« 待ちに待った川崎出張 … 立ち飲み「天下(てんか)」(川崎) | トップページ | 日曜4時から2時間半 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

心からくつろげる名店 … 立ち飲み「天下(てんか)」(川崎)

Dsc06197a

 川崎での2日目の仕事を終えて、今夜も当然のように立ち飲み「天下」にやって来た。

 お店を切り盛りしている店主ご家族(店主ご夫妻とその息子さんの3人)が、いつもニコニコと人当たりのいい接客をしてくれるおかげで、店の空気がとってもなごやか。

 心からくつろぐことができるのが、この店の最大の特長なのだ。

 さらに安くて美味しい名物料理の数々。

 一晩、二晩ではこの店の良さは堪能しきれないのである。

 近くに住んでて、毎日のように通うことができる人たちがうらやましい限りです。

Dsc06198a

 今夜も飲み物は「ホッピーセット(白)」(400円)でスタートする。

 ホップの苦みと炭酸で、ビールと同じように喉ごしがいいのに、チューハイと同等以上の濃いアルコール度数なのがホッピーのいいところ。

 酒場での飲み始めから、飲み終わりまで、これだけで対応できるのです。

Dsc06200a

 そしてつまみの1品めは「刺身」(500円)をもらう。

 「刺身」は、その日の仕入れによって「まぐろ」や「〆さば」など、何種類かがカウンター内の冷蔵陳列ケースに並んでいる。

 今日は「〆さば」をいただいた。

 ちなみに、この刺身の500円という価格が、この店の料理の最高価格である。

Dsc06201a

 「ナカ(焼酎おかわり)」(210円)をもらって、2品めのつまみは、これまたこの店の名物料理のひとつ、「けんちん汁」(310円)を注文した。

 具だくさんの「けんちん汁」は、おでんや煮物に匹敵する、素晴らしいつまみなのだ。

 この「けんちん汁」をついでくれるときに、お玉でドンッと適当につぐのではなくて、すべての具材がバランスよく入るように、具の一品一品を菜箸さいばしで、ていねいに取り分けてくれるのも、「天下」ならではの、とってもありがたいところなのでした。

Dsc06212a

 続いては「もつ煮込み」(400円)をもらった。

 「もつ煮込み」もまた、昨日いただいた「鳥もつ煮」(360円)と並び立つ、この店の『二大もつ煮』だ。

 「湯豆腐」(250円)、「けんちん汁」、「鳥もつ煮」、「もつ煮込み」。

 いつも食べたい4品ながら、私の胃袋では2品ぐらいがマックスなので、毎回、悩みに悩んで注文する品を決めているのでした。

 というか、毎回、断腸の思いで、あきらめる品を決めている、といったほうが正しいでしょうか。

Dsc06215a

 ホッピー1ラウンド(ソト1・ナカ4)を飲み終えて、まだちょっと飲み足りないので、「チューハイ」(310円)ももらった。

 ゆっくりとたっぷりと、3時間近くも立ち飲んで、品物と引き換え払いでの支払い合計は2,550円でした。どうもごちそうさま。

 やっぱり居心地がいいねぇ、立ち飲み「天下」。大好きだ。今夜も大満足でした。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和2(2020)年12月9日(水)の記録》

(食べログ) 立飲み 天下立ち飲み居酒屋・バー / 京急川崎駅川崎駅港町駅

|

« 待ちに待った川崎出張 … 立ち飲み「天下(てんか)」(川崎) | トップページ | 日曜4時から2時間半 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待ちに待った川崎出張 … 立ち飲み「天下(てんか)」(川崎) | トップページ | 日曜4時から2時間半 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »