« 浦の松風、霞むなり。 … 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(本塩釜) | トップページ | 店情報: 居酒屋「桜(おう)」(浦上) »

イカ大根の予感が的中 … 立呑み「やきや」(荻窪)

立呑み「やきや」

 11月も下旬に入った。

 ということは、そろそろ「やきや」のイカ大根が始まるんじゃないか?!

 そんな予感に誘われて、仕事帰りに荻窪に向かった。

 店に着いたのは午後4時半。

 いつものように、店内はすでに満員状態ではあるが、L字カウンターの長辺の真ん中あたりに、ちょうど一人分の空きがあり、そこに立つことができた。

ホッピー

 まずはいつものように「ホッピー」(白セット360円)をもらって、それを作りながらメニューを確認する。

 よしっ! イカ大根の上に貼られていたシールがなくなっている。

「イカ大根、始まってますか?」

 念のために聞いてみると、

「今日から始まったのよ。よくわかったわねぇ。イカ大根の匂いがした?」

 と笑う女将さん。

 そうでしたか。今日からですか!

 予感は正しかったなぁ。

 さっそくその「いか大根」(350円)を注文した。

いか大根

 どーんと出された「いか大根」は、大きな大根が二切れに、一緒に煮込まれたイカ下足が添えられている。

 どうよ、このボリューム!

 今どき、おでん屋でも大根1個が200~300円という店がほとんど。

 その大根が2個ですからねぇ!

 これで去年と値段が変わらず350円というのがありがたい。

 すぐに1杯めのホッピーを飲み干して、「ナカ(焼酎おかわり)」(170円)をもらう。

店内のメニュー

 「やきや」は、今月(2022年11月)に入って値上げしたそうで、イカ料理はほぼ全品が290円となった。

 イカ料理で290円じゃないのは、「げそわさ」の250円と、この「いか大根」の350円という2品だけ。

 これまで短冊メニューで出されていた「いか焼」(290円)は、今回から通常メニューに仲間入りしたようだ。

 「めかぶ」、「みそきゅうり」、「漬物」、「冷奴」の4品は、値段変わらず220円だ。

 飲み物のほうは値上げせず、価格据え置き。

「どっちも値上げしたら申し訳ないものねぇ」

 と女将さんは言うものの、値上げをしてもまだ安いよね。

 もともと「やきや」の価格設定は、原価計算等に基づく厳密なものではない。

 2018年に亡くなった大将(創業店主)が、「この値段なら自分も飲みに行くだろうな」という、客側の目線で価格設定したのが始まりで、それ以降の値上げのときにも、その思いが女将さんに引き継がれているのである。

 我われ呑兵衛にとっては嬉しい限りですが、お店がずっと続いてくれることのほうが、もっともっと大切なので、あまり無理をしないでくださいね。

 2杯のホッピーを飲んでも、まだ「いか大根」は食べ終わらず、さらに3杯めとなるナカをおかわりした。

イカとんび

 とそこへ、他のお客さんから、今日の短冊メニューとして出されている「イカとんび」(290円)の注文が飛んで、焼き台に火が入ったので、私も「イカとんび」を便乗注文した。

 「イカとんび」というのは、イカの口のこと。

 中にある歯に相当する黒い部分(カラストンビ)は取り除かれていて、くるっと真ん丸な肉の部分だけを串に刺して焼いてくれる。

 1串に6個、一人前は2串なので、この「イカとんび」だけで、なんと12匹分のスルメイカが使われているのである! ぜいたくな一品だよねぇ。

 だから通常のメニューには入ってなくて、仕入れられた時だけ、短冊メニューが出されるんだろうな。

 焼き台の上に載った生の状態だとけっこう大きいのに、火が入るにつれて、だんだん小さくなっていく。その分、イカの旨みもギュッと凝縮されていくんですねぇ。

 この「イカとんび」で、ソト1・ナカ4となる4杯めのホッピーも飲み終えた。

 いつもなら、ホッピーを1ラウンド終えたこの時点でお勘定をしてもらい、『1時間半ほど立ち飲んで、今日のお勘定は1,510円でした』となるところなんだけど、久しぶりの「やきや」なので、今夜はもうちょっと楽しんで帰りたい。

いか刺身(生姜)

 2ラウンドめとなる「ホッピー」(白セット360円)と、それに合わせる「いか刺身」(290円)を追加注文した。

 「いか刺身」には、通常はワサビが添えられるんだけど、今日は「いか刺身は生姜しょうがでお願いします」と注文して、ワサビを、おろし生姜に変えてもらった。

 ワサビでいただくのも、生姜でいただくのも、どっちも美味しいので、その日の気分で選んでいる。

 刺身そのものは、「いか刺身」か「いかみみ刺身」(290円)が選べるが、1回の来店で、ひとりで注文することができるのは、どちらか1つだけなので気をつけましょう。

いかみみ焼

 今日は「いか刺身」のほうを選んだので、焼き物を「いかみみ焼」(290円)にして、ホッピーのナカももらった。

 「いかみみ焼」は、スルメイカのエンペラ(ヒレ)の部分を焼いたもの。

 左右につながった、三角形の大きな形のまま焼きあげて、お皿に盛るときに細く切り分けて、マヨネーズも添えて出してくれるのだ。

 このマヨネーズの上に、七味唐辛子を振りかけて、それをつけながら食べるのが美味しいんだなぁ。

 午後6時を回ったところで、店を手伝うヨーコさんもやって来て、女将さん、カイトくん、ヨーコさんという、この店のフルメンバーが勢ぞろいした。

 そのヨーコさんに、2ラウンドめ、3杯めとなるナカのおかわりをお願いする。

自家製塩辛

 そしてつまみは、満を持しての「自家製塩辛」(290円)の注文である。

 他にはない優しい味わいの「自家製塩辛」は、ここ「やきや」でしか食べることができない大名物の逸品なのだ。

 『最後は絶対に自家製塩辛!』と、店に入った時から決めていた。

 本当はホッピー1ラウンドで他のつまみを食べ終えて、最後に「自家製塩辛」を注文するのに合わせて「酒一杯」(280円)を熱燗でもらって、さらにもう1回、その燗酒をおかわりするぐらいのペースがちょうどいいのだが、今日は2ラウンドめのホッピーに入ってしまっているので、燗酒はあきらめた。

 そうそう。その「酒一杯」も、これまでの「北の誉」(辛口〈赤ラベル〉)が、2022年10月で出荷終了となったため、「富貴」に変更になったそうだ。

 「にごり酒」(300円)のほうは変わらず、「にごり酒 親玉 北の誉」が提供されている。

ホッピー8杯め

 最後にもう1杯、ナカをもらって、2ラウンドめのホッピーを飲み終えた。

 そして気がつけば、もう4時間も立ち飲んでいる!

 電車なんかだと10分ほど立ってるだけでも疲れるのに、立ち飲みのときは疲れを感じないんだなぁ。まったく不思議なり。

 立ち飲んだ時間のみならず、飲食した量のほうも、ホッピーがソト2・ナカ8に、八戸産のイカ料理は5品と、いつも「やきや」に来てるときの倍ぐらい。

 そしてお勘定も3,250円と、これまたいつもの「やきや」の2回分ぐらいでした。

店頭のメニュー

 「いか大根」で始まって「自家製塩辛」で〆と、思いっきり「やきや」を堪能することができて、本当に良かった。

 美味しかったなぁ、楽しかったなぁ。どうもごちそうさま!

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年11月24日(木)の記録》

(食べログ) やきや 荻窪店立ち飲み居酒屋・バー / 荻窪駅

|

« 浦の松風、霞むなり。 … 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(本塩釜) | トップページ | 店情報: 居酒屋「桜(おう)」(浦上) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浦の松風、霞むなり。 … 「養老乃瀧(ようろうのたき)」(本塩釜) | トップページ | 店情報: 居酒屋「桜(おう)」(浦上) »