« これも一つの個性かも … せんべろ酒場「やまじゅう」(本八戸) | トップページ | 店情報: 「成田家(なりたや)下石井店」(岡山) »

人気の2軒をハシゴ酒 … 「すっぴん酒場」&「秋元屋」(野方)

「すっぴん酒場」

 野方で人気のもつ焼き屋。

 1軒めは2006年(平成18年)創業の「すっぴん酒場」である。

 店内は立ち飲みカウンターのみで、ギュッと詰めれば16人ぐらいが入れる広さ。

「黒ホッピー」(450円)

 いつものように「黒ホッピー」(450円)をもらうと、今日の「お通し」(200円)は山芋漬けだ。

「お通し」(200円)は山芋漬け

 焼きものはこれまたいつものとおり、「れば」「ちれ」「しろ」の3種(各150円)を1本ずつ注文。

「れば」「ちれ」「しろ」

 味付けは指定せず『おまかせ』にすると「れば」と「しろ」はタレ焼きで、「ちれ」は塩焼きで出してくれる。

 店は店主ご夫妻が二人で切り盛りされていて、支払いは品物と引き換え払い。カウンター上の小さな竹カゴにお金を入れておくと、そこから取っていってくれる。

「らっきょ」(200円)

 「なか(焼酎おかわり)」(250円)を注文し、自家製の「らっきょ」(200円)ももらった。

 さらに、他のお客さんから「煮込み」(450円)の注文が入ったのに合わせて、私も「煮込み」を注文した。

「煮込み」(450円)

 この店の「煮込み」は、煮込み終えたものが小さな寸胴鍋ごと冷蔵ケースに保管されていて、注文を受けてから、人数分を小鍋に取り分け、豆腐などを追加して仕上げていくのである。

 ここ「すっぴん酒場」の煮込みと、立会川「鳥勝」の「煮込(牛)」、そして沼袋「たつや」の「もつカレー」は、行けば必ず食べたい『もつ煮込み』なのだ。

 2時間ほど立ち飲んで、ホッピーはソト1・ナカ4。

 キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は2,650円でした。

やきとん「秋元屋」

 「すっぴん酒場」を出て、歩いて3分ほどの2軒めは、やきとん「秋元屋」。

 こちらは2004年(平成16年)創業で、今や東京を代表するもつ焼き屋の1軒となっている。

「酎ハイ」(440円)

 本店側のカウンター席の一角に腰を下ろし、「酎ハイ」(440円)を注文すると、ソト(炭酸水)とナカ(氷入りのジョッキに焼酎)、別々のスタイルで出してくれた。

「こぶくろポン酢」(385円)

 つまみの1品めには「こぶくろポン酢」(385円)を選択。

 子袋のコリコリ感がたまりませんね。

「キンツル」(165円)

 焼きものは、ホワイトボードの手書きメニューから「キンツル」(165円)を注文。

 これはオス豚の精器の付け根にあたる筒状の筋肉。オス豚一頭から、ごく少量しか得られない超希少部位である。

 立石「宇ち多゛」のツルも、たぶんこれですね。

「てっぽう」「たんした」

 さらに「てっぽう」(143円)と「たんした」(143円)も、味付けをおまかせで注文すると、「てっぽう」は味噌焼きで出されるかと思いきや塩焼きで、逆に塩焼きを予想していた「たんした」は味噌焼きで仕上げてくれた。

 この味付けがまた美味しいこと! おまかせで頼んでみるもんですねぇ!

「鳥はつ」(165円)

 これに味をしめて「鳥はつ」(165円)もおまかせでもらうと、こちらは予想どおり塩焼きで出してくれました。

 ちょうどいい火のとおり具合で、ジューシー感がたまらない。

「ねぎみそやっこ」(308円)

 「ナカ(焼酎)」(297円)をもらって、ホワイトボードから「ねぎみそやっこ」(308円)を注文。

 スライスした冷奴に『ねぎみそ』をのせたものなんだけど、これがまた美味しいこと。

 これまたいいつまみですねぇ!

店内の様子

 「秋元屋」もまた2時間ほど楽しんで、席料110円が加算され、10円未満の端数が切り捨てられて、今夜のお勘定は2,150円でした。どうもごちそうさま。

 ここから自宅まで、歩いても20分ほどなんだけど、たくさん飲んだので野方駅から電車で帰宅した。電車に乗ると楽なんだけど、待ち時間なども含めると、所要時間は歩きと同じくらいなんだなぁ。

 歩いても行けるくらいの近さに、いい酒場が何軒もあることが、本当にありがたいことです。

・「すっぴん酒場」の店情報前回) / 「秋元屋」の店情報前回) 《YouTube動画

《令和3(2021)年11月23日(火)の記録》

(食べログ) すっぴん酒場もつ焼き / 野方駅都立家政駅

(食べログ) 秋元屋焼きとん / 野方駅都立家政駅

|

« これも一つの個性かも … せんべろ酒場「やまじゅう」(本八戸) | トップページ | 店情報: 「成田家(なりたや)下石井店」(岡山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これも一つの個性かも … せんべろ酒場「やまじゅう」(本八戸) | トップページ | 店情報: 「成田家(なりたや)下石井店」(岡山) »