« なかなか元に戻らない … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 店情報: 「飲んでけ食べてけ」(宇都宮) »

地元に根付くケの空間 … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎)

Img_2030a

 『ハレとケ』なんて言葉がありますが、ちょっと素敵な料理をいただくレストランが『ハレ』(非日常)の空間だとすると、毎日でも酒が飲みたい呑兵衛たちが行く大衆酒場は、圧倒的に『ケ』(日常)の空間。

 美味しく食べて飲んで、お勘定が2千円以内に収まるぐらいがうれしい。

Img_2031a

 だから地方に出張に行っても、その地に根付いている『ケ』の空間としての大衆酒場を探すのが楽しみなのです。

 今回やってきた立飲み処「紫羊」も、長崎駅前の酒場街を歩いていて見つけた1軒。

Img_2032a

 『立飲み処』と出ているので、基本的に安いだろうなと思いながら近づいてみたところ、その店頭にメニューが掲示されていて、料理は1個60円の「ゆで卵」から始まって、高くても「刺身」(内容は日替り)の350円まで。飲み物も「生ビール」が370円で、「黒霧島」や「二階堂」などの本格焼酎も320円と安いのだ。

 これは毎日行ける『ケ』の酒場に違いない!

 そう確信して入口扉を開けたのだった。

Img_2037a

 店内はギュッと詰めると15人ほど立てるU字のカウンター席のみで、女将さんが一人で切り盛りされている。

 1時間半ほど立ち飲んで、品物と引き換え払い(キャッシュ・オン・デリバリー)での支払合計が2,050円と、ほぼ予想どおりの金額だったし、料理もお酒も美味しかった。

 そして当然のごとく、毎日のようにやって来ているらしき、地元のご常連客も多いようだった。

 それ以来、長崎への出張があるたびに、この店に来るようにしているのだが、いかんせん、長崎への出張が年に2回ぐらいしかないので、残念ながらここ「紫羊」にも、そんなに足しげくは通えずにいるのでした。

Img_2033a

 今日も今日とて、立ち飲みカウンター席の一角に立ち、まずは「瓶麦酒びんビール」(中瓶510円)と「水いか」(350円)からスタートした。

 「瓶麦酒」はアサヒかキリンが選べるので、今夜はキリンで。

 私の場合、特にこれというビールの銘柄はないので、その日その日の気分次第で、あれこれの銘柄を楽しんでいる。

Img_2034a

 日替りの「お刺身」(各350円)。今日は「水いか」と「はまち」が並んでいる。

 長崎県は東シナ海と対馬海峡に面していて、島や半島が多いことから、複雑な海岸線の総延長は、日本の海岸線長全体の1割強。4,200kmにも及んでいるんだそうです。

 だから、当然のごとく漁業も盛ん。漁業生産量は、圧倒的首位の北海道に続く第2位。漁獲できる魚種は全国1位なんだって!

 そんなわけで、いろんな魚を、お手頃価格でいただくことができるんですね。

Img_2039a

 「水いか刺身」はあっという間に食べ終えて、続いても魚。「かれいの煮付け」(250円)をいただいた。

 甘い味付けが長崎ならでは。九州は全体的に味付けが甘いのだ。この甘みが、カレイの身の旨みをグッと引き出してくれるのがいいね。

 長崎は電車で通勤してくる人も多いから、こうして駅の近くに『ケ』の大衆酒場があるんだろうなぁ。

 自動車通勤が多い地域に行くと、『ケ』の大衆酒場を見つけるのが難しいことが多いのだ。

 さらに観光地でもある長崎は、市街地に出ると、この地の名物料理を食べさせてくれる『ハレ』の飲食店も多いのがすばらしいところ。とてもいいバランスだ。

Img_2045a_20220521152801

 瓶ビールを飲み干すと、次なる飲み物は、ここに来ると毎回いただいている長崎県の麦焼酎「壱岐ゴールド」(330円)のロックである。

 壱岐は麦焼酎発祥の地として知られている。中国から伝わった製法を活かし、16世紀ごろに壱岐独自の、麦を原料とした焼酎を生み出したんだそうな。

 その壱岐の麦焼酎を飲むのも、長崎に来たときの楽しみのひとつなのだ。

Img_2041a

 続いてのつまみとして、この店の名物のひとつ、おでん(各140円)をもらう。今日は「厚揚げ」と「すじ(牛スジ)」にした。

Dsc05859a_20220521153201

 ここのおでんは、魚のすり身に具材を混ぜて揚げた「揚げかまぼこ」系のものが多いのが大きな特徴。

 大根、玉子、こんにゃくなどの定番のネタをはじめとする全20種類のおでん種の中に、いか天、あじ天、コーン天、ぎょうざ巻など、「揚げかまぼこ」系は10種類と、ネタの半数を占めているのだ。

 「揚げかまぼこ」の種類が多いというのも、漁業生産量が多い長崎県ならではなんだろうな。

 おでんに合わせて、練り辛子も出してくれたが、今日は卓上に置かれている柚子胡椒でいただいた。

Img_2047a_20220521153201

 刺身、煮魚、おでんといただいて、お腹はもう十分なんだけど、もうちょっと壱岐焼酎を飲みたくて、焼酎をおかわりするとともに、つまみには「お新香」(130円)をもらった。

 出された「お新香」は、ピリ辛で昆布も入ってトロッとした青菜と、柔らかくて味の染みた甘いタクアンの2種盛り。

 タクアンまで甘いのが長崎ならではなんだなぁ。でも美味しい。焼酎のいいつまみになりますね。

Img_2048a_20220521152801

 ゆっくりと2時間以上立ち飲んで、品物と引き換え払いでの総支払い額は2,180円でした。どうもごちそうさま。

 これぞまさに素晴らしき『ケ』の酒場空間ですねぇ。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年11月12日(金)の記録》

食べログ立ち飲み処 紫羊居酒屋 / 長崎駅前駅長崎駅桜町駅

|

« なかなか元に戻らない … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 店情報: 「飲んでけ食べてけ」(宇都宮) »

コメント

懐かしいなぁ、紫羊。
私の定宿がウイングポートだったので、〆の1杯に立ち寄ったことがありました。
11年前は壱岐ゴールドが260円でした(笑)

投稿: G.A | 2022.05.26 05:57

なんと!
改めて「不言実食/旨い話にゃ気をつけろ」を確認し、2011年5月の「紫羊」のページを発見しました!
https://amaha1007.fc2.net/blog-entry-315.html
長崎に行くときは、いつもGAさんのサイトを確認させていただいているのに、見落としてました(^^;;

投稿: 浜田 信郎 | 2022.05.26 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なかなか元に戻らない … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 店情報: 「飲んでけ食べてけ」(宇都宮) »