« 〆は猪鍋焼きラーメン … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知)他 | トップページ | 店情報: 山海喰処「禄文銭(ろくもんせん)」(本八戸) »

小イワシにイカメンチ … 炭火焼「きさぶろうのやきとり」(野方)他

きさぶろう

 自宅からトコトコと歩いて、野方の「きさぶろうのやきとり」に到着したのは午後4時過ぎ。

Dsc06103a

 入ってすぐ左手のカウンター席の一角に腰を下ろし、まずは「酎ハイ」を注文した。

 この店は午後6時までがハッピーアワー。通常320円の酎ハイが200円で、通常380円の角ハイボールが280円で飲めるのだ。

サラダ2点盛り

 看板メニューの『やきとり』を5本注文して、それを待つまでの間のつまみとして、「サラダ2点盛り(ポテトサラダと浅漬)」(350円)ももらった。

 ここは席料(100円)は付くが、お通しは出ない。サッと出てくる「サラダ2点盛り」などのつまみは、飲み始めのつまみとしてちょうどいいのだ。

しろ

 やきとり5本の中で、最初に焼き上がってきたのは「しろ」(120円)のタレ焼き。

 タレが、みたらし団子のタレのように甘い。七味唐辛子をかけると、すごくいい感じ。

 串から外して、タレをたっぷりと絡めて、七味唐辛子をまぶすようにしていただくと、酎ハイも進むねぇ!

 あっという間に酎ハイもおかわりだ。

皮、もも肉、うずらの卵

 「皮」(120円)、「もも肉」(80円)、「うずらの卵」(110円)のタレ焼きもできあがった。

 「もも肉」の1本80円というのは宣伝用の特別価格のようだ。店頭にも「もも焼鳥1本80円」、「もも串1本80円」、「若鶏もも串80円」などなどと、あちこちに掲示されている。

砂肝

 「砂肝」(110円)は、塩焼きでいただいた。

 カウンター席(全5席)に座っているのは、ひとり客のみ。2名以上はテーブル席に通されるようだ。

 お店の方針で『テーブル席での相席はなし』。

 すでに1階のテーブル席は全卓が使われていて、新しく入ってきたお客さんたちは2階に案内されている。

 店頭で持ち帰りの焼き鳥を注文するお客さんもいて、連休中でも大にぎわいだ。

店内の短冊メニュー

 料理のほうは、卓上に置かれている定番メニューに載っている約100品に加えて、日替りの今日のおすすめメニューなどが、店内のあちこちに短冊メニューとして貼り出されている。

小イワシの塩焼

 そんな短冊メニューの中から「小イワシの塩焼」(190円)を注文し、3杯目の酎ハイをもらった。

 呉にいたときにしょっちゅう食べていた大好物の小イワシ。東京でも食べられるとは嬉しいなぁ!

いかメンチ

 現在の時刻は午後5時40分。まだハッピーアワーだ。4杯目の酎ハイをおかわりし、つまみには「いかメンチ」(300円)を注文した。

いかメンチ

 揚げたて熱々で出された「いかメンチ」の中は、小さく刻んだイカの身がたっぷりと入っている。

 「いかメンチ」は青森の郷土料理。これまた野方でも食べられるのがすごく嬉しいなぁ!

きさぶろう

 ゆっくりと2時間ほど楽しんで、お勘定は2,280円でした。どうもごちそうさま。

 ちなみに「きさぶろうのやきとり」での支払いは現金のみです。

酒場散策

 「きさぶろうのやきとり」を出たものの、まだ6時過ぎ。

 だいぶ日も長くなってきて、まだ明るいので、野方→都立家政→鷺ノ宮と、連休中でも営業している酒場を、の~んびりと見て歩く。

ペルル

 おっ! 「ペルル」がやっているではないか!

 ということで、久しぶりの「ペルル」である。

ウイスキー水割り

 キープしているウイスキーのボトルを出してもらって水割りで。

 本当にときどきしか来てないのに、ずっとボトルを置いていていただいて申し訳ありません。

店内のメニュー

 現在、「ペルル」を切り盛りされているのは、長崎出身のともちゃん。

 店のメニューなども、前とはちょっと変わっている。

 でもお店に集まる常連さんたちは、昔からの変わらぬ面々なのが嬉しいかぎり。

ニューボトルも入れて

 懐かしいみなさんと、ゆっくりと過ごさせていただき、ニューボトルも入れてのお勘定は5,500円。PayPayで支払って、午後9時ごろに店を出た。どうもごちそうさま。

 長いと思っていたゴールデンウィークの連休も、明日で終わりだ。あっという間だったなぁ。

・「きさぶろうのやきとり」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回) 《YouTube動画

《令和5(2023)年5月6日(土)の記録》

(次回) 23.12.09 おつまみ焼きそばで〆 … 炭火焼「きさぶろうのやきとり」(野方)

(食べログ)
炭火焼 きさぶろうのやきとり焼き鳥 / 野方駅都立家政駅
ペルルバー / 鷺ノ宮駅都立家政駅

| |

« 〆は猪鍋焼きラーメン … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知)他 | トップページ | 店情報: 山海喰処「禄文銭(ろくもんせん)」(本八戸) »

コメント

師匠、まだ当時のボトルを残していただいているのに驚きました。私は札幌から博多と渡り歩き、『ペルル』になかなか行けません。ボトルを守っていただきありがとうございます。

投稿: にっきー | 2023.05.23 20:26

にっきーさん
ほとんどのボトルは、ネモさんが入れ続けてくれてました。
私自身が入れたのは、ほんの数えるほどしかありません(^^;;
今後も、なんとかこのボトルを続けていきたいと思っていますので、にっきーさんもぜひ「ペルル」に足をお運びくださいね。

投稿: 浜田信郎 | 2023.05.24 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〆は猪鍋焼きラーメン … 居酒屋「葉牡丹(はぼたん)」(高知)他 | トップページ | 店情報: 山海喰処「禄文銭(ろくもんせん)」(本八戸) »