« 店情報: 酒蔵「駒忠(こまちゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 紅葉の季節に鯛づくし … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川) »

ビルの2階は大賑わい … 酒蔵「駒忠(こまちゅう)」(阿佐ヶ谷)

酒蔵「駒忠」

 阿佐ヶ谷駅北口から歩いて1分ほどの酒蔵「駒忠」。

 私自身は初めてやって来たのだが、ビルの2階の店なのに、ものすごく賑わっている。

 客層は老若男女と幅広く、グループ客もいれば、ひとり客もいる。

大テーブル

 『入れるのかなぁ?』とちょっと不安になりながらも、店員さんに「ひとりです」と告げると、「こちらにどうぞ」と、8人ぐらい座れる大テーブルの一角に案内してくれた。

 カウンター席が満席の場合、ひとり客はこの大テーブルに間隔をあけて案内されるようだ。

 ちなみにカウンター席は5席分で、真ん中に感染防止仕切りを立てて、2組のカップルが使っている。

ホッピーとお通し

 飲み物として「ホッピー」(550円)をもらうと、一緒に出された「お通し」(275円)は昆布の煮物だ。

 ジョッキが大きいからかもしれないが、ホッピーのナカ(焼酎)の量が少なく感じるなぁ。

 ホールを行き来している店員さんは5人ぐらいと多いのに、まだ足りないようで、店内にはアルバイト募集中の掲示も出されている。

 ということは、この賑わいは今日だけのことではなくて、毎日なんだろうなぁ。

 こんなにも人気がある酒場とは、まったく知らなかった。

とりあえず一品メニュー

 さてつまみ。

 『とりあえず一品メニュー』には、冷奴、冷やしトマト、甘らっきょ、板わさ、もろきゅう、ねぎ納豆などの「250円メニュー」(275円)や、あじフライ、コロッケ、メンチカツ、さつま揚げ、鳥天ぷら、キムチ納豆などの「300円メニュー」(330円)の他、酎ハイ、ハイボール、清酒一合などの「300円ドリンク」(330円)が、合わせて40品近く並んでいる。

おしながき

 そして通常の「おしながき」には、刺身、酢の物、珍味、サラダ、冷たい食べ物、温かい食べ物。

おしながき(裏面)

 揚げ物、炒め物、焼き物、串焼き、ご飯物、そば・うどん、デザートが、全部で80品ほど。

黒板メニュー

 さらに黒板には、今日の日替りメニューも25品ほど書き出されていて、迷うことこの上なし。

 通常の「おしながき」もそれほど高くはないが、黒板メニューに安いものが多い。

 「あじ刺し」や「鶏レバ刺し」が330円で、「平目刺し」だって550円だ。

 品数の多さに加えて、この安さも、人気の理由のひとつなんだろうなぁ。

あら煮

 かなり迷って注文したのは、黒板メニューの「あら煮」(385円)。

 ホッピー瓶の大きさと比較してもらうとわかるとおり、この「あら煮」が丼(どんぶり)ほどの大きさの食器で出されて、ボリュームたっぷり。

 しかもいろんな魚のアラが入っている。

 これで385円ってどうよ!

あら煮

 「あら煮」のボリュームがすごいので、これだけでホッピーの「ナカ」(220円)を3回もらって、ソト1ナカ4。

 ナカの量に合わせて、ソトを少なめに注いでいたこともあって、ソトがもう1杯分ぐらい残っている。

あら煮

 本当は「あら煮」の他に、もう一品ぐらい食べたいのだが、食べても食べても、「あら煮」が減らない。

 むしろ、帰るまでに「あら煮」をすべて完食することができるかどうかが、最大の課題になってきた。

 魚好きにとっては嬉しい悲鳴である。

冷奴

 なんとか「あら煮」の魚を食べきって、5杯めとなる「ナカ」(220円)とともに、「冷奴」(275円)を注文した。

 この「冷奴」を、「あら煮」の汁に入れて食べようと思っているのだ。

 魚の出汁がいっぱい出たこの汁を残すのはもったいないもんねぇ。

 そしてホッピーも、ソト1ナカ5で、ちょうどソトもなくなった。

酒蔵「駒忠」

 ゆっくりと2時間ちょっとの酒場浴。今夜のお勘定は2,365円。PayPayで支払って店を後にした。

 どうもごちそうさま。

店情報YouTube動画

《令和4(2022)年9月2日(金)の記録》

(食べログ) 酒蔵 駒忠 阿佐ヶ谷店居酒屋 / 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

|

« 店情報: 酒蔵「駒忠(こまちゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 紅葉の季節に鯛づくし … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 酒蔵「駒忠(こまちゅう)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 紅葉の季節に鯛づくし … レストラン「紅葉亭(もみじてい)」(壬生川) »