« 焼きそばに金蝶ソース … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) | トップページ | あら汁をつまみに燗酒 … 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎) »

三夜連続でここで呑む … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎)

Dsc06536a

 三夜連続で長崎駅前の立ち飲み「紫羊」である。もう、絶賛、はまり中です!

 この店には、大好きな荻窪「やきや」や野方「すっぴん酒場」、コロナで閉店してしまったけれど高円寺「ほんずなし」などと同じ酒場の空気を感じるのです。

Dsc06533a

 午後5時を回ったばかりの店内には先客はおらず、客は私ひとりだけ。

 U字カウンターのどこにでも立てる状態だったが、結局、三夜連続でU字の先端あたりの丸くなった部分に立って、今日も「瓶麦酒」(アサヒたはキリンの中瓶、510円)でスタート。

 銘柄は初日がキリン、二日目がアサヒだったので、その順番に従って、三日目の今日はキリンにした。

Dsc06534a

 そしてつまみは今日も刺身から。

 「本日のおすすめ」は「平目刺身」(350円)である。

 白身魚は、瀬戸内海のものが旨みが強くて美味しいと思っていたけど、長崎の白身も美味しいねぇ!

 昨夜の「鯛刺身」も、この「平目刺身」もすばらしい。

Dsc06545a

 「本日のおすすめ」に並んでいる刺身(350円)は、今日は「平目」と「地だこ」。

 「地だこ」は三日連続での登場だ。

 昨日、赤魚だった煮魚は、今日は「いわしの煮付け」(250円)。これも美味しそうなので、「平目刺身」を食べ終えたところで注文した。

Dsc06537a

 ビールに続く飲みものは、これまたマイ定番の麦焼酎「壱岐ゴールド」(330円)のロックである。

 この焼酎は本当に飲みやすくて、ロックでいただいてもスイスイと喉に入ってくる。

 『飲みやす過ぎて危ない』とも言えるお酒なのである。

Dsc06541a

 すぐに「いわしの煮付け」もやってきた。

 あぁ、これもやっぱり美味しいねぇ。予想どおりだ。

 「紫羊」に来たら、刺身と煮魚は絶対に食べるべきだね!

Dsc06544a

 こちらが「紫羊」の飲み物メニュー。

 私はいつも「壱岐ゴールド」をいただいているが、芋焼酎の「白波」や「黒霧島」、麦焼酎の「二階堂」もあって、それぞれ1杯が320円。

 常連さんたちは焼酎をボトルでキープしているようだ。

 日本酒は地元・長崎(諫早)の「杵の川」(450円)の他、広島「賀茂鶴」、新潟「越乃寒梅」、富山「立山」もあって、それぞれ470円。

Dsc06546a

 毎日ある定番の料理メニューがこちら。

 枝豆、やっこ、漬け物、自家製らっきょなどは、なんと130円。

 改めて見てみると、塩さばが290円というのも安いよね。

 メニューには「そうめん」や「うどん」もあるんだけど、長崎と言えば「島原手延そうめん」に「五島手延うどん」。もしかすると、そうなのかなぁ。(未確認です。)

 メニューにあるものの他、カウンター上には乾きものや缶詰も置かれています。

Dsc06542a

 定番メニューの中では「おでん」(各種140円)も大人気。

 「壱岐ゴールド」のロックをおかわりして、おでんは「厚揚げ」と「すじ」を取ってもらった。

 このおでん、出汁が旨いんだよなぁ。

Dsc06543a

 午後7時前まで、2時間近く立ち飲んで、品物と引き換え払いでの総支払額は2,050円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年1月27日(水)の記録》

(食べログ) 立ち飲み処 紫羊居酒屋 / 長崎駅前駅長崎駅桜町駅

《この日の関連情報》

Img_7751b

 この日の朝も、「吉野家」(長崎駅前店)で『朝牛お新香セット小盛りつゆだく』(437円)。

 つまり月曜日から水曜日までの三日間、朝も夜も同じお店で過ごしてるってことです。

 店に行く時間帯も、毎日、ほぼ同じな上に、朝は食べるものも三日間、まったく同じ。

 だけど全然飽きないですねぇ。毎日、とても美味しくいただいています(笑)。

|

« 焼きそばに金蝶ソース … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) | トップページ | あら汁をつまみに燗酒 … 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 焼きそばに金蝶ソース … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎) | トップページ | あら汁をつまみに燗酒 … 長崎鮮魚「すし活(すしかつ)」(長崎) »