« 店情報: 鳥の店「いっちょう」(小山) | トップページ | 火金限定のメンチカツ … お食事処「まつせい」(小山) »

ボリュームたっぷり! … 鳥の店「いっちょう」(小山)

Dsc07266a

 うわっ! これはすごいボリュームだ!

 出てきた「鶏のもつ煮」(780円)を見て、思わず目が点になった。

 小さめの洗面器ぐらいの器にたっぷりの「鶏のもつ煮」には、それを取り分けるためのお玉と小鉢まで添えられている。

Dsc07270a

 同行のAさんも私も、モツ煮は大好物なので、職場の近くの酒場で一緒に飲むときと同じような感覚で、

「まずは『白ホッピー』と『鶏のもつ煮』を2つずつ、あと『焼き鳥盛合せ14本』をお願いします」

 と軽い気持ちで、店に入って最初の注文をしたのでした。

 他の店のモツ煮が350~500円ぐらいなのに対して、ここの「鶏のもつ煮」は780円と、よそよりちょっと高いなぁ、とは思っていたのだが、まさか、こんなにもボリュームたっぷりとは!

 普通のモツ煮の4~5杯分ぐらいあるかも!

 しかも、写真を見ていただいてわかるとおり、具材が鶏もつと豆腐、そしてトッピングの白ネギだけなので、とってもモツ密度が高い。

 う~む。これは1つを3~4人で分けあってちょうどいいぐらいですねぇ。

Dsc07268a

「こりゃ、まいったねぇ!」

 と言いながら、大量の「鶏のもつ煮」をいただき始めたところに、「焼き鳥盛合せ14本」(2,500円)も焼き上がってきた。

 大きなお皿に「わさび串」、「砂肝」、「もも」、「かわ串」、「レバー焼き」、「手羽先焼き」、「つくね」の7種類が、それぞれ2本ずつ。

 これもまたけっこうなボリュームだ。

Dsc07255a

 ここの焼き鳥は、1種3本が1人前で550円。1本あたり183円ということになる。

Dsc07244a

 月曜日の今日、やって来たのは、小山駅西口から徒歩5分ほどの信号交差点の角にある鳥の店「いっちょう」だ。

Dsc07247a

 ビシッと直方体に造られた店内は、入口右手に5席分のカウンターと厨房があり、その奥が小上がりの座敷席になっている。

 コロナ対策からか、今は5台の座卓がゆったりと置かれているが、本来は6台が置けるスペースのようだ。

 この30席ほどの店内を、店主がひとりで切り盛りされている。

Dsc07246a

 我われ2人が店に到着したのは午後5時半。

 店内には先客はおらず、一番奥の座卓を使わせてもらって、冒頭でご紹介したとおり、「ホッピー(白)」(580円)と「鶏のもつ煮」(780円)を2つずつに、「焼き鳥盛合せ14本」(2,500円)を注文したのだった。

 ホッピーと一緒に出された「お通し(席料)」(300円)は、おでん風の煮物。ちょいと練り辛子も添えられていて、これもボリュームたっぷり。

 味がいいのと、ボリュームたっぷりなのは、この店の料理に共通する二大キーワードのようだ。

Dsc07274a

 焼き鳥の中で面白いのが「レバー焼き」。

 多くの焼き鳥店では、レバーはひと口大に切り分けて串に刺して焼かれるが、ここのは切り分けずに、ひと塊のまま焼いて出してくれるのだ。

 どーんと塊でいただくレバーもいいですねぇ!

Dsc07271a

 「お替り焼酎(中味)」(380円)もボリュームたっぷり。

 しかしながら氷は少なめにしてくれているので、ホッピーセット1回(580円)にナカ1回(380円)の、ソト1・ナカ2のペースでちょうどいい量となる。

 1杯あたり480円ってことですね。

 小山(栃木県)でもホッピーが飲めるのがありがたい。

Dsc07255aa

 メニューに『人気もの』として書き出されている、「自家製レバーパテ」(580円)や「せせりポン酢和え」(580円)などもいただきたかったのだが、「鶏のもつ煮」のあまりのボリュームに、もうすでに満腹以上の「超」満腹状態。

 残念ながら今夜はここまでだ。

Dsc07279a

 3時間近く楽しんで、ホッピーは二人でソト3・ナカ6。

 お勘定の7,940円(ひとり当たり3,970円)をPayPayで支払って店を後にした。

 どうもごちそうさま。

 次回からは「どの料理もボリュームが多い」ということに気を付けよう!

店情報YouTube動画

《令和3(2021)年4月26日(月)の記録》

(食べログ) 鳥の店 いっちょうレストラン(その他) / 小山駅

| |

« 店情報: 鳥の店「いっちょう」(小山) | トップページ | 火金限定のメンチカツ … お食事処「まつせい」(小山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 鳥の店「いっちょう」(小山) | トップページ | 火金限定のメンチカツ … お食事処「まつせい」(小山) »