« 尾道でブラジル同窓会 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) | トップページ | 店情報: 「うおしま大黒丸(うおしまだいこくまる)」(尾道) »

瀬戸内の料理と日本酒 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道)

3a53113bcc704b27ae5df1b3a7ad801d

 前編からの続きで、尾道駅近くの居酒屋「たまがんぞう」に来ています。

 「たまがんぞう」というのは、ある種のヒラメの名称。標準和名は「テンジクガレイ」と言うそうです。

1e590d3536d74638a2de9efc51c69940

 尾道在住のIさんたち3人は、すっかりこの店のお馴染みさま。

 その3人が、口をそろえて一押ししたこの店の名物料理が、なんと「鶏レバーのレバ刺し風」(500円)だ。

 瀬戸内海沿岸なので、「まず魚を!」となるかと思いきや、これは意外。

 しかしながら、もつ大好きで、「もつマニア」の私としては、このつまみは大歓迎。

 このところ、東京でも、もつ焼き店に行けてなかったからなぁ。

 しかも、牛レバも豚レバも、生の刺身では食べられない今、鶏レバは、レバ刺しの最後の砦(とりで)である。

 3人がそろってオススメしてくれるだけあって、この鶏レバ刺しはうまいねぇ!!

96975f7adf8541639806b974267ed553

 1杯目の生ビールは、あっという間に飲み干して、2杯目は「トマト酎ビア」(400円)やら、「ジョッキで生搾りハイ(レモン)」(500円)やら。 私はもう1杯、「エビス生」(500円)をもらった。

E6690abe302b41daa959951b9a96f370

 そしてもちろん、「たまがんぞうの鮮魚のお造り おまかせ盛り合わせ」(1人前1,080 円)もいただいた。

Dsc04212s

 これが「たまがんぞう」の今日の「おしながき」だ(クリックすると拡大されます)。その日の仕入れで、毎日、手書きされるらしい。

Ceccd6e70e8c4ecfb82589c41c94beb9

 「お好きなものがあれば、ぜひ注文してください」

 と言っていただいて注文したのが、大好物の「ネブトの唐揚げ」(600円)。

 瀬戸内名物のこの魚。標準名は「テンジクダイ」というそうだが、呉では「めんぱち」と呼ばれている。

 身体の割には大きな頭を取り去って、こうして唐揚げにしていただくのが一番おいしい。

Bb2ea6a7c1a34d1bb64061ce9d0dbcdb

 これもまた、呉名物、広島名物の「がんす」(380円)である。

 メニューには『白身魚すり身のフライ』という短い注記が入っているが、実はそのすり身に、刻んだ玉ねぎや、一味唐辛子が混ぜられている。

 おでんにしても旨いんだよなぁ。

 こうやって、瀬戸内海を眺めながら「ねぶと(めんぱち)」や「がんす」をいただいたりすると、広島に帰ってきたという思いが強くなる。

F900333a239341899ef75713c171c47a

 こちらは店員さんオススメの「尾道丸谷豆富とじゃこと大根のサラダ」(680円)。

 すぐ近くの「丸谷豆腐店」の豆腐を使ったサラダである。

E72d4e9406654a54bf6048e8d8f3d868

 そして夏の瀬戸内では、絶対に外せないのが「地ダコの天ぷら」(880円)だ。旨味が強いよねぇ、瀬戸内のタコ。

B35bd41cd1984c91bd83af45e35592b4

 ここで飲み物を燗酒に移行した。地元、広島(福山)の「天宝一 直汲み生 純米吟醸」(お銚子900円)である。

 広島に来たら、やっぱり日本酒じゃのぉ!

Fc0c66a117e143bb9c7ae60242198c52

 それじゃ、みんなで広島のお酒を! ということで、もらったのは呉の「宝剣 涼香吟醸」 (お銚子900円) 。

 全員で、再びの乾杯である。

 この後、同じ「宝剣」の、「超辛口純米」(お銚子900円)もいただいた。

Fd1af53d3ca644c2822d34591c9b843c

 さっくりと2時間ほど楽しんで、「もう一軒行きましょう!」と席を立つ。

 お勘定は4人で13,950円(ひとり当たり3,488円)でした。どうもごちそうさま。

店情報この記事の前編

《令和2(2020)年7月12日(日)の記録》

|

« 尾道でブラジル同窓会 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) | トップページ | 店情報: 「うおしま大黒丸(うおしまだいこくまる)」(尾道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尾道でブラジル同窓会 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) | トップページ | 店情報: 「うおしま大黒丸(うおしまだいこくまる)」(尾道) »