« 夜な夜な集う老若男女 … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 豆腐、牛スジ、ねぶと … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

八戸の地魚で陸奥男山 … 「南部もぐり(なんぶもぐり)」(本八戸)

Img_1127a

 八戸にやってきたことをFacebookに投稿したところ、地元在住のBさんから、『ご予定が合えば「南部もぐり」へ』というコメントをいただいた。

 「南部もぐり」は、去年、八戸に来たときに初めて入り、地元の魚介類をつまみに、八戸の地酒をたっぷりといただいたことを覚えている。

 なるほど、「南部もぐり」は地元の方々にも人気のお店なんですね。

 そんなわけで、今回も昨年と同じ同行者のKさんと二人で、ビルの2階にある酒場、「南部もぐり」にやってきた。

Img_1148a

 店に着いたのは午後6時。

 入口引戸を開けて、正面のカウンター席の中の厨房にいる大将に「二人です」と告げると、入口から見て右側にある小上がりの1卓(4人掛け)に案内された。

Img_1133a

 大ジョッキ(800ml、1,045円)、555ジョッキ(555ml、880円)、中ジョッキ(400ml、715円)、小ジョッキ(300ml、495円)と4種類の大きさが選べる「生ビール」(アサヒスーパードライ)を、Kさんは小ジョッキで、私は中ジョッキでもらって乾杯する。

 すぐに出される「お通し」(550円)は、昨年と同様、ひとりに2品ずつの小鉢である。内容は漬物と、山芋千切りにとろみのある野菜を加えたもの。

Img_1132a

 ビールで喉を潤したところで、壁の大きなホワイトボードに書き出されたメニューを確認する。

 前回の「南部もぐり」訪問記事に対して、読者のPONTAさんから、『冬の陸中、八戸なら、ホタテはもちろん、カスべ、ソイ(訛りでは、スイっコ)、あと穴子。これは江戸前の穴子ではなく、岩手ではハモと言われる黒穴子(50cmから1mほどあります)です。脂がのっています。あと、三沢のホッキがあれば頼んでください』というコメントをいただいていたので、それを探したのだが、9月というこの時期だからか、オススメいただいたものの中でメニューにあるのは、「ホタテ刺」(770円)、「ソイ刺」(660円)ぐらい。

Img_1142a

 その「ソイ刺」と、八戸の主要海産物である「イカ刺」(660円)、「サバ焼」(660円)を注文した。

Img_1143a

 「イカ刺」にはワタも添えられているのがいいですね!

Img_1140a

 生ビールを飲み干したところで、飲みものを「燗酒(大)」(880円)に移行する。

 メニュー上には「燗酒」の銘柄は書かれていないんだけど、聞けば地元・八戸酒造の「陸奥男山」とのこと。

Img_1138a

 八戸酒造の創業銘柄が「陸奥男山」で、1998年に立ち上げた新銘柄が、おなじみの「陸奥八仙」なんだそうな。

Img_1146a

 ちびりちびりと飲んでるうちに、店内のお客さんも増えてきた。さすがは地元の人気店だ。

 午後8時まで2時間ほど楽しんで、「燗酒(大)」は二人で3本。お勘定は7,000円(ひとり当たり3,500円)でした。どうもごちそうさま。

Img_1130a

 お店を出ようと小上がりを降りると、目の前のカウンター席で飲んでいるお客さんは、Facebookでこの店をご紹介いただいたBさんでした。

 Facebookへの投稿記事はよく拝見していたのですが、実際にお会いするのは初めて!

 おすすめいただいたとおりにこの店に来て、本当に良かったです。

Img_1131a

 お店を出て、今度は飲み友達の宇ち中さんから、「八戸に行ったらぜひ!」とオススメいただいていた「洋酒喫茶プリンス」を目指します。

 この店は、れんさ街という、昭和20年代後半から続く飲食店街の中にあるらしい。しかも店の創業が1957年(昭和32年)というから、もうすぐ創業65年を迎える老舗だ。

Img_1159a

 発見! ここだ!

 お店には無事にたどり着いたものの、その扉の外に「コロナ感染拡大防止のため、地元の方のみの予約営業です(洋酒喫茶プリンス店主)」という張り紙。

 う~む。これは遠慮せざるを得ないですねぇ。残念!

店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年9月15日(水)の記録》

|

« 夜な夜な集う老若男女 … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 豆腐、牛スジ、ねぶと … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

コメント

いつも楽しみに拝見しております。
このブログで南部潜りを知っていきましたが、入れたのは初回のみで後の3回は満員で振られています。その代わり番屋打率100%。

また夏に来ることがありましたら、さめ生酢を頼んでください。海の方では、マンボウをサメと言います。それを酢味噌で食べるのが一般的かな?
マンボウの腸をつけ焼きにしたコワタ焼きも、牛ミノのような食感で美味しいです。

先日、大船渡市場に、マンボウが上がったって、新聞に載っていました。初夏到来 マンボウ水揚げって。

投稿: PONTA | 2022.06.06 13:39

PONTAさま

前回に引き続き、情報をいただきまして、ありがとうございます。

コワタ焼き! 引かれますねぇ!!

サメ生酢がマンボウだということも初めて知りました。次回はぜひ食べてみるようにします。

それにしても「ばんや」打率100%はすごいっ。まだ1度も行けたことがありません(^^;;;

投稿: 浜田 信郎 | 2022.06.15 15:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜な夜な集う老若男女 … やきとり「鳥勝(とりかつ)」(立会川) | トップページ | 豆腐、牛スジ、ねぶと … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »