« 店情報: 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) | トップページ | 瀬戸内の料理と日本酒 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) »

尾道でブラジル同窓会 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道)

3d2ebc0860794ff2976f706c39fd4c69

 東京駅から新幹線に乗って、尾道にやってきた。

 駅近くのホテルにチェックインした後、つい最近、ここ尾道に単身赴任されたIさんや、Iさんと一緒に仕事をされている若き経営者お二人と合流し、やってきたのは尾道駅のすぐ近くにあるIさんおすすめの居酒屋の1軒、「たまがんぞう」だ。

 Iさんと私は、同じ時期にブラジルに赴任していた仕事仲間&飲み仲間。都内でもときどきブラジル同窓会をやっていたが、今回は尾道でのブラジル同窓会である。

84ac768f78e14ea9b490fdcc68f4fc68

 店はレンガ造りの、奥に向かって細長い4階建てのビルにあり、1階が入口、2階がカウンター席、3階と4階が座敷席になっている。

95891a7d9a68431283813ec016fd76d1

 店名の前に“尾道渡し場”と書かれているとおり、店の真向かいが向島へと渡るフェリーの乗り場になっている。

35976a06a0f746069d93195e31a0ba9c

 店名の「たまがんぞう」のほうは、“テンジクガレイ”の呼び名であるということが、店の入口近くの看板に書かれている。

 この看板を見るまでは、私はてっきり「たまげるぞ!(驚くぞ!)」という意味なんだろうと思ってたんだけどなぁ。

Ff54b5308346454698db594fc6aac42c

 店の入口(1階)には、1963年式のダイハツ製オート三輪の本物がオブジェとして置かれている。

 子供の頃、よく見かけた車で、なんだか懐かしい。

 右手の階段から2階に上がると、そこが店内。店員さんから、我われ4人の予約席は3階であることが告げられた。

Aedfe02483c14e3a84cab8dbc0afc0aa

 上の写真は、飲んでる途中で撮ったものだが、我われが通されたのは3階の、もっとも海側。対岸の向島がよく見えるいい席だった。

 Iさんたち3人は、ちょうど対岸に見えている工場で働いているのでした。

119580a0d4ba4da89eff9522384d0fd3

 まずは「エビス生ビール」(500円、以下すべて税別表記)をもらって乾杯すると、すぐに出されるお通し(席料、ひとり300円)は、美味しい煮貝だった。

Dsc04223a

 この煮貝は、バイ貝かな?

 お通しからこの美味しさ。このあとの料理が楽しみだ!

(つづく)

店情報

《令和2(2020)年7月12日(日)の記録》

(この記事の続きはこちら→)20.08.21 瀬戸内の料理と日本酒 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道)

|

« 店情報: 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) | トップページ | 瀬戸内の料理と日本酒 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) | トップページ | 瀬戸内の料理と日本酒 … 尾道渡し場「たまがんぞう」(尾道) »