« 店情報: 「ほていちゃん」(有楽町) | トップページ | どうしても手が伸びる … 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸) »

大瓶ビールが410円 … 「ほていちゃん」(有楽町)

Dsc09114a

 銀座での小さな会食のその前に、ひとりゼロ次会にやってきたのは、ふれあい酒場「ほていちゃん 有楽町店」だ。

 2017年4月に第1号店である新小岩店を開店して以来、続々と店舗数を増やしていて、「晩杯屋」の次は「ほていちゃん」か、と言われている大衆酒場チェーンである。

 有楽町店は、有楽町駅から東京駅方面へと向かうガード下、「有楽町高架下センター商店会」の中にある。惜しまれつつ閉店した老舗・ミルクワンタン「鳥藤」の少し手前というと、古くからの酒場ファンにはわかりやすいだろうか。

 店の外にも中にも立ち飲みのカウンター席や、座って飲めるテーブル席があって、総席数は100席以上。

 飲み物も料理も500円以下のものが多くて、さらに1~2名でやってきて、立ち飲みカウンター席で飲むと、お勘定時に1割引きになるという(期間限定の)サービス付き。

Dsc09116a

 私もさっそく立ち飲みカウンターの一角に立ち、まずは「カウンター席限定」で「実質税込410円」とうたわれている「サッポロラガービール(大瓶)」(462円)を注文した。

 なぜ実質410円かというと、メニュー上の価格462円から、まず立ち飲み席の1割引きで46円が引かれて416円になり、さらにお勘定時に10円未満はサービスとなるので、6円がカットされて、410円になるってことなんですね。

 そうでなくても大瓶ビールを462円で飲ませてくれる店は、ほとんど見かけないので、とてもありがたいことである。

Dsc09126a

 料理は、目の前の印刷されたメニューにも50種類弱の品が並んでいるのだが、それとは別に店内のあちこちの壁にも、その時々の品が張り出されている。

 そんな中から「ほていちゃんおすすめ」、「期間限定」と書かれた「ベビーワタリガニのから揚げ」(220円)を注文した。

Dsc09119a

 店の外にある席も含めて、広いホールを担当している若い男女店員さんたちは、みなさん東南アジア系の方のようで、店員さん同士は母国語でコミュニケーションを交わしている。

 しかしながら、注文を取ったり、お客さんの質問に答えたりという場面では、きちんと日本語でやり取りができているし、その接客態度もとっても心地よい。

Dsc09123a

 待つことしばし。揚げたての熱々で出してくれた「ベビーワタリガニのから揚げ」は、想像していた以上に『ベビー』。その辺の砂浜にいそうな大きさのカニだった。

 これを胴体の真ん中でパキッと割って、足のところをつまんで、胴体側からカリコリといただく。

 なるほどなぁ! 香ばしさの中に、カニの風味が広がるのがいいですねぇ。

 カリコリ、カリコリと食べ進めているうちに、気がつくと、あっという間に「ベビーワタリガニのから揚げ」を食べ終えてしまっていた。

Dsc09129a

 それじゃもう1品、と注文したのは、これまた壁のメニューから「なまずフリット トマトチーズ」(253円)だ。

 これまた「数量限定」で、「ほていちゃん恒例の変化球シリーズ」なんて書かれている。

 定番のメニューのほうに、「なまずフライ(2個)」(297円)というのがあるので、これをアレンジしたものなのかな。

 値段は安いんだけど、ちょっと手間が掛かってそうで、『食べてみたいなぁ』と思わせるメニューが多いのがいいよね。老若男女に幅広く受け入れられそうだし、実際に来られているお客さんも、老若男女、幅広い。

Dsc09118a

 私よりちょっと遅れて、私の近くに入ってきた男性ひとり客は、「サッポロラガービール(大瓶)」と、この店の名物のひとつらしい「本まぐろブツ」(495円)を注文し、美味しそうに「本まぐろブツ」を食べながら、キューッと大瓶ビールを飲み干して、30分にも満たない滞在時間で860円のお勘定。サッと立ち去っていった。

Dsc09125a

 50代ぐらいの会社員という風情だったので、会社の仕事を終えてから、有楽町駅で電車に乗るまでの間に、毎日のようにここでビールとマグロを楽しんでいるのかもしれませんね。

 これぞまさに大人の駄菓子屋、大人の寄り道だ。

Dsc09132a

 さぁ来た、鉄板の上で熱々の「なまずフリット トマトチーズ」だ。

 253円という激安価格なのに、おしゃれな外観ではありませんか!

 どーれどれ。まずはひとつナマズをつまんで、ハフハフとかぶりつく。

 いやぁ、美味しいじゃありませんか。チーズとトマト、効いてますねぇ!

Dsc09121a

 飲みもののメニューも幅広く、ホッピーセットは429円(実質380円)、中(なか)220円(実質190円)。プレーンなチューハイは330円(実質290円)。

Dsc09130a

 「神亀」、「末廣」、「七賢」、「初孫」、「竹葉」などの純米酒も、グラスで528円(実質470円)、一合で925円(実質830円)で楽しめる。

 といったところで本日は時間切れ。もう1次会の店に向かわなきゃいけない時間だ。

Dsc09112a

 さっくりと1時間ほど立ち飲んで、注文品の合計金額935円のところ、立ち飲み1割引きで93円が引かれ、さらに10円未満がカットされ、今日のお勘定は840円でした。

 お会計時に、店頭のガチャで使えるコインももらいました。次に来たときの楽しみに取っておきましょう。どうもごちそうさま!

 こりゃ、じっくりと腰を据えて(立ち飲みだけど…)呑んでみたいお店ですねぇ。

 「ほていちゃん」は、新宿や中野にもあるようなので、仕事の帰りに寄り道してみようかな。

店情報YouTube動画

《令和4(2022)年4月8日(金)の記録》

食べログほていちゃん 有楽町店居酒屋 / 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅

|

« 店情報: 「ほていちゃん」(有楽町) | トップページ | どうしても手が伸びる … 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「ほていちゃん」(有楽町) | トップページ | どうしても手が伸びる … 「中畑商店(なかはたしょうてん)」(神戸) »