« 二夜連続で地元の酒肴 … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川) | トップページ | 高知の珍味で熱燗4本 … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »

旨いねぇ!スープ餃子 … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

Dsc07702a

 これまでに何度も何度もやってきている「第一亭」で、今回、初めていただいた料理が「スープ餃子」(650円)だ。

 先日、宇都宮に行ったときに、「水餃子」の汁に味をつけて食べる話を聞いて、「第一亭」のスープで作ったスープ餃子ならば、それ以上に旨いに違いないと思ってたんだけど、予想どおりだった。

Dsc02689a_20220619174901

 『野毛のペペロンチーノ』とも呼ばれる、裏の名物メニュー「パターン」(600円)で有名な「第一亭」ながら、「パターン」は当店の『まかない料理』が常連さんたちに知られるようになって、名物へと進化していったメニュー。

P1010351a

 それに対して、お店の一押しメニューは、実は「タンメン」(700円)という話を、ずいぶん昔に店のお姉さんに伺ったことがある。

 スープに塩で味をつけるだけの「タンメン」は、ごまかしが利かない。ベースとなるスープが美味しくないとダメなのだ。そのスープに自信があるからこそ、「タンメンが一押し!」と言えるんでしょうね。

 そのスープで作った「スープ餃子」ならば間違いない。これは美味しいねぇ!

Img_9722a

 久しぶりにやってきた横浜ながら、神奈川県もまた新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく時短営業の真っ最中。「ホッピー仙人」や「野毛ハイボール」をはじめとする都橋商店街の多くの酒場や、おでんの「あさひや」なども休業している状態だ。

Dsc07693a

 そんな中、「第一亭」が営業してくれていて、ホッと胸をなでおろしながら店に入ったのでした。

Dsc07694a

 いつものようにカウンター席の一角に腰をおろし、まずは「ビール」(キリンクラシックラガー中瓶、550円)と「ホルモン炒め」(650円)を注文した。

Dsc07695a

  大好物の「ホルモン炒め」は、豚の腸を炒めたもの。

 もつ焼き屋などで出される「シロ」は、同じく豚の腸ながら、あらかじめ下茹でされている。それに対して、ここの「ホルモン炒め」の材料は、下茹でしていない生の腸なのだ。

 生のままでも美味しく食べられるように、何度も何度も洗って下ごしらえするんだそうな。

 しかも生の腸は冷凍できないから日持ちしない。

 この下ごしらえの丁寧さと、腸の鮮度が「ホルモン炒め」の味と食感の決め手なんですね。

Dsc07698a

 なお、「第一亭」のメニューには「もつ炒め」(650円)もあって、こちらは普通の店と同じように、あらかじめ下茹でした豚の腸を炒めたものだ。両方を食べ比べると、それぞれの良さがわかって面白いんじゃないでしょうか。

Dsc07701a

 中瓶ビールをおかわりして注文したのが、冒頭でご紹介した「スープ餃子」(650円)だったのだ。

 食べ進むにつれて、餃子からこぼれ落ちた具が、スープの中に溶けていくのもまた美味しい。

Dsc07703a

 2本めのビールも飲み切って、続いては「ハイボール」(500円)をもらう。

 この「ハイボール」が、中華スープの味わいとよく合うのが面白い。

 もしかすると、日本酒や酎ハイなどより、ハイボールや老酒などの、ちょっと味や香りがついてる系のお酒のほうが、中華料理や中華スープには合うのかなぁ。

Dsc07706a

 「スープ餃子」の汁まですっかり飲み干して、1時間半ほどの『酒場浴』。

 今宵のお勘定は2,900円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年2月16日(水)の記録》

(次回) 22.11.09 カタメンで締めくくる … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町)

食べログ第一亭台湾料理 / 日ノ出町駅桜木町駅伊勢佐木長者町駅

|

« 二夜連続で地元の酒肴 … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川) | トップページ | 高知の珍味で熱燗4本 … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 二夜連続で地元の酒肴 … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川) | トップページ | 高知の珍味で熱燗4本 … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知) »