« 店情報: 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎) | トップページ | 店情報: 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) »

白鉄火はヒラスの巻物 … 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎)

Dsc05848a

 長崎での3日目の夕食も、ホテルから直結している「アミュプラザ長崎」のレストラン街へ。

 ここだけで15軒ほどの飲食店があるので、三日連続で通っても、まだまだ新しいお店があるのだ。

 今夜は、以前から気になっていた『魚屋の回転寿司 すし活』にやってきた。

Img_7482a

 なぜ気になっていたかというと、毎日、店頭に書き出されている長崎産の魚介の数々と、お客の入り。

 地元の人気店のようで、いつも多くのお客さんでにぎわっているのだ。

 コロナ禍のこういうご時勢でもあるので、あまりお客さんが多いようだったら別の店にしようと思いながら、店内を見てみたところ、カウンターの奥のほうが割りとすいていたので、ここぞとばかりに入店したのでした。

Dsc05822a

 まずは瓶ビール(キリン一番搾り中瓶580円、以下すべて税別表記)をもらって、のどを潤しながら、最初にいただくべき料理を確認する。

Dsc05821a

 なにしろ回転寿司なので、目の前のレーンにもお寿司は流れているのだが、近海物などの、ちょっとスペシャルなものは、その都度、注文して握ってもらうようなのだ。

 おぉ。お寿司のみならず、内容が日替わりとなる「旬魚刺身盛合せ」(1,000円)なんてのもありますねぇ。

 まずはこれをいただきましょう。

Dsc05823a

 出てきた「旬魚刺身盛合せ」は、瀬付きアジ、太刀魚、赤エビ、ヒラス、タイという5種盛り。

 ヒラスというのは、ヒラマサのこと。九州では、このヒラスをよく食べるのです。

Dsc05834a

 『地元の魚には、地元のお酒』ということで、長崎県佐世保市の地酒「梅ヶ枝」(1合400円)を熱燗でいただく。

 あぁ。やっぱり刺身には燗酒ですねぇ!

Dsc05829a

 刺身盛合せも残り少なくなってきたので、次は何にしようかと、カウンター上に置かれたメニューや、カウンターの上部にずらりとぶら下がっている短冊メニューを確認する。

Dsc05829aa

 おっ。「あら汁」(280円・(小)190円)がある。これにしよう!

「すみません。『あら汁』をお願いします」と注文すると、

「『あら汁』は赤味噌と白味噌。どちらにいたしましょうか?」と店のおねえさん。

 なんと! 味噌が選べるのか。どっちが美味しいんだろうなぁ。

「長崎は、どちらで召し上がる方が多いんですか?」と聞いてみると、

「そうですねぇ。白が多いでしょうか」という返事。

「それじゃ、今回は白味噌でお願いします」と注文が確定した。

Dsc05837a

 待つことしばし。出てきた「あら汁」の美味しそうなこと。

 昨日の「貝汁」もそうだけど、旨みの強い汁でいただくお酒が、これまたとても良く合うんですよねぇ。

Dsc05839a

 温かい「あら汁」には、冷たいお酒ということで、今度は長崎県諫早市の「杵の川」(300ml瓶720円)の冷酒をいただいた。

 あったかい汁をつまみに、よく冷えた日本酒。そして時々、あらの身。

 これまた幸せな時間ですねぇ。

Dsc05843a

 この「あら汁」。けっこうボリュームがあってびっくり。

 だから普通の「あら汁」の他に、「あら汁(小)」というメニューも用意されてるんですね。

Dsc05840a

 最後に、お寿司を何皿かいただいて〆ようと思ってたんだけど、もうけっこう満腹で、そんなに入りそうにない。

 何か一品だけいただいて、それで終了にしようと思いながら、改めてメニューを確認していると、すぐ近くのお客さんから「白鉄火巻しろてっかまき」(230円)の注文が飛んだ。

『白鉄火巻? なんじゃそりゃ?』

 と思いながらメニューを探すと、日本語では「白鉄火巻」だけど、英語では「Hirasu tekkamaki」と書かれている。

 なるほど! ヒラスの巻き物のことなのか。

 これは美味しそう。私もこれにしよう!

Dsc05844a

 出てきた「白鉄火巻」は、見た目も美しいし、味ももちろん素晴らしい。

 冷酒と一緒に、ゆっくりと噛みしめながらいただきました。

 この「白鉄火巻」もまた、他では見たことがない、長崎ならではのお寿司なんですねぇ。

Dsc05841a

 2時間半近く楽しんで、今宵のお勘定は3,971円でした。どうもごちそうさま。

店情報YouTube動画

《令和2(2020)年11月25日(水)の記録》

(食べログ) すし活 長崎アミュプラザ店回転寿司 / 長崎駅長崎駅前駅五島町駅

〔この日の関連情報〕

Img_7473b

 今日も朝食は、長崎駅前の「吉野家」。

 昨日は「一汁三菜朝定」の中から、「納豆牛小鉢定食」(368円+税)をいただいたが、今朝は「朝牛セット」(398円+税)にしてみた。

 「朝牛セット」は、「牛丼小盛」と「みそ汁」に、「小鉢」から1個が選べるセット。

 「小鉢」は、「玉子」「半熟玉子」「ミニサラダ」「納豆」「お新香」の内、「納豆」を選択。

 さらに「牛丼」は『つゆだく』(汁多め)でお願いすると、厨房には「朝牛あさぎゅう納豆セット盛りつゆだく」という符丁で注文が通された。

Img_7474b

 出てきた牛丼に、紅しょうがをたっぷりとのせて、納豆をよ~くかき混ぜていただいた。

 お勘定の437円はApple WatchのSuicaでピッ。

 今日もがんばっていきましょう!


(食べログ) 吉野家 長崎駅前店牛丼 / 長崎駅前駅長崎駅五島町駅

|

« 店情報: 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎) | トップページ | 店情報: 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎) | トップページ | 店情報: 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) »