« 店情報: 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸) | トップページ | 大改装の結果はいかに … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »

牛ホルモン串で超満腹 … 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸)

Dsc07499a

 東京で「もつ焼き」というと豚モツを焼いたものだが、関西の「ホルモン」は牛モツのようだ。

 そんな牛モツの串焼き(ホルモン串)が人気のお店が神戸にあるということを知って、神戸市内での仕事が終わったあと、同行者と3人でその店にやって来た。

 店に着いたのは午後5時前。先客はおらず、店主ご夫妻が、店の奥のテレビでのんびりとニュースを見ている状況。

 入口を入るとすぐ目の前が、焼き台前のカウンターで、我われ3人はそこに案内された。

Img_3759a

 メニューはとってもシンプルで、ホルモン串は、「ホルモン(肺)」(1本70円)、「アバラ(カルビ)」(1本140円)、「シンゾー(ハツ)」(1本140円)、「レバー(肝)」(1本140円)の4種類のみ。

 飲みもの(酒類)も、「ビール」(大瓶600円、小瓶400円、生ビール500円)、「チューハイ」(400円)、「日本酒」(400円)とシンプルだ。

Img_3740a

 さっそく「生ビール」(500円)を3人前注文すると、すぐに店主がホルモン串を焼き始め、生ビールが到着するより先に、ホルモン串が焼き上がってきた。

 ホルモン串は、いったん焼き終えたものがスタンバイされていて、お客が来ると、それを鉄板で焼き直して出してくれるので、出が早いのだ。

Img_3744a

 ちなみに我われが注文したのは生ビールだけで、ホルモン串は特に注文はしていない。

 お客が来ると、次々に焼き直しては焼き台前に造りつけられた金属トレーに並べてくれるので、好きなものを好きなだけ取って食べるというのが基本のようだ。

 向かって左からホルモン、シンゾー、アバラ、レバーの順。

Img_3741a

 まずは一番人気のホルモンを手に取って、横に置かれたタレに、どっぷりとくぐらせてからいただく。

 ホルモンは牛の肺。東京では「フワ」と呼ぶことが多いのだが、こちら神戸では「バサ」と呼ぶそうだ。

 東京では「フワ」は煮込みの材料として使われることが多く、串焼きには出会ったことがない。

 その名のとおり「ふわふわ」と軟らかいのが「フワ」の特徴なんだけど、ここの「バサ」は、鉄板上に並べて、店主が両手に持ったコテでジュージューと押しつけながら焼き上げるからか、とってもいい弾力感に仕上がっている。

 そして何よりも、ニンニクのよく効いた、この甘辛いタレがいいよね! 何本でも食べられそうだ。

Img_3745a

 並んだ順に、ホルモン→シンゾー→アバラ→レバー、左に戻って、またホルモン→シンゾー→アバラ→レバーと食べてるうちに、すぐに生ビールも飲み干して、同行のAさん、Yさんは熱燗(400円)を、私はチューハイ(400円)をもらった。

 熱燗は「白鶴」の1合瓶で出されるんだけど、実はこれはガラス瓶だけを再利用したもので、中身は「賀茂鶴」とのこと。

 氷入りのサワーグラスで出してくれるチューハイのほうは、「樽ハイ倶楽部」(ウォッカサワー)でした。

Img_3742a

 みんながどんどん串を食べるもんだから、焼き直しできる串が底をついてきて、生から焼き上げてくれる串も登場した。

 特にレバーは、生から焼き上げたものが美味しいですねぇ!

Img_3747a

 みんなの串を取るスピードが遅くなったところで、ちょっと味変してみようと、皿の「センマイ(生)」(700円)と「ミノ(焼)」(850円)を注文した。

 いやぁ、この「センマイ(生)」も美味しいこと! 口の中がすっきりとリフレッシュされた。

Img_3749a

 ミノは焼き終えてから「塩にしますか? タレにしますか?」と聞いてくれる。ここのタレが美味しいので、ミノにもタレをかけてもらった。

 さすがは上ミノ。コリッとしていながらも軟らかい弾力感と味わいがすばらしい!

Img_3756a

 さらに飲みものもおかわりを続け、串も食べ続け、食べた後の串を入れるための竹筒に、串が入りきらないほどになった。

Img_3755a

 閉店時刻の午後7時が近づいてくると、店主ご夫妻は、奥の小さなテーブルで納豆をおかずに晩ごはんである。関西でも納豆を食べるんですねぇ。

Img_3753a

 ちなみに店主ご夫妻は小豆島(香川県)のご出身。

 大阪で暮らしていた20代半ばに、この店を居抜き物件として手に入れ、開業されたそうだ。それ以来、今年で54年である。

Img_3760a

 そろそろ閉店時刻というところでお勘定をお願いすると15,450円。ひとり当たり5,150円にもなって我われもびっくり。

 というのも、食べログ等のネット情報では、ひとり1,000~1,999円の予算というのが、この店の評判だったからだ。

 しかしながら、よく飲み、そしてよく食べたもんねぇ。

 3人で、酒類を13杯、ホルモン串を70本ほど、そしてホルモン皿を2人前。

 これだけ飲み食いすれば、それくらいになって当然だ。

 牛ホルモンだけで超満腹になった幸せな夜でした。

 やぁ美味しかった。どうもごちそうさま!

店情報YouTube動画

《令和4(2022)年1月18日(火)の記録》

食べログ中畑商店ホルモン / ハーバーランド駅神戸駅高速神戸駅

|

« 店情報: 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸) | トップページ | 大改装の結果はいかに … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸) | トップページ | 大改装の結果はいかに … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »