« 1週間の出張も最終夜 … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) | トップページ | 香り鮮烈、柚子サワー … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷) »

長崎の締めは鯛茶漬け … おさかな家族「雑魚屋(ざこや)」(長崎)

Dsc05982c

 立飲み処「紫羊」を出て、長崎駅に隣接している「アミュプラザ長崎」の5階食堂街へ。

 おさかな家族「雑魚屋」にやって来た。

 ここに、ぜひとも食べておきたい〆の料理があるのだ。

Dsc05968c

 それは、店の外にも掲示されている「ミニ鯛茶漬け」(530円+税)だ。

 この店には、飲んだ後の〆にもピッタリの「ミニ丼」が何種類かあって、「ミニ鯛茶漬け」もその内の1品なのである。

Dsc05969c

 「ひとりです」と店に入ると、おねえさんが「あと5分ほどでラストオーダーですが、よろしいですか?」と確認しながら、お茶を出してくれた。

 現在の時刻は午後8時過ぎ。コロナ対応で、閉店時刻を早めているようだ。

 〆だけなので問題ない。

 「はい、大丈夫です。『ミニ鯛茶漬け』と、『壱岐スーパーゴールド』(400円+税)をロックでお願いします」とその場で注文した。

Dsc05970c

 すぐに出される麦焼酎「壱岐スーパーゴールド」のロック。

Dsc05972c

 そして「ミニ鯛茶漬け」もやって来た。

Dsc05973c

 どうですか! この鯛の美味しそうなこと!

Dsc05971c

 先日の記事でも書いたとおり、真鯛の都道府県別漁獲量で見ると、長崎県は全国一位。

 だからこそ最後の〆として、この「ミニ鯛茶漬け」を、ぜひとも食べておきたかったのだ。

Dsc05977c

 「鯛茶漬け」のメニューのところに、おすすめの食べ方が書かれているので、それに従って食べ進める。

Dsc05974c

 最初はお茶漬けにはせず、そのままづけ丼としていただいた。

Dsc05978c

 そして第2ステップへ。いよいよだしをかけて、お茶漬けにしていただくのである。

Dsc05976c

 いやぁ、これはまた見るからに旨そうですねぇ!

 ど~れどれ。

 うんっ。これは間違いない。つまみにもなるいい味だ。

Dsc05979c

 この店には、たっぷりの鯛+おひつごはんの「鯛茶漬け」(980円+税)や、さらにそれに天ぷらが付いた「鯛茶漬けと天ぷら膳」(1,280円+税)といったメニューもあるので、次の機会には最初からそれを注文するのもいいだろうなぁ。

 これだけで、お酒や焼酎が3~4杯はいけそうだ。

Dsc05980c

 さっくりと30分ほどで食べ終えて、飲み終えて、お勘定は1,023円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和2(2020)年11月27日(金)の記録》

(食べログ) 雑魚屋 アミュプラザ長崎店和食(その他) / 長崎駅長崎駅前駅五島町駅


〔関連情報〕

Img_7512a_20210525203001

 一夜明けて土曜日。

 今朝も「吉野家」の「朝牛お新香セット小盛りつゆだく」(398円+税)をいただいてから長崎空港へ。

Dsc05985a

 東京行きの飛行機は、ガランといていた。

Dsc06015a

 やや雲が多かったが、久しぶりに富士山も見ることができたのが良かったね。

 また来るよぉ~っ、長崎!

|

« 1週間の出張も最終夜 … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) | トップページ | 香り鮮烈、柚子サワー … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1週間の出張も最終夜 … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) | トップページ | 香り鮮烈、柚子サワー … 小料理「燗酒屋(かんざけや)」(阿佐ヶ谷) »