« ビール&鳥皮の味噌煮 … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ

自由軒かつとニラレバ … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

Dsc04465a

 福山で迎えた3夜め。時刻は午後6時半である。

 1夜めが「自由軒」、2夜めが「鳥好」。当初の予定では3夜めの今日は、もつの煮込み(関東煮)で知られる「稲田屋」に行ってみようと思っていたのだが、仕事が終わるのがちょっと遅くなってしまった。

 「稲田屋」は、午後7時40分までの営業なので、あと1時間ほどしかない。

 それではあまりに短時間過ぎるので、「稲田屋」はあきらめ、改めて今夜も「自由軒」にやって来たのだった。

Dsc04467a

 今夜もまずは「大ビール」(630円)と、おでんの「スジ」(330円)からスタートする。

 「大ビール」とは大瓶ビールのこと。アサヒ(スーパードライ)とキリン(今の時季は秋味とラガー)が選べるところを、今夜はアサヒをいただいた。

 ビールは他に「生ビール」(630円)と「小ビール」(480円、小瓶のビール)がある。

 「スジ」は牛すじ。ここのおでんは味が付いておらず、器に盛ってから、自家製の『みそダレ』か『生姜醤油しょうがじょうゆ』をかけてもらって味を付ける。

 このちょっと甘みのある『みそダレ』が旨いんだ。

Dsc04468a

 2品めも、おでんの「豆腐」(150円)。

 ここまではもう、毎回のルーティンになっている感がある。

 大瓶ビールを飲んで、おでんの「すじ」と「豆腐」を食べて、やっと福山「自由軒」にやって来た気がするんだなぁ。

 この自家製の『みそダレ』には、七味唐辛子がよく合う。

Dsc04469a

 おでん2品で大瓶ビールを飲み干して、続いては「Aセット」(630円)をもらう。

 これは「ちろり」に入れられた焼酎と、烏龍ウーロン茶の350ml缶、そして氷入りのグラスのセットである。

Dsc04471a

 おそらく焼酎が380円、烏龍茶が250円で、合わせて630円のセットになっているものと思われる。

 このセットで2.5杯ぐらいのウーロン割りを作ることができる。

Dsc04472a

 そしてつまみは前々から気になっていた「自由軒かつ」(550円)である。

 この店のメニューで、店名が冠されているものは、この「自由軒かつ」だけ。

 「どんな料理なんだろうなぁ」ということが気になっていたのだった。

Dsc04473a

 前に昼過ぎに来たときに、店のおねえさんたちが、大量のエビとイカを次々に串に刺して準備していたのを見て、「それはなに?」と聞いてみたら、実はこれが「自由軒かつ」の仕込みだったのでした。

 その時から、「なるほど美味しそうだ。今度、食べてみよう」と思っていたのだが、やっと今日、それが実現した。

Dsc04474a

 さらにもう1品。今度は「ニラレバ」(580円)だ。

 一昨日、ここで食べてたときに、となりに座った常連さんカップルが、このニラレバを注文していて、気になっていたのだった。

 「自由軒」と言えば、その名物のひとつが「キモテキ」なので、「ニラレバ」はその陰に隠れてしまっていて、そんなメニューがあることにも気がついてなかったのだ。

 今日も「ニラレバをお願いします」と注文したとたんに、店の中にいた何人かが、サッと壁のメニューに目を走らせていた。

 彼らもこの店に「ニラレバ」があることを知らなかったに違いない。

 一昨日のカップルは、この店で「ニラレバ」を食べるのを楽しみにしていて、毎回、必ず注文しているようだった。

 それにつられて注文したのだが、この「ニラレバ」もまた美味しいですねぇ! いいものを知った。

Dsc04475a

 午後8時過ぎまで、1時間半ほど楽しんで、今夜のお勘定は2,870円でした。

Dsc04476a

 そんなわけで、「稲田屋」をあきらめて夜となったのですが、なんとその後、9月5日になって、「稲田屋」が9月23日昼の営業をもって閉店するという情報が流れてきた。(中国新聞の記事

 『稲田正憲社長(66)の体調不良(膝の関節痛)が理由で、新型コロナウイルスの影響による客の減少が追い打ちとなった』とのこと。

 「稲田屋」の創業は1919年ごろというから、創業100年の老舗大衆食堂で、現在の社長は5代目。

 店名とメニューは、「味を引き継ぎたい」と希望する知人が引き継いで、別の場所で再開するそうです。

 最後にもう1度、「稲田屋」に立ち寄ることができなかったことが残念でした。

店情報前回

《令和2(2020)年9月2日(水)の記録》

|

« ビール&鳥皮の味噌煮 … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビール&鳥皮の味噌煮 … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ