« 店情報: 酒房「灘(なだ)さんプラザ店」(神戸三宮) | トップページ | 店情報: 酒房「灘(なだ)さんちか店」(神戸三宮) »

戦後の闇市跡のビルで … 酒房「灘(なだ)さんプラザ店」(神戸三宮)

Dsc05517a

 神戸への出張で、夕食にやって来たのは「酒房 灘 さんプラザ店」である。

 「酒房 灘」は、「神戸さんちか」が誕生した、1965年に創業。

 それ以来、55年間、酒好きに愛され続けてきた老舗大衆居酒屋である。

 現在は、「さんちか店」と「さんプラザ店」の2店舗を展開している。

 ここ「さんプラザ」が竣工したのは1970年なので、「さんプラザ店」のほうは、今年で創業50年ということだろうか。

Dsc05521a

 午後4時半の店内は、さすがにすいていて、どこにでも座れる状態。

 ひとりの私は、カウンター席に座るか、その後ろのテーブル席に座るか、ちょっと考えて、二人用のテーブル席を選んだ。

 まずはアサヒドライとキリンラガーが選べる中瓶ビール(520円)を、キリンでもらって、喉を潤す。

Dsc05524a

 そして、ゆっくりとメニューを確認する。

 揚げ物、一品、おでん。裏面には焼鳥、串揚げ、刺身、定食などもあって、品数はすごく多い。

 定食類の種類も多く、居酒屋と言いつつも、大衆食堂的な要素も持ち合わせているようである。

Dsc05533a

 そんな品書きの中から、最初に注文したのは「おでん」。

 「とうふ」(150円)と「ちくわ」(150円)、そして「牛すじ」(270円)をもらった。

 この店は、お通しは出されないようなので、さっと出てくる「おでん」は、最初のつまみとしてぴったりである。

 関西風のあっさりおでんは、この店の看板メニューでもあるらしい。

Dsc05531a

 「酒房 灘」という店名を付けるだけあって、メニューにも地元・灘の地酒がずらりと並んでいる。

 「菊正宗」、「白鹿」、「白鶴」、「櫻正宗」、「月桂冠」、そして「白鷹」、「剣菱」などなど。

 昔から長く愛され続ける有名ブランドが勢ぞろいだ。

Dsc05538a

 そんな中から「月桂冠」(期間限定450円)を熱燗で注文した。

 合わせるつまみは「鯛刺身」(600円)だ。

 なにしろ明石も鯛の産地ですからねぇ。

 地元の酒に地元の魚。間違いなしだ。

Dsc05522a

 すぐ近くの4人用テーブルに、常連さんらしき二人連れがやって来て、注文したのは「おすすめメニュー」の冒頭に出ている「生セット」(850円)。

 生ビール中(単品500円)に、枝豆、鶏唐揚げ、餃子、玉子焼き、キャベツの千切りが盛り合されたワンプレートが付いてくる。

 これはお得だ。この店でのスタートは絶対これだな! 次からはそうしよう。

Dsc05532a

 食事のお客さんに人気があるのは、「粕汁定食」(980円/上1,200円)のようだ。

 定食と一緒に生ビールを注文して、軽めの晩酌を楽しんでいるお客さんも多い。

Dsc05543a

 「月桂冠」の熱燗をお代わりして、次にもらったのが「塩辛炒り卵」(320円)。

 初めて食べた料理だけれど、塩辛の旨味に、炒り卵のコクが加わって、素晴らしくいいつまみである。

 東京でも、どっかの店で出して欲しいなぁ!

Dsc05546a

 ゆっくりと2時間半ほど楽しませてもらって、今宵のお勘定は2,910円。

 ホテルでもらった、「GOTOトラベル地域共通クーポン」(1,000円分)と、残りは交通系カード(Suica)で支払って、どうもごちそうさま。

Dsc05552a

 ここ「さんプラザ」は、第二次大戦後に自然発生的にできた『じゃんじゃん市場』という闇市だった場所なんだそうな。

 だから地下1階の食堂街にも、いかにも呑兵衛好みする店が、軒を連ねている。

Dsc05555a

 新橋の「ニュー新橋ビル」の地下と同じような空気を感じますねぇ。

 これまでガード下の酒場で飲むことが多かった神戸三宮。地下にもいい酒場があることを知った、いい日になりました。

店情報YouTube動画

《令和2(2020)年11月17日(火)の記録》

〔この日の関連情報〕

Dsc05514a

 この日は朝から、日本橋での仕事。

 電車がすいてる早い時間帯に、自宅から日本橋まで移動してきて、1948年創業の老舗、「斎藤コーヒー店」(日本橋室町店)で「コーヒー」(350円)をいただく。

Img_7363a_20210424150401

 なんでもないシンプルなコーヒーなんだけど、そのたたずまいがいいよねぇ。

 朝から豊かな気持ちになることができる。

 朝7時半から開いているというのも嬉しいところだ。

Img_7369a_20210424150401

 午前中のうちに日本橋での仕事は終わり、「よもだそば」(日本橋店)での昼食は、この店の名物でもある「ニラ天玉そば」(430円)。

 このそばをいただいた後、新幹線で神戸へと向かったのでした。

|

« 店情報: 酒房「灘(なだ)さんプラザ店」(神戸三宮) | トップページ | 店情報: 酒房「灘(なだ)さんちか店」(神戸三宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 酒房「灘(なだ)さんプラザ店」(神戸三宮) | トップページ | 店情報: 酒房「灘(なだ)さんちか店」(神戸三宮) »