« 店情報: 「丸萬(まるまん)」(湊川公園) | トップページ | うどん屋で麦酒&芋酎 … 「因幡うどん(いなばうどん)」(博多) »

地元客でにぎわう老舗 … 「丸萬(まるまん)」(湊川公園)

Dsc06362a

 神戸に来て3日目。

 今夜は昭和25(1950)年創業の老舗酒場「丸萬」にやって来た。

 最寄駅は湊川公園みなとがわこうえんなんだけど、新開地からも徒歩圏内である。

Dsc06363a

 立派な割烹風の造りに一瞬たじろぐが、店頭のメニューを見ると、リーズナブルなお店であることがすぐにわかる。

Dsc06366a

 入口引き戸を開けて、「ひとりです」と店内に入ると、白木のカウンター席に通された。

 広い店内は、カウンター席とテーブル席を合わせて50席近くあるようだ。

 まずは大瓶ビール(580円、以下すべて税別表記)をもらって喉を潤す。

Dsc06370a

 そしておもむろに店内のメニューを確認する。

 メニューには300円の料理が数多く並んでいて、店頭で見たメニューより、さらにリーズナブルさを感じる。

Dsc06367a

 そんな中から、最初の一品として「小蛸こだこ煮物」(400円)を注文した。

 タコやタイで有名な明石市は、神戸市のとなりの市。

 この「小蛸煮物」も美味しいねえ!

Dsc06373a

 大瓶ビールに続いては、「上撰酒」(340円)を熱燗で注文した。

 出された「上撰酒」の銘柄は地元・灘の「白鶴」。

 徳利じゃなくて、ガラスの1合瓶のまま出されるのもいいですね。

Dsc06371a

 その熱燗に合わせるつまみは、関西に来たら絶対に注文すべき「ずし」(300円)である。

 関東風に言うと「しめさば」ですね。

 どうですか! この「生ずし」!

Dsc06372a

 こんなにもプリッと美味しそうなサバが、たっぷりと5切れで300円!

 なんともありがたいことです。

 燗酒もグイグイと進みますなぁ。

Dsc06374a

 感染防止の観点で、店内の各席はゆったりと飛び飛びに使われている。

 見たところ、地元のご常連さんが多いようだ。

 この値段で、この美味しさ。ご常連さんが多いのも納得だ。

 毎日、午後2時から営業開始というのもいいですねぇ。(火曜日が定休日)

 通常は、そこから午後9時まで、7時間の営業であるが、緊急事態宣言下の今は、午後7時にラストオーダーで、午後8時には閉店である。

Dsc06375a

 熱燗をおかわりし、3品めのつまみとしていただいたのは「ナマコ」(500円)。

 「ナマコ」も、西日本ではよく食べるけど、東京の酒場ではあまりみかけない気がするなぁ。

 これまた、日本酒を進めてくれる一品です。

Dsc06380a

 「ナマコ」を食べ終えるころ合いで、そろそろラストオーダーの時間(午後7時)が近づいてきた。

 この店のメニューには魚介類のみならず、焼鳥やお寿司も並んでいるのだ。

 「にぎり(並)」(500円)か「バッテラ」(500円)をもらって〆にしようかな、と思いつつ、「箱寿し」(500円)というのも気になった。

Dsc06378a

 店のおねえさんに聞いてみると、「箱寿し」は「穴子の押し寿司」のことなんだそうな。

 穴子は大好物。迷うことなく注文した。

 そしてこの「箱寿し」。間違いなく美味しかった!

Dsc06383a

 午後7時を回ると、のれんも店内に仕舞われて、もう新しいお客さんは入れなくなった。

 「箱寿し」を食べ終えたところで、私もお勘定をお願いした。

 ゆっくりと2時間弱の「老舗酒場浴」。

 今夜のお勘定は3,250円でした。どうもごちそうさま。

店情報YouTube動画

《令和3(2021)年1月21日(木)の記録》

(食べログ) 丸萬居酒屋 / 湊川公園駅湊川駅新開地駅

|

« 店情報: 「丸萬(まるまん)」(湊川公園) | トップページ | うどん屋で麦酒&芋酎 … 「因幡うどん(いなばうどん)」(博多) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「丸萬(まるまん)」(湊川公園) | トップページ | うどん屋で麦酒&芋酎 … 「因幡うどん(いなばうどん)」(博多) »