« 店情報: 「宇都宮みんみん ステーションバル」(宇都宮) | トップページ | 店情報: 「林ホルモン(はやしほるもん)」(丸亀) »

餃子の街でダブルスイ … 「宇都宮みんみん ステーションバル」(宇都宮)

Img_8639a

 2ヶ月ぶりの出張で、やってきたのは宇都宮(栃木県)。

 ひとりでの夕食は、宿泊しているホテルの3階にあり、JR宇都宮駅とも直結した駅ビル内にある「宇都宮みんみん ステーションバル」だ。

 餃子の街として知られる宇都宮。

 戦時中、宇都宮に駐屯していた陸軍第14師団が満州に派遣され、帰郷後、現地で食べられていた餃子を広めたことがきっかけとのこと。

 いま市内には、餃子料理店が300軒もあるそうで、中でも「宇都宮みんみん 本店」は、1958年(昭和33年)の開業と、市内に現存する餃子専門店の中で一番の老舗なんだそうな。

 現在は、本店も含めて9店舗で営業をしている他、おみやげ販売店(冷凍生餃子のみ販売)も22軒展開している。

Img_8640a_20220206163501

 このフロアには、「宇都宮みんみん ホテルメッツ店」と「宇都宮みんみん ステーションバル」の2店舗が、すぐ近く同士で営業している。

 ホテルメッツ店が、通常の餃子専門店なのに対して、ステーションバルのほうは「餃子とお酒を心から楽しんでいただけるお店」をコンセプトに、餃子に加えて、おつまみや各種お酒を取りそろえて、2015年(平成27年)12月1日にオープンした、「宇都宮みんみん」唯一のバルスタイル店舗なのだ。

 店内はカウンター10席にテーブル4卓、そして立ち呑みテーブルも2卓ある。

 立ち呑みテーブルもあるのがうれしいが、今日はすいてるようなので、カウンター席に向かった。

Img_8628a

 この店のカウンター席は、店の中央部に置かれた長方形の大テーブル。

 その長方形の真ん中に、背の高い仕切り壁を立てることによってテーブルが両側に分けられていて、片側にずらりと5人、両側で合計10人が座れるようになっているのだ。

 そんなカウンター席の端っこの1席に腰をおろし、まずは「キリン一番搾り生ビール」(480円)と、『焼(やき)』と『水(すい)』が選べる餃子から、「焼餃子2人前(12個)」(600円)を注文した。

Img_8629a_20220206163501

 生ビールでグイッと喉をうるおしていると、ほとんど待つこともなく、7分ほどで2人前の焼餃子が到着した。

 焼き目が美しく、パリッとした皮の食感もいいね。

 白菜たっぷりという「宇都宮みんみん」の餃子は、あっさりとしてるんだけど、しっかりとした旨みがある。

 店の初代が、ニンニクの匂いが苦手で、旨みだけを残し、匂いはほとんどなくなるような仕込みをしたことが、この店の餃子の大きな特徴になっているそうだ。

 餃子自体がしっかりと美味しいので、タレは酢をベースに、ちょっとラー油を加えたりする程度でいいように思います。

Img_8630a_20220206163501

 生ビールを飲み干して、次なる飲み物として、メニューに『餃子との相性抜群!』と書かれている「酢っきりハイボール」(420円)を注文した。

 これは「宇都宮みんみん」で使用している「ミツビシ もろみ酢」で作った酎ハイなんだそうな。

Img_8632a

 餃子のほうは、「水餃子1人前(6個)」(300円)を追加注文した。

 ここの水餃子は、たっぷりのお湯で餃子をゆでたもの。

 お店のホームページに、おみやげ販売店で売られている冷凍餃子を上手に作るための「調理のコツ」というページがあって、そこには沸騰しているお湯の中の餃子が『全体がふっくらとして、餃子の皮の合わせめまで透き通ってきたら、できあがり』と書かれている。

 『お湯の量や皮の色の変化などの加減を、うどんを茹でる要領で行うと上手につくれます』とのこと。

Img_8633a_20220206163601

 「まずタレをつけてお召し上がりください。その後、スープにタレなどで味つけをすると、また違った味が楽しめます」ということだったので、最初の1個は、普通にタレを付けていただいた。

 焼餃子もそうだったように、ここの餃子はそれ自体がしっかりと美味しいので、ほとんど味をつけなくても大丈夫なんだよなぁ。

Img_8634a_20220206163601

 そしてオススメに従って、スープにラー油などを垂らして味付けしたバージョンもやってみた。

 帰宅してから、ネット情報やYouTube動画で調べてみると、タレ用の小皿でお酢、ラー油、醤油をしっかりと混ぜ合わせて、つけダレを作った後、それを水餃子のお湯の中に溶かし込むのがいいらしい。

 さらに、器の中の水餃子の1個を、あえてお湯の中でばらして、その具をお湯に溶きまぜることによって、お湯だけだったスープに旨みを加え、ワンタンのようにスープと共にいただくのもおすすめの食べ方のようだ。

 次の機会には、ぜひそうやって食べてみよう。

Img_8631a

 久しぶりの外飲み。さっくりと1時間ほど楽しんで、今日のお勘定は1,800円でした。

 どうもごちそうさま。

 ちなみに、今回のように焼餃子2人前と水餃子1人前のセットは、わりとよく注文される組み合わせで、「ダブルスイ」と呼ぶそうです。

 これにライスとお新香が組み合わさった「ダブルスイライス」(1,070円)というのもメニューに載ってます。

店情報YouTube動画

《令和3(2021)年6月24日(木)の記録》

食べログ宇都宮みんみん ステーションバル餃子 / 宇都宮駅

|

« 店情報: 「宇都宮みんみん ステーションバル」(宇都宮) | トップページ | 店情報: 「林ホルモン(はやしほるもん)」(丸亀) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「宇都宮みんみん ステーションバル」(宇都宮) | トップページ | 店情報: 「林ホルモン(はやしほるもん)」(丸亀) »