« 宇都宮に豚モツの老舗 … 「ふくべ」(東武宇都宮) | トップページ | 魚の切り身を串焼きで … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

瀬戸内の魚をつまみに … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

Img_5703a

 出張先へと移動する途中で福山である。

 四国(今治方面)や、しまなみ海道の島々へ出張する場合、ここ福山が中継点となることが多い。だから福山に来る機会が多いのだ。

 そして福山に来たら必ず立ち寄りたいのが、福山駅から徒歩5分ほどのところにある「洋食」と「おでん」が看板メニューの「自由軒」だ。

 その創業は昭和33年(1958年)というから、創業60年を超える老舗である。

Img_5702a

 店内はコの字カウンター20席程度の小ぢんまりとした空間。2階に座敷席もあるのだが、今は1階のみの営業で、2階は使っていない。

 カウンター席の奥が厨房スペースで、全体がつながった一連の空間になっているため、カウンター席に座っていても、厨房の様子を伺うことができる。

 カウンター側は2人、厨房側は3人ぐらいで切り盛りされている。

Img_8665a

 入口を入ると目の前がコの字の頭の部分で、そこに四角いおでん鍋が据えられている。今日はそのおでん鍋の前に座った。

 日曜日の昼どきとあって、店内はほぼ満員で、多くのお客さんが昼から飲んでいる。

Img_5688a

 私もまずは「大ビール」(大瓶ビール、630円)をアサヒでいただいた。(「大ビール」は、アサヒの他にキリンも選ぶことができる。)

Img_5686a

 この店での最初のつまみは決まっている。

 いつも必ず、おでんの「スジ」(330円)と「豆腐」(150円)をいただいているのだ。

 この店のおでんは、出汁(だし)だけで煮込まれていて、味は付いていない。これに自家製の味噌ダレか、ショウガ醤油をかけていただく。私は、ほぼいつも味噌ダレにしている。

Img_5690a

 甘みがあって濃厚な旨みの味噌ダレは、府中味噌をベースに、ゴマ、チンピ(ミカンの皮)、ケシ、アサ、サンショウなどを加えて作ったものなんだそうな。

 これらは七味唐辛子の材料でもあるので、当然のように七味唐辛子との相性も良い。

 七味唐辛子をたっぷりとかけて、豆腐の上にスジを一切れずつのせながら、一緒にいただく。これが旨いんだなぁ。

 毎回いただいているのに飽きることがない。

Img_5694a_20220326152401

 大瓶ビールを飲み終えて、続いてはこの店で「麦水(むぎみず)」と呼ばれている、麦焼酎の水割り(380円)をいただく。

 「麦水」には、「レモン」、「梅干」、「何も入れない」が選べるが、いつも「何も入れない」をもらっている。(レモン、梅干は有料です。)

Img_5693a_20220326152401

 つまみには「ねぶと」(400円)を注文。

 「ねぶと」は、「メンパチ」「テンジクダイ」「イシモチ」とも呼ばれる小魚で、夏場(5~9月頃)が旬。

 硬い耳石(じせき)がある頭部を切り落として、胴体部分を唐揚げにしてくれるのだ。

 小イワシも旨いが、ネブトも旨い。

 瀬戸内海の小魚には、ハズレがないのぉ!

Img_5700a_20220326152401

 午後1時を過ぎるとお客さんも減ってきて、店内にも空席が目立つようになってきた。

 緊急事態宣言の間(広島県は2021年5月16日から6月20日まで)、お酒を出さずに営業されていたそうで、お客さんたちがまだ完全には戻ってこないんだそうな。いずこも同じ状況のようだ。

Img_5695a_20220326152401

 「麦水」(380円)をおかわりして、つまみには「あらだき」(550円)をもらう。

 「あらだき」と一緒に煮込まれてる大根が旨い。瀬戸内海の魚の旨みがたっぷりだ。

Img_5700aa

 この「あらだき」は、今日の手書きホワイトボードメニューの中の一品。他には「玉ネギ天」(450円)、「れんこん天」(450円)、「アスパラ天」(450円)、「竹の子天」(450円)、「ふぐ皮」(450円)、「いわし煮付」(550円)、「竹の子煮付」(330円)、「サヨリフライ」(500円)、「酢れんこん」(330円)、「里芋煮付」(330円)、「ちいちい酢味噌」(450円)、「やきなす」(330円)、「昆布としいたけ煮付」(330円)といった品々が書き出されている。

 ここには今が旬の季節ものが並んでいることが多いので、毎回、必ず確認するようにしているのだ。

Img_5704a_20220326152701

 1時間半ほどゆっくりと過ごさせてもらって、今日のお勘定は2,820円でした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年7月4日(日)の記録》

(次回) 22.06.04 豆腐、牛スジ、ねぶと … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

食べログ自由軒居酒屋 / 福山駅

|

« 宇都宮に豚モツの老舗 … 「ふくべ」(東武宇都宮) | トップページ | 魚の切り身を串焼きで … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宇都宮に豚モツの老舗 … 「ふくべ」(東武宇都宮) | トップページ | 魚の切り身を串焼きで … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »