« 瀬戸内の魚をつまみに … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: いかめしや「烹鱗(ほうりん)」(八戸) »

魚の切り身を串焼きで … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

Dsc08774a

 今夜の「川名」の手書きホワイトボードメニューには、「真鯛串」(132円)、「めかじきまぐろ串」(132円)、「銀鮭串」(132円)という「魚串」3種が並んでいる。

 これは食べてみなければ!

 さっそく「真鯛串」と「銀鮭串」に加えて、大好物の「豚皮串」(132円)という3種3本を注文した。

 なぜ「めかじきまぐろ串」は注文しなかったか。実はあまり深い意味はない。

 注文する時点では、「真鯛串」、「銀鮭串」という画数の多い漢字のインパクトが強すぎて、その二つに挟まれた「めかじきまぐろ串」には気がついていなかったのだ。

 この記事を書いている今、改めてメニューを見直していて、「おぉ~っ! めかじきまぐろ串もあったのか!」と気がついた次第。

 まことに残念なり。気がついていれば絶対にこれも注文していたのになぁ。

Img_8295a

 数年前、西武新宿線・鷺ノ宮駅の近くに、「うみばたけ」という、「魚串」が自慢の酒場があった。

 店主は広島のご出身。

「炭火で焼いた魚が美味しいんだけど、普通の焼き魚は、ひとりだと1尾しか食べられない。少しずつ串に刺して焼いたら、いろんな種類が楽しめるんじゃないかと思って、魚串の店にしたんです」

 魚の串焼きを始めたきっかけについて、そう話してくれた。

Img_8309a

 やきとん(もつ焼き)や焼き鳥も、一串は少量だが、いろんな部位をいただくことができるのが楽しくて美味しい。

 魚だって、それと同じように楽しめるとありがたいよねぇ。

 考えてみると当たり前のことなんだけど、なかなかそういう店に出会わなかったなぁ。

 しかしながら、この「うみばたけ」。なぜか理由は知らないけれど、人気があったのに、ある日突然、閉店してしまったのでした。

Dsc08772a

 いつものフルーツに加えて、小さなパンも添えてくれているお通し(サービス)をつまみに、「酎ハイ(生レモン)」(418円)を飲みながら待つことしばし。塩焼きに仕上げられた3本の串がやって来た。

 「川名」の焼き物は、焼き鳥、やきとんはもちろんのこと、焼き魚も含めてすべて炭火焼きですからねぇ。

Dsc08776a

 ど~れどれ。まずは「真鯛串」から。

 おっ。身だけじゃなくて、ちょっと骨も混ざった、骨付きの身なのがいいですねぇ。しゃぶるようにいただく骨ぎわの身が旨いんだ。

 子供の頃は、魚の骨がイヤでイヤで。それが原因で魚そのものも嫌いだった。

 酒を飲み始めてから、改めて魚の美味しさ、骨ぎわの身の美味しさに目覚め、気がつけば魚が大好物になっていたのでした。

 「銀鮭串」も同じように、ちょっとだけ骨が付いた身。これも旨いねぇ!

 最初にも書いたとおり、普通の焼魚だと、鯛も鮭もというわけにはいかないが、「魚串」ならば大丈夫。

Dsc08778a

 この記事を書くのにあたって、改めてネット情報も調べてみると、「魚串」が売りの酒場は東京にも全国にも、けっこうあるようだ。

 なるほどなぁ。私が知らないだけだったか。

 これまで串物と言えば「焼き鳥」、「やきとん(もつ焼き)」、「野菜串」、そして「うなぎ串」ぐらいだったが、今後は「魚串」も仲間入りするかもしれませんね。

 それにしても、そんな「魚串」を「川名」で食べることができるのは嬉しいかぎり。

Dsc08784a

 店に入ったのが、ちょうどラストオーダーの午後8時20分だったので、あっという間に午後9時の閉店時刻になってしまった。

 席料110円が加わって、今日のお勘定は924円。いつものようにPayPayで支払った。

 「魚串」のことしか書かなかったけれど、大好物の「豚皮串」はもちろん美味しかったですよぉ! どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年3月25日(金)の記録》

食べログ川名居酒屋 / 阿佐ケ谷駅

|

« 瀬戸内の魚をつまみに … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: いかめしや「烹鱗(ほうりん)」(八戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 瀬戸内の魚をつまみに … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) | トップページ | 店情報: いかめしや「烹鱗(ほうりん)」(八戸) »