« 12年ぶりにたっぷりと … 大衆食堂「源蔵本店(げんぞうほんてん)」(広島) | トップページ | 店情報: 郷土料理「とう七(とうしち)」(蘇我) »

ゆっくりとたっぷりと … 「ほていちゃん」(有楽町)

Dsc00647a

 過去2回、銀座での会食の前の、ひとりゼロ次会でやってきた「ほていちゃん 有楽町店」。

 その2回で確信したのは、時間が限られたゼロ次会でやってくるのには、もったいないお店だということだった。

 今日はここで飲むことを主目的として、ゆっくりと思いっきり飲みにやって来た。

 店に着いたのは、多くの酒場が混雑する午後6時前。

 店の外の席にはまだ空きがあるものの、店内のテーブル席は多くが埋まっており、立ち飲み席には3人の先客。

Dsc00648a

 入口近くの角あたりに立って、まずは立ち飲み席だけの「サッポロラガー大瓶」(420円、以下すべて税表記)を注文した。

 このブログでご紹介する値段は、いつもは税込価格で表記しているのだが、今回は税価格での表記とした。

 「ほていちゃん」の立ち飲み席で飲んだ場合、税込合計価格から10%が割引かれる(税合計価格×1.1×0.9)ため、実質的な価格は、税価格の99%となる。

 したがって立ち飲みの場合は、税込価格よりも、税価格で表記したほうが、実際に支払う料金の感覚に近くなるのだ。

Dsc00656a

 つまみの一品目として、この店の名物のひとつ、「訳アリ)本まぐろブツ」(450円)を注文すると、アッという間にやってきた。

 いやぁ、美味しいですねぇ、この本マグロ。出てくるのもアッという間だったけど、食べ終わるのもアッという間。人気の逸品であることを再認識した。

 メニューにわざわざ『訳アリ』という表記があるところに、本マグロなのに、この値段で出せる、この店ならではの秘訣があるんでしょうね。

Dsc00659a

 つまみの2品目は、『【数量限定】今年もやってきた! 琵琶湖からやってきた天然物のやべーヤツ』という注記が入っている「稚鮎の天ぷら」(3尾330円)だ。

 この稚鮎が苦いこと! 「ほろ苦い」という領域を超えて「かなり苦い」。きびしいのぉ、琵琶湖の稚鮎。

 だからこそ、『琵琶湖からやってきたやべーヤツ』なのかもしれませんね(笑)。

Dsc00660a

 大瓶ビールを飲み切った後は、カウンター席の多くのお客さんが飲んでいる「ホッピーセット」(390円)をもらう。

 おぉーっ。ナカ(焼酎)の量が多くていいですねぇ。氷入りのジョッキに半分以上のナカが入ってる。

Dsc00662a

 そしてつまみには「自慢の牛煮込み」(390円)を注文。

 この煮込みには、牛スジやハチノス(第二胃袋)なども入ってるのが嬉しいところだ。

 店内に流れる音楽は、昭和時代の懐かしい歌謡曲。これにも癒されるんですよねぇ。

 それでいて、立ち飲みカウンターも含めて各席に電源が用意されていたり、無料Wi-Fiが使えたりする。昔と今が混在しているのが面白いなぁ。

Dsc00664a

 ホッピーの1杯目を飲み切って、普通なら「焼酎 中(なか)」(200円)を注文するところだが、カウンター席に並ぶ常連さんと思しき人たちのほとんどが「焼酎 中大(なかだい・徳利)」(300円)をもらっているようなので、私もそれにならって「焼酎 中大」を注文すると、一合徳利にたっぷりの焼酎と、それとは別に氷を出してくれた。

Dsc00670a

 4品めのつまみには、『カラフトししゃも卵+三陸産めかぶで旨味アップ!』と書かれている「子持ちめかぶやっこ」(200円)を注文した。

 出てきた「子持ちめかぶやっこ」は、子持ちメカブとカツオ節がたっぷりとトッピングされていて、下の豆腐が見えないぐらい。

 豆腐をちょっと崩しながら、子持ちメカブやカツオ節と混ぜ合わせ、添えられたレンゲでツルッといただく。

 ん~~~っ。いいつまみだ。

Dsc00673a

 店内の若い店員さんたちは、男女とも、みんなベトナムから来ている人たちのようだ。

 お客さんと話すときは日本語で話し、仲間内では母国語で会話している。

 「ほていちゃん」や「一軒め酒場」などのチェーン居酒屋に行くと、外国人の若い店員さんも多いんだけど、注文に困ったり、文化の違いなどでイヤな思いをしたりしたことは全くないですね。

 どんな社員教育をされてるんだろう。そっちのほうが気になったりした。

Dsc00677a

 とっても長持ちするつまみ、「子持ちめかぶやっこ」に合わせて、「焼酎 中大」をもう1回もらった。

Dsc00687a

 「子持ちめかぶやっこ」を食べ終えた後は、〆を兼ねたつまみとして「きつねのあたま」(190円)を注文。

 これは『きつねうどん』から麺を抜いたもの。つまり、うどんスープに、甘く味付けられたお揚げと、蒲鉾が一切れ。それに刻みネギと、とろろ昆布をトッピングして仕上げられている。

 私自身、汁ものをつまみに酒を飲むのが大好きなので、これはとってもいいつまみになりますねぇ。

 お揚げの甘みが〆にもぴったりだ。すごくうれしい。

Dsc00679a

 ゆっくりと、たっぷりと、2時間半ほど立ち飲んで、つまみが5品に、大瓶ビール1本と、濃いめのホッピーがソト1・ナカ5。

 税抜合計金額2,970円に消費税(10%、297円)が加わって3,267円。立ち飲み割引きで10%(326円)が引かれて2,941円のところ、10円未満は切り捨てられて、今日のお勘定は2,940円(支払いは現金のみ)でした。

Dsc00691a

 支払いが済むと、今日も渡されるガチャガチャ用のメダル。

 前回もメダルをもらったのに紛失してしまったので、今日は店を出るとすぐにガチャガチャを回すと、出てきたのは『若鶏チューリップ(3本) or 厚切りハムカツ』の無料券。

 有楽町店のみ、年末(2022年12月31日)まで有効の券なので、それまでにまた来なきゃね。

 どうもごちそうさま。大満足じゃ!

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年7月5日(火)の記録》

(食べログ) ほていちゃん 有楽町店居酒屋 / 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅

|

« 12年ぶりにたっぷりと … 大衆食堂「源蔵本店(げんぞうほんてん)」(広島) | トップページ | 店情報: 郷土料理「とう七(とうしち)」(蘇我) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 12年ぶりにたっぷりと … 大衆食堂「源蔵本店(げんぞうほんてん)」(広島) | トップページ | 店情報: 郷土料理「とう七(とうしち)」(蘇我) »