« 震災を乗り越え四十年 … 居酒屋「わこう」(釜石) | トップページ | 店情報: 「大観亭支店(だいかんていしてん)津駅西口店」(津) »

自家製・今夜の酒泥棒 … やきとん「たつや」(沼袋)

Img_3660a

 久しぶり。沼袋「たつや」である。

 来るたびに新しい料理やお酒に出会うことができて、とってもワクワクするもつ焼き屋なんだけど、いかんせん、新型コロナウイルスが出てきて以来、店の営業時間と、私の勤務時間がズレてしまって、なかなか来ることができずにいたのでした。

Img_3630a

 店の営業時間が変わったわけではない。私の勤務時間が、一時間半ほど早めにタイムシフトした勤務になったので、仕事が終わって、沼袋~野方あたりに戻ってくるのは午後4時過ぎ。午後5時開店の沼袋「たつや」は、まだ開いていない時間帯なのだ。

 今日は所用で遅くなり、沼袋駅に到着したのは午後5時半。

 ここぞとばかりに「たつや」にやって来たのでした。

Img_3628a

 カウンター席の一角に座り、「ホッピーセット」(460円)からスタートする。

Img_3637a

 最初のつまみは決まっている。「冷製の盛り合わせ」(550円)である。

 これは昔風に言うと「もつ刺身」なんだけど、2015年(平成27年)から、豚肉や内臓を生食用として販売・提供することが禁止されたため、この「冷製」という低温調理法が前面に出てきたのでした。

 変わった直後こそ、「これはなんちゃってレバ刺だ!」なんて悪態をついてたんだけど、食べ慣れてくると、冷製は冷製で、これまた美味しい。生とは違うものの、冷製ならではの良さがあるのだ。

 しかも、今日の「冷製盛り合わせ」は、「れば刺」「たん刺」「がつ刺」という、自分好みの部位の三点盛り。実に嬉しいですねぇ!

Img_3632a

 ホッピーの「おかわりナカ」(300円)をもらって、続いては『焼きもの』の注文だ。

 さっき、私の近くに入ってきた、いかにも常連さんらしきお客さんが、「焼きもの、おまかせで6本お願いします」と注文していたのを聞いて、私もそれに倣って、「こっちは4本。おまかせでお願いします」と注文。何が出てくるか楽しみだなぁ。

Img_3633a

 「たつや」の店主・藤井龍成(ふじい・たつなり)さんは、野方「秋元屋」で店長を務めた後、2010年(平成22年)3月に、ご自身の店「たつや」を開店した。

 それから12年。今や東京を代表する大人気もつ焼き店の1軒だ。

Img_3639a

 そんな、いわゆる『秋元系』のもつ焼き屋なので、真っ先に出てくるのは味噌焼きかと思いきや、なんと「あぶら」(130円)のタレ焼きだった。

 う~ん。久しぶりに食べた「あぶら」。これは旨いねぇ!!

Img_3640a

 2本目は「ちれ」(130円)のタレ焼き。これも間違いない。

 このブログにも何度か書いたが、昔は「ちれ」はそれほど得意じゃなかった。プニプニ、クニュクニュとなんとも頼りなげな噛み心地が、あまり好きじゃなかったのだ。

 ところが、野方の「すっぴん酒場」で、ちょっと良く焼き系の「ちれ」に出会って、「ちれ」そのものが持つ美味しさに、改めて気が付いて、すっかり好物に変わっていったのでした。

Img_3643a

 一皿で同時に出された3本目と4本目は、「ねぎま」(160円、写真手前)と「みと」(180円、写真奥)の味噌焼きだ。いやぁ、満を持しての味噌焼きですねぇ!

 「ねぎま」は、『やきとん』ではなくて、『焼き鳥』。鶏もも肉と玉ねぎを交互に刺して焼き上げたものだ。ここ「たつや」には、『やきとん』も『焼き鳥』もあるのだ。

 「たつや」の味噌ダレ、『焼き鳥』にも合いますねぇ!

 初めて食べたのが「みと」。どこの部位か教えてもらったのに忘れてしまった(爆)。アブラっぽい食感から、筋肉っぽい食感まで、複雑に混じり合っていて、これは面白い! 今回は味噌焼きで出してくれたけど、醤油や塩も合うそうだ。

Img_3646a

 さらに「おかわりナカ」をもらって、「たつや」に来たら、忘れてはならない逸品、「もつカレー」をもらう。

 ただし、普通の「もつカレー(パン付き)」(440円)にすると、それだけでお腹がいっぱいになってしまいそうなので、今日は「たつやのポテサラもつカレーがけ」(310円)を注文した。

 「ポテトサラダ」も「もつカレー」も、どっちも食べることができて、量的にもちょうどいい。

 他にも「うずらの玉子もつカレーがけ」(270円)というメニューがあったり、お好みの串にプラス110円で「もつカレー」をトッピングしてもらうこともできる。

Img_3648a

 ソト1・ナカ4の4杯目となる「おかわりナカ」に合わせるつまみは、「けいらさんちのしいたけ串」(220円)。

 もともと鉄っちゃんだった店主は、今も日本の各地に出かけていっては、その地の美味しいものを発見し、仕入れてくる。

 このしいたけは、北海道の計良(けいら)さんという方が育てているものなんだそうな。しっかりと肉厚で、旨みも強くて美味しいねぇ。

Img_3634a

 ここで飲み物も食べ物もちょうどなくなって、普通であればお勘定をするタイミングなのだが、久しぶりの「たつや」なので、もうちょっと飲み食いしていきたい。

Img_3653a

 燗酒二合「玉風味」(770円)と「いくらと塩辛おろし」(380円)を注文すると、合わせて『やわらぎ水』も出してくれた。

 新潟・魚沼の「玉風味」は、ここ「たつや」では定番の日本酒といっていい。

Img_3649a

 「いくらと塩辛おろし」は、手書きの『本日のもつやすめ』メニューの中に、『今夜の酒泥棒』として紹介されていて、お店の自家製なんだそうな。

 こりゃ本当に、日本酒にはぴったりのつまみだなぁ。

 チマチマとつまみながら、ゆっくりと熱燗を楽しむ。

Img_3656a

 最後に、〆のつまみとして注文したのは「はらみポン酢」(380円)だ。

 スライスした豚ハラミに、玉ねぎスライスがたっぷりとのっている。

Img_3657a

 これまたいいですねぇ。「たつや」のつまみにハズレなしだ。

 たっぷりと3時間近く楽しんで、席料110円が加わって、今夜のお勘定は4,680円。

 Suicaでピッと支払って、店を後にした。どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年1月12日(水)の記録》

食べログやきとん たつや焼きとん / 沼袋駅野方駅新井薬師前駅

|

« 震災を乗り越え四十年 … 居酒屋「わこう」(釜石) | トップページ | 店情報: 「大観亭支店(だいかんていしてん)津駅西口店」(津) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 震災を乗り越え四十年 … 居酒屋「わこう」(釜石) | トップページ | 店情報: 「大観亭支店(だいかんていしてん)津駅西口店」(津) »