« 玉ひもと生ずしで金盃 … 居酒屋「森井本店(もりいほんてん)」(三ノ宮) | トップページ | 店情報: 居酒屋「うをかめ」(丸亀) »

にゅうめんで締め括る … 「一天張(いってんばり)」(西舞鶴)

Dsc05028a

 西舞鶴「一天張」にきたら、必ず食べたいのが「笹かれい焼」だ。

 ほんのりと甘みを感じるほどの身の旨みがすごくて、日本酒をグイグイと進めてくれる逸品なのです。

 去年ここに来たときに、「お魚、なに食べる?」と聞かれて、日本海の高級魚「のど黒」を煮付けでもらったんだけど、私以外の地元の人たちはみんな、この「笹かれい焼」や「きんき塩焼」、「甘鯛塩焼」などの焼きものを注文したのでした。

 煮付けも確かに美味しいけれど、その魚そのものの味をしっかりと味わいたいのなら、やっぱり焼き魚がいいんだそうな!

 それを覚えていたので、今年は迷わず「笹かれい焼」を選んだ次第。

Dsc05032a

 他の人が注文した「のど黒塩焼」も分けてもらっていただきました。

 なるほどなぁ。「笹かれい」も「のど黒」もすばらしく美味しいんだけど、焼き魚にすると、魚ごとの微妙な味わいの違いがよくわかります!

Dsc05024a

 3年連続、3回めとなる西舞鶴「一天張」。

 まずは生ビールをもらって、みんなで乾杯すると、すぐに出されるお通しは「白子ポン酢」である。

 大人数ではないものの、こうやって何人かで一緒に卓を囲むのも久しぶりだ。

 やっぱりこういう飲み会がうれしいねぇ。

Dsc05026a

 お通しに続いて出てきたのは、これまたこの店に来ると定番の「御造り盛り合せ」である。

 飲みものも日本酒に切り替える。

Dsc05027a

 続く料理も毎回いただいている「天ぷらおまかせ」だ。

 焼酎のボトルキープも置いているそうで、その焼酎をロックで注いでくれたので、目の前には日本酒もあり、焼酎もありのチャンポン状態である。

 天ぷらには、焼酎ロックが合うのかな。

 その次に出てきたのが、冒頭でご紹介した焼き魚でした。

Dsc05029a

 この地方ならではの料理に、夏場の「丹後とり貝」と「岩カキ」。冬場の「松葉カニ」があるんだけど、今は10月で、中途半端な時期。

 舞鶴らしい料理は食べられないものの、普通の「だし巻」だって十分に美味しいですねぇ。

Dsc05033a

 日本海側でもタコはうまい。これは「たこ唐揚」です。

Dsc05030a

 「巻(太巻)」も出てきたけれど、これはまだ、つまみの一環。〆の品ではありません。

Dsc05034a

 「鉄火巻」や「きゅうり巻」も、〆ではなくてつまみ。

 あれこれと地酒を飲むうちに、巻き物の向こうにはグラスが3つも並んでる。

 これに加えて焼酎ロックもいただいてるので、もうかなり呑み過ぎですねぇ。

Dsc05035a

 さぁ、そしてこれが満を持しての〆の逸品「にゅうめん」だ。

 これを食べなきゃ終われない。毎回いただいている大好物料理です。

 しかし今回、ものすごくショックな出来事が!

 この記事を書こうとして、店のHPを確認したところ、なんとそこに、

閉店のご挨拶
 拝啓 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、突然ではございますが、諸般の事情により2020年12月30日をもちまして一天張を閉店する運びとなりました。
 長きにわたるご支援に心より感謝申し上げますとともに、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
 皆様のますますのご健勝とご発展を心よりお祈り申し上げます。
店主

とあるではありませんか!

 詳しい事情は分からないものの、残念でなりません。

 舞鶴での楽しみが、ひとつ減ったなぁ。

 これまで美味しいものをたくさん食べさせていただき、ありがとうございました。

店情報前回

《令和2(2020)年10月22日(木)の記録》

|

« 玉ひもと生ずしで金盃 … 居酒屋「森井本店(もりいほんてん)」(三ノ宮) | トップページ | 店情報: 居酒屋「うをかめ」(丸亀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉ひもと生ずしで金盃 … 居酒屋「森井本店(もりいほんてん)」(三ノ宮) | トップページ | 店情報: 居酒屋「うをかめ」(丸亀) »