« 店情報: 居酒屋「八の巣(はちのす)」(津) | トップページ | 店情報: 大衆割烹「いはや」(津) »

めはりを肴に三重の酒 … 居酒屋「八の巣(はちのす)」(津)

Dsc04631a

 津駅東出口から徒歩2分ほどの居酒屋「八の巣」。

 のれんの下から垣間見える午後6時過ぎの店内には、いかにも地元のサラリーマンらしき男性ひとり客が何人か、アクリル板で仕切られたL字のカウンター席に、飛び飛びに座って飲んでいる。

 入口横には「新型コロナウイルス対策としてオゾン発生器を設置しました」という張り紙もあり、感染症対策に力を入れている店であることがわかる。

 よしっ。今夜の晩酌はここにしよう。

Dsc04635a

 「ひとりです」と店に入り、いていたカウンター席の中央部あたりに腰を下ろした。

 となりの席との間を仕切るアクリル板は、ブックエンドとダブルクリップを利用した手作りのもの。

 なるほどなぁ。この手があったか!

 この仕切りは、カウンターの2席ごとに置かれていて、その2席分の空間に、それぞれ一人ずつの客が座っている状態だ。

Dsc04643a

 カウンターの上段には、大皿に盛られた料理が、ずらっと15皿ぐらい並んでいるのだが、そのカウンター上段と、お客が座っているカウンター席との間には、天井からビニールのシートが吊り下げられていて、大皿料理は見えるけど、お客さんがしゃべっても、飛沫は防止できる仕組みになっている。

 ビニールシートの向こう側、カウンターの中には、女将さんやアルバイトの学生がいるのだが、彼らはマスクを着用しているから大丈夫なのだ。

Dsc04634a

 まずは瓶ビールを注文すると、アサヒスーパードライ中瓶が出され、追いかけるようにお通しの「まぐろ角煮」を、ビニールシートの下側をちょっとめくって出してくれた。

 天井から吊り下げられたビニールシートのたけが、長過ぎず、短か過ぎずで、大皿料理は守るけど、カウンターの中から料理を出すのには、あまり邪魔にならないという絶妙な長さなのである。

 この位置に収まるまで、いろいろと試行錯誤をされたんだろうなぁ。

Dsc04645a

 この店のメニューは、卓上には置かれておらず、カウンターの上部や、まわりの壁の上部に短冊でぶら下げられている。

 その数はかなり多くて、全体を把握するのは大変そう。

 店の奥の壁に掲示された黒板には、今日のメニューがチョークで手書きされている。

 お客さんたちのほとんどは、予想どおり常連さんの様子で、ひとり客か、ふたり連れ。

 ひとり客は、みんなカウンター席に座っていて、ふたり連れは後ろのテーブル席や、小上がりの座敷席で談笑しながら飲んでいる。

Dsc04644a

 「まぐろ角煮」(お通し)と中瓶ビールが残り少なくなったところで、次なるさかなと飲みものを選ぶ。

 店の名物は「ロールキャベツ」(600円)や「とんかく(豚の角煮)」(750円)などのようだ。「あさり」(600円)の注文もよく入っているようだ。

 「うつぼ」(400円)や「赤モク(海藻)」(400円)なども並んでいる。

 「まぐろハーモニカ」(450円)って何だろう? ちょっと気になるなぁ。

 そんな中に、好物の「タコ天」(450円)を発見。これにしよう!

Dsc04636a

 「タコ天」を注文しておいて、飲みものは「酒1合」(350円)を熱燗あつかんでいただく。

 お酒の銘柄は「寒紅梅かんこうばい」。このすぐ近く(三重県津市)で造られている三重の地酒だそうな。

 「寒紅梅酒造は、三重大学の近くにあるんですよ」と女将さん。

 女将さんをサポートしている、二人の若い男子アルバイトは、二人とも三重大生なんだそうな。キビキビとした接客がいいですねぇ!

Dsc04638a

 そして「タコ天」もできあがってきた。

 熱々の出来たてが、天つゆと一緒に供される。

Dsc04637a

 この弾力感と、噛みしめたときの旨みが「タコ天」の良さなんだなぁ。

 「タコ刺身」や「タコブツ」も好きなんだけど、熱い「タコ天」のほうが、より旨みを感じやすいように思うのだ。

 ックゥ~~ッ。燗酒にもよく合うのぉ~っ!

Dsc04639a

 「タコ天」で1本めの燗酒を飲み干して、2本めの燗酒をもらうと共に、つまみ兼シメの一品として、初めて目にする「めはり」(600円)をいただいた。

 「めはり」というのは、和歌山県と三重県にまたがる熊野地方や、奈良県の吉野地方の郷土料理である「めはり寿司」のこと。

Dsc04642a

 本来は、おにぎりを高菜の葉の浅漬けでくるんだものらしいが、この店の「めはり」には、熊野産の芥子菜からしなを使っているとのこと。

 ピリッとした味わいが、とてもいいつまみになる。

Dsc04646a

 ゆっくりと2時間ほどの酒場浴。今宵のお勘定は2,970円でした。

 このお勘定から逆算してみると、最初の中瓶ビールとお通しで950円(中瓶ビールが550円でお通しが400円、あるいは中瓶ビールが500円でお通しが450円)で、価格はすべて税別表記のようだ。

 メニューに「伊勢うどん」(500円)も、ちょっと気になった一品だった。

 どうもごちそうさま。

店情報YouTube動画

《令和2(2020)年9月15日(火)の記録》

(食べログ) 八の巣 津駅前店居酒屋 / 津駅

|

« 店情報: 居酒屋「八の巣(はちのす)」(津) | トップページ | 店情報: 大衆割烹「いはや」(津) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 居酒屋「八の巣(はちのす)」(津) | トップページ | 店情報: 大衆割烹「いはや」(津) »