« 酒肴9品盛りの晩酌膳 … おさかな家族「雑魚屋(ざこや)」(長崎) | トップページ | 店情報: ごはんカフェ「百菜(ひゃくさい)」(長崎) »

センターグリルからの … バー「野毛ハイボール(のげはいぼおる)」(日ノ出町)

Dsc05236a

 明日の横浜での仕事に向けて、朝の混雑した電車を避けるため、日曜日のうちに横浜に移動して前泊。

 桜木町駅近くのホテルに荷物を置いて、夕食に出かけたのは昭和21(1946)年創業の米国風洋食の老舗、「センターグリル」である。

Dsc05240a

 案内されたテーブル席に座り、まずはビール(サッポロラガービール中瓶、600円)をもらって、のどを潤しながらメニューを選ぶ。

Dsc05237a

 この店の三大名物料理は、横浜発祥の「スパゲッティーナポリタン」(770円)に、ふわふわとろとろの「特製オムライス」(880円)、そしてそのオムライスにチキンカツとサラダが盛り合された「浜ランチ」(1,050円)だ。

 なかでも極太麺(2.2㎜)をゆでて、一晩寝かせてもっちり感を出したナポリタンは、つとに有名である。

Dsc05238a

 営業時間中はいつでもランチを食べることができるのも、この店の特徴のひとつ。

 そんなランチメニューの中から、今日は「スパランチ」(850円)を注文した。

Dsc05243a

 高い天井には木製のはりと、そこからぶら下げられた裸電球がいい雰囲気をかもし出していて、ゆったりと落ち着くことができる。

Dsc05244a

 あまり待つこともなく「スパランチ」がやって来た。

 銀色のワンプレートに、ライス、イタリアンスパ、チキンカツ、そしてサラダが盛り合されている。

 これをフォークとナイフで、カチャカチャといただくのだ。

Dsc05247a

 20分ほどで完食。プレートの上に何も残らないというのは、食べる側としても気持ちがいい。

 余分なソースとか、余分なドレッシングなどがなくて、食べ終わるとピッタリとなくなる分量になってるんだろうなぁ。

Dsc05248a

 これまで、あまりしげしげと観察してみたことはなかったけど、この銀色のプレートにも「米国風洋食センターグリル」のロゴマークが刻まれてるんですね。

 ビールとスパランチとで、「センターグリル」のお勘定は1,450円。どうもごちそうさま。

Dsc05251a

 「センターグリル」を出て、ちょっと歩くと、すぐに大岡川沿いに弧を描いて建つ都橋みやこばし商店街が見えてくる。

Dsc05263a

 日曜日なので、「ホッピー仙人」など、何軒かの店は定休日だが、「野毛ハイボール」は営業中だ。

 今日はプー子ちゃんが担当の日だが、開店直後に店主・ハルさんもちょっとだけ顔を出してくれて、久しぶりにお会いすることができた。

Dsc05260a

 そしていただくのはもちろん、この店の名物・「氷なしハイボール」(800円)ですよねぇ!

Dsc05261a

 すぐに出されるお通し(サービス)は、定番の「カレー味のえびせん」だ。

 自分が横浜に単身赴任していたのは、2001年10月から2010年3月までの9年半と、2013年1月から2014年6月までの1年半の、合わせて11年間だった。

 そのころ、ハルさんもプー子ちゃんも普通の飲み友達だったのだ。

 ハルさんがサラリーマンから転身して「野毛ハイボール」を開店したのが2011年12月のこと。そのとき私は呉(広島県)に単身赴任中で、初めて「野毛ハイボール」に来れたのは、開業半年後の2012年4月だった。

 それから9年。今やすっかり野毛の人気酒場の1軒になっていて、プー子ちゃんまで中の人となり、飲み仲間としては嬉しい限りである。

Dsc05262a

 2杯めには、これまたこの店の人気の一杯、「自家製モスコミュール」(900円)をもらった。

 「氷なしハイボール」から、「自家製モスコミュール」という流れは、自分の中ではすっかり定番になってしまったなぁ。

Dsc05256a

 1時間半ほど楽しんで、今夜の「野毛ハイボール」のお勘定は1,700円でした。どうもごちそうさま。また来ます!

・「センターグリル」の店情報前回) / 「野毛ハイボール」の店情報前回) 《YouTube動画

《令和2(2020)年11月8日(日)の記録》

(食べログ) センターグリル洋食 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅
(食べログ) 野毛ハイボールバー / 桜木町駅日ノ出町駅関内駅

|

« 酒肴9品盛りの晩酌膳 … おさかな家族「雑魚屋(ざこや)」(長崎) | トップページ | 店情報: ごはんカフェ「百菜(ひゃくさい)」(長崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒肴9品盛りの晩酌膳 … おさかな家族「雑魚屋(ざこや)」(長崎) | トップページ | 店情報: ごはんカフェ「百菜(ひゃくさい)」(長崎) »