きである「川名」の店主マスターは、みんなにもフルーツを食べてもらおうと、無料のお通しとしてフルーツを出すようになったのだ。

Dsc02311a

 そしてつまみ。飲み会でけっこう食べてきたので、そんなにボリュームがあるものでなくてもいい。

 手書きの本日のメニューボードを見て、『180円なら、量も少ないのかな』と思って、「やわらかブリアラ煮」を注文したのだが、ひとり用の土鍋でドンっと出されて驚いた!

 夜9時も回っていることで、鍋に残っていたアラ煮を全部ついでくれたのかもね。

 ありがたいことです。

Dsc02313a

 フルーツのみならず、料理も旨いもの好きの店主は、試作中の品をちょっと出してくれたりする。

 今日のそんな一品は、「豆とアサリのサラダ」と「あんきも」。

 サラダに添えられたハーブの、ちょっとだけほろ苦い感じが、とてもいい。

 「これ、なんていうハーブなんですか?」と聞いてみたところ、

 「それはチャービル(セルフィーユ)というハーブなんですよ」と店主。

 ハーブまで研究されてるんですね。

 それにしても、こういうアサリの食べ方もいいですねぇ。

Dsc02314a

 もう1品、出してくれたのは「牛すじ煮込みチーズのせ」だ。

 いつもの牛すじ煮込みにピリ辛感を足した上で、旨みのチーズを加えて仕上げた一品。

 これはやられた。この煮込みはすごいぞっ!

Dsc02316a

 このスーパー煮込みに、「生グレープフルーツサワー」もおかわりである。

Dsc02317a

 最後に軽く一杯のつもりが、閉店時刻(午後11時)まで、たっぷりと2時間楽しませてもらって、今夜のお勘定は1,144円なり。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年2月12日(水)の記録》

(次回)20.05.12 刺身盛合せが380円 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

|

« ソト1ナカ4+燗酒2 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | シャンの料理を再確認 … ミャンマー料理「ノングインレイ(NONG INRAY)」(高田馬場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ソト1ナカ4+燗酒2 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | シャンの料理を再確認 … ミャンマー料理「ノングインレイ(NONG INRAY)」(高田馬場) »