« 最低価格が200円に … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 旨いねぇ!スープ餃子 … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

二夜連続で地元の酒肴 … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川)

Dsc08492a

 壬生川にゅうがわ(愛媛県)にやってきたら楽しみなのが「紅葉亭」での夕食だ。

 「紅葉亭」は、「ターミナルホテル東予」の2階にあるホテル内のレストランなのだが、宿泊者じゃなくても利用することができ、実際に来られているお客さんも、地元の家族連れなどが多い。

Dsc08494a

 宿泊者の場合は、生ビールが半額(通常594円が297円)で飲めるのと、何品かの宿泊者限定メニューが用意されているというところがメリットだろうか。

 今夜もまずはその半額の生ビールをもらって、「魚づくしのお膳」(1,650円)を注文した。

Dsc08445a

 「魚づくしのお膳」は、海鮮丼、白身魚の揚げ出し、地魚の煮付け、その日仕入れの旬のお造り、茶碗蒸しがセットになったもの。

 この店にはもちろん単品料理のメニューもあって、普通の居酒屋と同じように飲むこともできるのだが、「魚づくしのお膳」のように、何品かの料理に、ごはんや味噌汁がセットになった、定食的なメニューも用意されていて、いろんな料理をリーズナブルにいただくことができるのだ。

Dsc08457a

 注文時に、「海鮮丼と味噌汁は後で」とお願いしたので、それ以外の4品の料理が大きなお盆にのってやってきた。

Dsc08458a

 まずは、できたて熱々の茶碗蒸しからいただく。

 卵の旨みに、出汁の旨み。コクがあるはずなのに、スルッと食べられて、舌を活性化させてくれるところがいいよねぇ。

Dsc08447a

 すぐに生ビールもおかわりだ。

 このすぐ近くにアサヒビール四国工場があって、できたて直送の生ビールが飲めるのもいい点だったのだが、2022年2月15日に『来年(2023年)1月末で操業を終えることが発表された。事業戦略上、仕方がないことなのでしょうが、四国工場の閉業は残念ですね。

Dsc08472a

 「魚づくしのお膳」の地魚の煮付けが、大好物の「鯛かぶと煮」だったのは嬉しいかぎり。

Dsc08474a

 2杯の生ビールの後、「日本酒(燗)」(495円)を注文すると、「白鶴」の燗酒が出された。「鯛かぶと煮」にはやっぱり燗酒だね!

Dsc08482a

 燗酒をおかわりして、すべての料理を食べ終えたところで、いよいよ海鮮丼と味噌汁を出してもらう。

Dsc08485a

 小ぶりながら、タイ、サワラ、マグロ、イカ、イクラがのった海鮮丼。これに合わせて、地元・西条の「石鎚 緑ラベル」(1合660円)を冷酒でもらって締めくくった。

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、今夜のお勘定は3,894円でした。

Dsc08495a

 さて翌日。今夜もまた夕食は「紅葉亭」である。

 この近くに他にお店がないわけではないのだが、昨日メニューを見てて、どうしても宿泊者限定の「来島鯛の釜飯夕食」(1,500円)も食べたくて、二夜連続での訪問となったのでした。

Dsc08466a

 「来島鯛の釜飯夕食」は、旨みたっぷりの出汁で炊き上げる「鯛釜飯」に、その日仕入れの旬のお造り、揚げたての天ぷら、小鉢、漬物、茶碗蒸しのセット。

Dsc08496a

 「鯛釜飯」は、炊き上がるのに20分ほどかかるので、事前に予約しておくと、その時間に合わせて炊いておいてくれるのだが、ご飯ものは後でいただく呑兵衛には、その配慮は不要。晩酌を始めてからゆっくりと「鯛釜飯」の準備にかかってもらったので十分だ。

Dsc08498a

 当然のごとく今日も「生ビール」(宿泊者は297円、通常594円)からスタートし、「料理はできた順にもってきていただいたのでかまいません」とお願いしたところ、まずはその日仕入れの旬のお造りを出してくれた。

Dsc08500a

 揚げたての天ぷらと小鉢、漬物がやってきたところで、生ビールもおかわりだ。

Dsc08507a

 そして茶碗蒸しも出てきて、口の中をリセットしたころ合いで「鯛釜飯」もできあがったようだ。

 釜ごと出される「鯛釜飯」は茶碗に2杯分ほど。食べきれないで残ったら、おにぎりにしてもらって持ち帰ることもできる。

Dsc08514a

 釜のふたを取って、さっくりと混ぜてから茶碗につぐ。あぁ、いい匂い! これもまた、できたての「鯛釜飯」ならではですねぇ。

Dsc08519a

 この「鯛釜飯」も〆のごはんとして、それだけをパクパク食べるなんてことはなくて、当然のごとく酒の肴としていただくわけですね。

Dsc08517a

 今日は、地元・今治産の芋焼酎、「ええのう松木」(1杯550円)をロックで注文すると、ロックグラスにたっぷりとついでくれた。

 初めて飲んだ「ええのう松木」。これまた美味しいねぇ。

 すっごく飲みやすいこともあって、クイクイと飲んでしまい、すぐに2杯目をおかわりした。

Dsc08487a

 今夜もまた2時間ほど楽しませてもらって、お勘定は3,194円。

 店を出て、エレベーターに乗れば自分の部屋に帰りつくという、この便利さもいいではありませんか。

 二晩にわたってお世話になり、ありがとうございました。どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年3月13日(日)、14日(月)の記録》

食べログ紅葉亭和食(その他) / 壬生川駅

|

« 最低価格が200円に … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 旨いねぇ!スープ餃子 … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最低価格が200円に … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 旨いねぇ!スープ餃子 … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »