« 立呑みたっぷり3時間 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 一升瓶キープがお勧め … 「土風炉(とふろ)」(品川) »

いか大根の季節が終了 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Dsc02439a

 今日も外勤先からの直帰で荻窪「やきや」。

 午後5時に店に到着すると、いつも4時から奥のテーブル席に集まっている常連さんたちがまだいらっしゃったので、その隅っこに混ぜてもらう。

Dsc02441a

 そして今日も「ホッピー」(360円)と、季節の「いか大根」(310円)からスタートだ。

 その「いか大根」は、いよいよ今週末で終了するとのこと。

 ということは、今シーズンの「いか大根」は、2019年11月25日(月)~2020年2月22日(土)までの3ヶ月間の提供だったということですね。

Dsc02442a

 3杯めとなる「ナカ(おかわり焼酎)」(170円)もおかわりし、2品めのつまみは「げそ揚げ」(230円)をもらう。

Dsc02443a

 この「げそ揚げ」を、「いか大根」の残りのつゆに浸して食べるのがうまいんだ。

 ちなみに「いか大根」の残り汁は、それだけを液体のつまみとしていただいても旨い。

Dsc02444a

 ホッピーをソト1・ナカ3で飲み終えたが、「げそ揚げ」もまだ残っているので、他の常連さんが「にごり酒」(300円)を注文したのに便乗して、私も「にごり酒」をいただいた。

Dsc02445a

 受け皿までたっぷりと注がれる「にごり酒」の銘柄は、「にごり酒 親玉 北の誉」。

 常連さんの中には、この「にごり酒」を、『デザートだ!』と言いながら最後にもらって〆る人も多い。

 実際にはそれほど甘くはなくて、にごり酒のわりには、すっきりとしていて飲みやすい。

 スイスイと喉を通るのである。

 今宵は2時間ほど立ち飲んで、お勘定は1,540円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年2月20日(木)の記録》

 

Img_6380b

《備忘録》 今日の昼食は、昭和22(1947)年創業の「神田きくかわ」の、うなぎの「折詰弁当」。これはこれで、ものすごく美味しかったのだが、お店で出来たてをいただくと、もっとうまいんだろうなぁ。

(次回)20.05.09 本庄から戻ってイカ刺 … 立呑み「やきや」(荻窪)

|

« 立呑みたっぷり3時間 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 一升瓶キープがお勧め … 「土風炉(とふろ)」(品川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立呑みたっぷり3時間 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 一升瓶キープがお勧め … 「土風炉(とふろ)」(品川) »