« 店情報: 「南部もぐり(なんぶもぐり)」(本八戸) | トップページ | 3ヶ月ぶり都内の酒場 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

ビルの2階の人気酒場 … 「南部もぐり(なんぶもぐり)」(本八戸)

Dsc04946a

 八戸での二夜め。同行のKさんと共に、八戸での課題店、1967年(昭和42年)創業の老舗酒場「ばんや」を目指すものの、なんと閉まっているではありませんか!

 定休日は日曜・祝日らしいんだけど、今日は臨時休業なのかなぁ。つくづく縁がない……。

 「ばんや」が閉まっていたときのために、事前に検討しておいた第2候補が、すぐ近くのビルの2階にある居酒屋「南部もぐり」である。

 入口引き戸を開けると、すぐ目の前には7席ほどのカウンター席があり、その中の厨房にいる男性が大将だろうな。

 「二人です」と声をかけると、「奥へどうぞ」と迎えてくれた。

 この店も地元の人気店なんだそうで、予約なしで入れるかどうかちょっと心配していたんだけれど、スッと入ることができて、まずは良かった、

Dsc04937a

 入口から見て右手側が奥の間。通路の両側が小上がりの座敷席になっていて、我われは右手に2卓並んでいる4人用座卓のひとつに陣取った。

 まずは生ビールをもらって乾杯する。

 っくぅ~~っ。仕事終わりの、この1杯がうまいっ!

Dsc04938a

 追いかけるように出されたお通しは、ひとり当たり二つの小鉢。

 ひとつはメカブと長芋で、もうひとつは枝豆。

 メカブと長芋のほうには、黄色い食用菊も一緒に盛られている。

 青森の南部地方は「菊の里」とも呼ばれていて、食用菊の生産量は全国一なんだそうな。

Dsc04935a

 生ビールで喉を潤してから、おもむろにメニューを確認する。

 メニューは壁に掲げられたホワイトボードに手書きで書き出されている。

 刺身から始まって、煮物、焼き物、揚げ物などなど、その数ざっと64品。

 ここだけじゃなくて、カウンター席の側にも、きっと同じホワイトボードがあるはず。毎日、これらを書き出すのもひと苦労ですねぇ!

Dsc04939a

 迷うほどの品数の中から、まずはやっぱり刺身をいただく。

 「生クジラ刺」(700円)、「イカ刺」(600円)、「自家製しめさば」(600円)の3品である。

 「イカ刺」に肝(きも)が付いてるのもいいね!

Dsc04940a

 そして生ビールに続く飲みものは「燗酒(大)」(800円)である。

 メニュー上には、日本酒(冷酒)はずらりと並んでいるんだけど、燗酒はこの「燗酒(大)」と「燗酒(小)」(450円)の2種類しかない。

Dsc04941a

 徳利の後ろ側に「陸奥八仙」、「陸奥山海」、「陸奥遊山」なんて書かれているので、いずれにしても地元の八戸酒蔵の日本酒なんだろうな。

Dsc04942a

 Kさんも私も、つまみはあまり食べないほうなので、刺身だけで「燗酒(大)」をもう1本。

 さらに「ホタテ焼」(700円)をもらって、3本めとなる「燗酒(大)」をいただいた。

Dsc04943a

 最後は「磯雑炊」(600円)、「お茶漬(さけ・すじこ・たらこ・梅)」(400円)、「おにぎり(さけ・すじこ・たらこ・梅・みそ)」(200円)などが並ぶ、〆の炭水化物の中から、「お茶漬け(すじこ)」を注文した。

Dsc04944a

 お茶漬けに、ちょいとのってるこのスジコがいい味を出しますねぇ!

 この記事を書くのにあたって、改めてメニューを確認していて知ったんだけど、メニューの中には「せんべい汁」(600円)もあったんですね。次の機会には「せんべい汁」も食べてみよう!

 2時間ちょっと楽しんで、今夜のお勘定は二人で9千円(ひとり当たり4,500円)でした。どうもごちそうさま。

店情報YouTube動画

《令和2(2020)年10月6日(火)の記録》

食べログ: 南部もぐり居酒屋 / 本八戸駅

|

« 店情報: 「南部もぐり(なんぶもぐり)」(本八戸) | トップページ | 3ヶ月ぶり都内の酒場 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

いつも拝見しています。

冬の陸中、八戸なら。
ホタテはもちろん、
カスべ
ソイ(訛りでは、スイっコ)
あと、穴子:これは江戸前の穴子ではなく、岩手ではハモと言われる黒穴子(50cmから1mほどあります)です。脂がのっています。
あと、三沢のホッキがあれば頼んでください。

投稿: PONTA | 2021.02.07 16:14

コメント、ありがとうございます。>PONTAさん
いずれも美味しそうですが、特に穴子!
江戸前とは違う大きい黒穴子というのに、すごく惹かれます!
次の機会に、ぜひ試してみたいと思います(^^)
カスベ、ソイ、ホッキも。

投稿: 浜田信郎 | 2021.02.08 20:57

浜田さん、私も、先日、八戸出張があったので、番屋さんと、南部潜りに行ってきました。
月曜日、番屋さんの口開けに行きましたが、火曜日は臨時休業。
それで、南部潜りさんへ。
さめ生酢(アブラサメの刺身を酢味噌であえたもの)、松藻(陸中の春の海藻です)を酢味噌で(普段は三杯酢、二杯酢で食べるので)、焼き物をお勧めの鯖焼きをいただきました。

いいお店をのせてくださってありがとうございます。

大将にも、インターネットで見たんですよ。よさそうだったので来ましたっていったら、照れていました。

ご報告まで。

投稿: PONTA | 2021.02.13 16:45

再びのコメント、ありがとうございます!>PONTAさん
「ばんや」にもいらっしゃったんですね。私はいまだに課題店のままです。何度も八戸に行ってるのに……。
八戸と言えばイカのイメージだったのですが、サバも美味しくて、毎回、いただいています。

投稿: 浜田 信郎 | 2021.02.13 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「南部もぐり(なんぶもぐり)」(本八戸) | トップページ | 3ヶ月ぶり都内の酒場 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »