« レトロ商店街を抜けて … 「うおしま大黒丸(うおしまだいこくまる)」(尾道) | トップページ | 店情報: 博多三昧「まるとく食堂」(博多) »

半時間ほど客席を独占 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

Dsc04357a

 尾道市内(島しょ部)での仕事を終えて、福山駅前まで戻ってきた。

 ここまで来ると新幹線に乗るまでの間に、駅の近くの「自由軒」でちょっと呑んでいくというのが定番のコースになっている。

 店に着いたのは午後2時前。

 のれんの所に人が立っているので、『もしかすると満席で入店待ちなのか?』と心配したのだが、さにあらず。

 4月から店内が禁煙になったため、外でタバコを吸ってる人でした。

Dsc04358a

 ランチタイムも終えた店内は、お客さんが減りつつあるところのようで、私が入った時点で先客は7人ほど。

 入口近くの、おでん鍋の角のあたりに腰を下ろし、まずはアサヒとキリンが選べる「大ビール(大瓶ビールのこと)」(630円)をアサヒでもらい、つまみは「スジ」(330円)からスタートである。

 「スジ」というのは、おでんの牛すじのこと。

 この店の名物でもある「おでん」は、出汁だしだけで煮込んであって味は付いていない。

 これをお皿や小鉢に盛ってから、独自の味噌ダレや、生姜醤油しょうがじょうゆで味付けするのである。

 私は味噌ダレ派。これが旨い!

 味噌ダレに飽きたら生姜醤油も食べてみよう、と思っているのだが、飽きるほどこの店に通うことができないのが残念だ。

Img_6897a_20200830162101

 お客さんがひとり立ち、またひとり立ちと、順次お会計をして店を出ていき、なんと、ついには私ひとりだけになってしまった。

 この大人気店で、客が一人というのは、これが初めてだ。こんなこともあるんですねぇ。

Dsc04366a

 いつもはお客さんたちの顔が写り込んでしまうため遠慮している壁のメニュー写真も、せっかくのチャンスなので、しっかりと撮らせていただいた。

Dsc04362a

 「スジ」に続く2品めのつまみは、冷蔵陳列ケースから「ちいちい酢味噌」(450円)を取ってきた。

 と言っても、実際に冷蔵ケースから取ってくるのは「ちいちい」の部分だけ。

 カウンター内のおねえさんに、「これ取ってきたよ」と申告すると、おねえさんが小鉢にかけられたラップフィルムを取り、カウンター上に置かれた伝票に記帳してから、酢味噌が入った小皿を出してくれるのだ。

 ちなみに「ちいちい」というのは、瀬戸内海でとれる小さいイカ、「チイチイイカ」のこと。標準和名では「ベイカ」というらしい。

 イカの身よりも、その内臓の味わいが素晴らしいんだな。

Dsc04363a

 その「ちいちい酢味噌」に合わせて、飲みものも「日本酒」(380円)の熱燗に移行する。

 日本酒は地元・福山の「天宝一」。おでん鍋の横についている燗付け器で温めて、そのチロリのまま出してくれる。

 地元の魚(チイチイイカ)に地元の酒(天宝一)。これが合わないはずがない!

 とそこで店の電話が鳴って、厨房の女将さんが電話に出た。

 「はい」、「はい」と2~3度相槌を打ちながら聞いていた女将さん、「うちは冷凍食品、使ってないんですよ。ごめんなさい」と電話を切った。

 なるほど冷凍食品会社の売り込みだったのか。

 この店では冷凍食品は使ってないんですねぇ。

 お客が私だけなので、普段は聞こえないような会話も聞こえるのが面白い。

Dsc04364a

 「チイチイイカ」も食べ終えて、次なるつまみを選ぶ。

 手書きのホワイトボードには、残念ながら小イワシも、大好物のネブト(メンパチ)も書かれていない。

「今日はネブトはできますか?」

 と念のためカウンターのおねえさんに尋ねてみると、おねえさんが厨房に、

「ネブトはおるんかいねぇ?」

 と確認してくれた。

 そして厨房からは「おるよぉ~!」という嬉しい返事。

 さっそくその「ねぶと」(400円)をいただいた。

Dsc04365a

 この「ねぶと」。ネブトそのものはもちろんのこと、添えられてる塩が、これまた旨いのだ。

 ネブトを食べ終えた後、コップにちょっと残っていた燗酒は、このお塩をつまみにいただいた。

 私だけですべての客席を独占できた時間は、ほんの30分ほどで、その後は新しいお客さんたちが入ってきたが、それでも全部で5人ほどしかいない。

 こんな「自由軒」は初めて見た。

Dsc04367a

 予約している新幹線の時刻も近くなってきたので、ここらでそろそろお勘定をお願いした。

 1時間半ほど、ゆっくりとさせてもらって、今日のお勘定は2,190円なり。どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和2(2020)年7月16日(木)の記録》

|

« レトロ商店街を抜けて … 「うおしま大黒丸(うおしまだいこくまる)」(尾道) | トップページ | 店情報: 博多三昧「まるとく食堂」(博多) »

コメント

懐かしい酒場に涙が出そうです。天満屋の裏手、あの入り口のドアからしてノスタルジー福山の老舗酒場には出張時の楽しみでした。昼飲みと昼飯がカンチャン席になるのが素晴らしい酒場でした。いつも楽しみに拝読しております。

投稿: フロサーファー | 2020.09.06 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レトロ商店街を抜けて … 「うおしま大黒丸(うおしまだいこくまる)」(尾道) | トップページ | 店情報: 博多三昧「まるとく食堂」(博多) »