« 4人で流れて呉の鳥屋 … 「鳥乃家(とりのや)」(呉) | トップページ | 久しぶり日曜よじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

都内での一人呑み再開 … 立呑み「やきや」(荻窪)

Img_9126a

 2021年10月1日、長く続いた緊急事態宣言が明け、都内の酒場も営業を再開した。

 東京での『ひとり呑み』を再開するにあたって、私にとって絶対に外せない店がここ、荻窪「やきや」である。

Img_9116a_20211127163801

 店に着いたのは午後4時半。

 平日のこの時間なら店はいてるかと思って来たんだけど、その予想はみごとに外れた。

 この時点で、すでに8割ほどの入りである。

 「えぇ~っ、元気だったの?」と声をかけてくれる女将さんとカイトくん(女将さんのお孫さん)。

 とても長くごぶさたしてしまい、本当に申し訳ありません。

Img_9110a

 そんなごあいさつをしているうちに、なにも注文していないけど、いつものようにスッと「ホッピー」(360円)を出してくれて、ご常連さんたちとも久しぶりの乾杯である。

 あぁ、うれしい。

 やっぱりいいなぁ、行きつけの酒場。

Img_9111a

 一品めのつまみとして、その先の2品めのつまみも考えて、「珍味わたあえ」(230円)を注文する。

 八戸産のスルメイカが名物のこのお店。

 そのスルメイカの刺身は必ず注文するんだけど、その前に、その刺身を美味しくいただくための一品として、この「珍味わたあえ」をもらったのだ。

 とは言うものの、「珍味わたあえ」だって、けっして前座的なつまみというわけではない。

 これもこれで、「やきや 」でしか食べることができない逸品。他の店ではお目にかかったことがない。

 ホワンと甘い味付けなのに、お酒によく合う。

 まったく不思議なつまみなのである。

Img_9113a

 ホッピーの「焼酎おかわり(なか)」(170円)をもらって、いよいよ「いか刺身」(240円)を注文する。

 カイトくんが目顔で、『ワサビでいいの? それともショウガ?』と確認してくれたので、

 「普通の、ワサビのほうでお願いします」

 と返事する。このやり取りの感覚もうれしいねぇ!

 「いか刺身」の最初の数切れは、ワサビ醤油でいただく。

 あぁ、旨いっ!

Img_9114a

 その後、「いか刺身」のワサビを、「珍味わたあえ」の残りダレの中に投入してかき混ぜる。

 このタレでいただく「いか刺身」が、さらに旨いのだ。

 っくぅ~~~っ。たまらんねぇ。

Img_9118a_20211127163801

 ソト1・ナカ4となる4杯めのホッピーに合わせて、「げそ揚げ」(230円)をもらった。

 「げそ揚げ」は、イカゲソの唐揚げなんだけど、開店前に揚げ終えて、カウンター上のバットの上で、室温にまで冷まされた状態で提供されるのが大きな特徴。(バットにはラップがかけられています。)

 室温になっているからか、唐揚げの味付けを強めに感じることができて、実にいい酒のつまみになるのだ。

Img_9123a

 たいていは、ホッピーを1ラウンド終えたところで、お勘定をして店を出るんだけど、久しぶりの「やきや」なので、もうちょっと飲んでいきたい。

 「自家製塩辛」(230円)を注文し、合わせるお酒は日本酒の熱燗(280円)にした。

Img_9117a

 ここで残念なお知らせがひとつ。「ウイスキー水割」(420円)が無くなったそうです。

 これは「やきや」が出すのをやめたのではなくて、ニッカウイスキーが「ブラックニッカ クリア&ウォーター(300ml瓶)」の製造販売をやめたことによるもの。

 美味しいお酒で、ファンも多かったのに残念だ。

Img_9115a

 午後6時には、女性店員のヨーコさんもやって来た。カウンターの中に、懐かしい顔が3人並んで嬉しい限り!

 午後6時半まで、2時間立ち飲んで、今日のお勘定は2,080円なり。どうもごちそうさま。

 こんな日が、ずっと続くことを祈りつつ、店を後にした。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年10月26日(火)の記録》

(次回) 22.01.15 冬はやっぱりイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪)

(食べログ) やきや 荻窪店立ち飲み居酒屋・バー / 荻窪駅

|

« 4人で流れて呉の鳥屋 … 「鳥乃家(とりのや)」(呉) | トップページ | 久しぶり日曜よじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 4人で流れて呉の鳥屋 … 「鳥乃家(とりのや)」(呉) | トップページ | 久しぶり日曜よじかわ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »