« 雨が降っても傘いらず … 「赤ひげ 姉妹店」(新開地) | トップページ | 店情報: 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(本塩釜) »

三浦店長が戻ってきた … 「第三秋元屋(だいさんあきもとや)」(野方)

Dsc03233a

 新型コロナの影響などもあって、しばらくお休みしていた「第三秋元屋」が、2022(令和4)年10月16日、営業を再開した。

 新しい店長として、「秋元屋 桜台店」の三浦店長が戻ってこられたとのこと。

 すぐにご挨拶に伺わねば、と思いながら、もう1ヶ月以上も経ってしまった。

 店に着いたのは、開店10分後の、午後5時10分。

 奥に向かって細長い店内は、左手の厨房を取り囲むように、縦に長いコの字カウンター席のみ15席ほど。

 すでに何人かの先客がいたが、コの字の長い縦の辺はいていたので、三浦店長が立つ焼き台前に座り、久しぶりのご挨拶をさせていただいた。

 「秋元屋 桜台店」のほうは、桜台店の開店と同時に、三浦店長と一緒に野方から異動した、舞ちゃんが店長になったそうだ。

Dsc03214a_20221201211701

 まずは「ホッピーセット(白)」(528円)と「煮込」(484円)、そして串焼きは。「レバー」(154円)、「しろ」(154円)、「はらみ」(154円)の3種3本を、味付けはおまかせで注文した。

Dsc03223a_20221201211701

 「第三秋元屋」は、すぐ近くの本店に比べるとメニューの品数を少なくしていたため、卓上の印刷されたメニューには煮込みは「煮込」だけしか書かれていないが、壁の短冊メニューには「煮豆腐」(275円)や「煮玉子」(132円)も並んでいる。

 三浦店長によると、今後、徐々に品数も増やしていく予定とのこと。これもまた楽しみですねぇ。

Dsc03216a_20221201211701

 「秋元屋」本店がオープンしたのは2004(平成16)年1月30日。コの字カウンター15席のみでオープンしたが、あっという間に人気店になり、店内を拡張し、さらにとなりの空き店舗も買い取って、2軒が連なったように見える店になって、現在に至っている。

Dsc03217a_20221201211701

 注文した3本の串焼きの中で、最初に出てきたのは「レバー」。味付けは塩で、おろし生姜と刻みネギも添えられている。

Dsc03218a

 続いては「しろ」。これはタレ焼きで。カリッとした表面の中身が、フワッとやわらかいのがいいんだなぁ。

Dsc03219a_20221201211701

 「はらみ」は、秋元屋系ならではの味噌焼きで。

 味噌焼きの味噌は、タレ焼きのタレと同じように焼き台横の壺に入っていて、そこに串ごとトプンとつけて味を付けるのだ。

 もつ焼きを焼いてくれている三浦店長の姿が、これまた絵になるんだなぁ。

Dsc03222a_20221201211701

 そんな三浦店長が、これまで店長を務めていた「秋元屋 桜台店」がオープンしたのは、本店のオープンから7年後の、2011(平成23)年1月6日。ここもまた開店してすぐに地域の人気店になり、いつも満席の状態が続いていた。

 その桜台店に続く3号店として、2014(平成26)年12月10日にオープンしたのが、ここ「第三秋元屋」だったのだ。

Dsc03225a

 ホッピーの「ナカ(焼酎)」(319円)をもらって、壁の短冊メニューから「コロッケ」(385円)を注文すると、焼き台横のフライヤーで揚げた熱々のコロッケを出してくれた。

Dsc03226a

 コロッケには千切りキャベツとレモンが添えられている他、マヨネーズと、3種の選べるソース(ウスター、中濃、とんかつ)も出してくれた。

Dsc03221a_20221201212001

 「第三秋元屋」には、2階にテーブル席もあって、本店に比べると込み具合が少なかったので、近所の飲み仲間たちと二次会、三次会とハシゴをする中で、ここの二階もよく利用させてもらっていた。

 残念ながら今は2階はやってなくて、1階カウンター席だけでの営業だそうな。

Dsc03230a_20221201212001

 さらに「ナカ(焼酎)」をおかわりして、季節の「銀杏ぎんなん串」(220円)を焼いてもらう。

Dsc03231a

 冒頭でもご紹介したとおり「第三秋元屋」は、新型コロナの影響などもあって、2020(令和2)年3月15日に一旦閉店し、同年7月20日、店名を「ダイサン」と変えて、1階だけの店としてリニューアルオープンしたものの、2021(令和3)年1月12日からは、ずっとお休みしていたのだ。

 三浦店長が戻って営業再開した後、暖簾を「第三秋元屋」に戻し、店頭の「秋元屋」の赤提灯も復活した。

Dsc03223aa

 新しい「第三秋元屋」は、地酒の種類も多く、ホワイトボードには「うるめ丸干し」(308円)、「小あじミリン干し」(308円)、「いか沖漬け」(308円)といった魚介料理も並んでいる。

Dsc03234a

 そんな中から「うるめ丸干し」を注文すると、焼き台の炭火で、うるめ丸干し5尾を炙って出してくれた。

 今はホッピーのつまみとしていただいていますが、間違いなく日本酒にも合うつまみですよねぇ!

Dsc03236a

 今日は店内が混雑してなかったので、ゆっくりと2時間半ほど楽しませてもらって、ホッピーはソト1・ナカ4(最初のセット+ナカ3杯)。お勘定は3,030円でした。どうもごちそうさま。

 いやぁ、三浦店長が近くに戻ってこられて、本当にうれしい。また来ます!

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年11月22日(火)の記録》

(食べログ) ダイサン居酒屋 / 野方駅都立家政駅

|

« 雨が降っても傘いらず … 「赤ひげ 姉妹店」(新開地) | トップページ | 店情報: 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(本塩釜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨が降っても傘いらず … 「赤ひげ 姉妹店」(新開地) | トップページ | 店情報: 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(本塩釜) »