« 大人気チェーン居酒屋 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(横浜) | トップページ | 再びのトリキから野毛 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(横浜) »

タイにフグに麻婆と卵 … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎)

立飲み処「紫羊」

 長崎駅近くのホテルにチェックインして出かけたのは、駅前の立飲み処「紫羊」だ。

 以前は本当に駅前だったのに、新幹線の開通に合わせて、駅のほうが離れてしまった。

店頭のメニュー

 この店のメニューは店頭にも出されているので、入店前に確認することができる。

 今日のお刺身(350円)は「鯛」と「たこ」。

 その他の日替りメニューとして「ふぐ一夜干し」(300円)、「マーボー豆ふ」(250円)、「玉ねぎの酢の物」(250円)、「ところ天」(200円)があるようだ。

店内の様子

 「ひとりです」と入った店内には先客は一人だけ。

 年配のご常連と思しき男性客が、U字の立ち飲みカウンターの右奥に椅子を出して座って飲んでいる。

 ここは基本的に立ち飲みなんだけど、折りたためる椅子も何脚か用意されていて、立って飲むのが苦手な人は、それを使って座って飲むことができるのだ。

生麦酒

 私はその先客とは反対側の、U字カウンターの左手前に立ち、まずは「生麦酒なまビール」(370円)をもらった。

 ここに来ると、いつもはアサヒかキリンが選べる「瓶麦酒びんビール」(中瓶510円)からスタートしていたのだが、いちど「生麦酒」も試してみようと思って注文してみた次第。

 『ジョッキの生ビールが370円で飲めるとしたら、けっこう安いよなぁ』と思いながら注文したのだが、出された「生麦酒」は、ちょっと大きめの専用グラスに入ったものでした。

 まぁ妥当な価格設定ですよね。キュッとのどを潤すにはちょうどいい。

鯛刺身

 つまみの1品めは「鯛刺身」(350円)。

 長崎県の漁業生産量は、北海道に続く第2位。漁獲できる魚種は全国1位。

 真鯛の漁獲量も1位:長崎県、2位:福岡県、3位:愛媛県、4位:兵庫県、5位:島根県となっていて、この5県で全国漁獲量のほぼ半分ぐらいの真鯛を獲っているのだ。(食品データ館の情報による。)

お金用トレイ

 ちなみに支払いは品物との引き換え払い(キャッシュ・オン・デリバリー)。

 カウンター上に置かれているトレイにお金を入れておくと、そこから取って、お釣りを戻してくれるのだ。

麦焼酎「壱岐」

 最初の「生麦酒」を、あっという間に飲み干して、ここに来ると毎回いただいている麦焼酎「壱岐」(330円)を注文した。

 「壱岐」は専用の柔らかく曲がった酒器で、ストレートの状態で出され、それとは別に氷入りのグラスを出してくれる。

 このグラスに、自分の好きな量の「壱岐」を注いで、ロックで飲みたい人はそのままで、水割りにしたい人はカウンター上に置かれている水を足していただくのである。

水割りで

 私はいつも、ちょっと濃いめの水割りにしていただいている。

 麦焼酎発祥の地と言われている壱岐。

 年貢の対象外だった麦を主食とする傍ら、中国から伝来した蒸留技術を用いて、麦焼酎を造り始めたんだそうな。

ふぐ一夜干し

 2品めのつまみは「ふぐ一夜干し」(300円)。

 注文を受けてからサッと炙って出してくれた。

 麦焼酎水割りとの相性も抜群ですね。

マーボー豆ふ

 3品めに「マーボー豆ふ」(250円)を注文し、麦焼酎「壱岐」もおかわりした。

 U字カウンターの左手奥側には、別室の厨房もあって、そこで「ふぐ一夜干し」を炙ったり、「マーボー豆ふ」を温めたりしてくれるのだ。

ゆで卵

 「マーボー豆ふ」をほぼ食べ終えたところで、さらに麦焼酎「壱岐」をおかわりし、4品めのつまみとして、定番メニューの中から「ゆで卵」(1個60円)をもらった。

麻婆ソースでゆで卵

 そしてその「ゆで卵」を、ちょっと残っていた「マーボー豆ふ」のトロトロソースと一緒にいただいた。

 ゆっくりと2時間ほど立ち飲んで、今日の総支払額は2,320円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和4(2022)年9月8日(木)の記録》

(次回) 24.03.02 すり身揚げで壱岐焼酎 … 立飲み処「紫羊(しよう)」(長崎)

(食べログ) 立ち飲み処 紫羊居酒屋 / 長崎駅前駅桜町駅五島町駅

| |

« 大人気チェーン居酒屋 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(横浜) | トップページ | 再びのトリキから野毛 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(横浜) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人気チェーン居酒屋 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(横浜) | トップページ | 再びのトリキから野毛 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(横浜) »