« 店情報: 「鳥貴族(とりきぞく)」(赤坂見附) | トップページ | 弥生3月アサリが旨い … 中華料理「相一軒(あいいちけん)」(神戸)他 »

一ツ木通りでハシゴ酒 … 「鳥貴族(とりきぞく)」(赤坂見附)他

Dsc06555a

 今宵は赤坂・一ツ木通り(ひとつぎどおり)でハシゴ酒。

 3軒めとしてやってきた「鳥貴族 赤坂一ツ木通り店」でいただいた「ふんわり山芋の鉄板焼」(360円)の美味しいこと!

 同行のGさんの友人は、ご家族で「鳥貴族」に行くと、必ずひとり1個ずつ「ふんわり山芋の鉄板焼」を注文するほど、この料理が好きなんだそうな。

 確かに! 『ひとり1個ずつ』というのも十分に納得できる美味しさですよねぇ。

Dsc06523a

 今日の一ツ木通りでの1軒めは、ひとりゼロ次会でやって来た「串カツ田中 赤坂店」。

 店に着いたのは午後4時半だったので、当然のようにハッピーアワーの「レモンサワー」(99円)をもらうと、すぐに定番の「お通し」(280円)である『おかわりし放題のキャベツ』も出された。

Dsc06524a_20230708173301

 つまみには「田中の肉豆腐」(390円)をもらう。

 「串カツ田中」のメニューには、肉うどんがうどん抜きで注文されたことから生まれた、大阪ではおなじみという「肉吸い(豆腐入り)」(560円)も載っている。

 ゼロ次会ではなくて、「串カツ田中」でじっくりと呑む機会があれば、ぜひこの「肉吸い」も食べてみたいなぁ。

Dsc06525a_20230708173301

 すぐに「レモンサワー」もおかわりだ。

 ちなみにハッピーアワーじゃない時は、「ホッピー」(450円)に、「中だけ」(250円)をおかわりしながら飲むのがお得そうだ。

 その次が「ジムビームハイボール」(399円)。それ以外の酒類はすべて450円以上である。

Dsc06529a

 串カツは「串カツ牛」(170円)と「レンコン」(100円)を注文。

 これに卓上に置かれているソースをかけていただくわけですね。

 最後にもう1杯、ハッピーアワーの「レモンサワー」をもらって、午後5時半にはお勘定。

 1軒めの「串カツ田中」は1,237円でした。

Dsc06535a

 「串カツ田中」を出て、同じブロックを、クルッと反対側に回ると、そこが「赤札屋 弁慶」だ。

 「赤札屋 弁慶」は午後4時開店の人気酒場。金曜日の午後5時半過ぎとなると、きっと多いに違いないので、今日は事前に『午後5時45分に3人で』と予約してやってきたのでした。

Dsc06540a

 この店から飲み始める、私以外の二人は「生ビール キリン 中ジョッキ」(420円)を、すでに2軒めの私は「メガジョッキチューハイ(レモン入り)」(250円)をもらって乾杯すると、定番の「お通し」(390円)である『小さな冷奴』が人数分出された。

 料理も飲み物もコストパフォーマンスがいい「赤札屋」の中で、唯一、コストパフォーマンスが悪いのがこの「お通し」なのだ。

 チューハイなどがすごく安いので、つまみをほとんど注文せずに、飲んでばかりのお客さんもいるんだろうなぁ。その対策として、ちょっと高めの、席料も含んだ感じの「お通し」を出すようになったんじゃないかと私は思っています。

Dsc06542a_20230708173301

 ここぞとばかりに注文したつまみは、ひとりだと、これだけで満腹になってしまいそうなボリュームの「ポテトサラダ」(350円)だ。

 以前から、何人かでこの店に来る機会があれば、必ず注文しようと思っていたのだ。

Dsc06536a_20230708173301

 さらには、日替りの手書きメニューなども確認しながら、それぞれが食べたい料理を注文し、シェアすることにした。

Dsc06541a_20230708173301

 モツ好きの私は迷わず「ガツポン酢」(400円)を注文。

Dsc06543a_20230708173601

 こちらは「きゅうり一本漬」(300円)。いかにも『一本』というビジュアルが楽しいですねぇ。

Dsc06544a_20230708173701

 「ブリ揚げ煮(2枚)」(380円)。

 この他、ホワイトボードには「赤魚煮付け」(380円)や「サバみそ煮」(300円)、「イカマリネ」(350円)などの魚介系メニューも並んでいる。

Dsc06545a_20230708173601

 2杯めの飲み物として「メガトリスハイボール」(350円)や「ざくろサワー」(390円)、私は変わらず「メガジョッキチューハイ(レモン入り)」をもらい、追加したつまみは「ニンニク芽ベーコン炒」(450円)。これも今日のホワイトボードからの一品だ。

Dsc06546a_20230708173601

 前回いただいて美味しかった「ドカン鉄板焼」(450円)も注文すると、お二人からの評判も良くてひと安心だ。

Dsc06548a

 3杯めの飲み物の途中、午後7時半になったところで、「次の予約の方が待ってますから」とレシートが出てきた。

 そうそう。予約する時点で「2時間まででお願いします」と言われていたので、7時45分までには店を出ないといけないのでした。

 あと15分か。楽しい飲み会に2時間制限は、やっぱりきついなぁ。

 お勘定は3人で6,760円(ひとり当たり2,253円)でした。

Dsc06550a_20230708173601

 ちょうど盛り上がってきたところだったので、「もう1軒行きましょう!」とやって来たのが、冒頭でご紹介した「鳥貴族 赤坂一ツ木通り店」だったのでした。

 金曜日の夜だけあって、もちろんこの店も満員。

 店があるビル3階のエレベーター前には空席待ち用の椅子も置かれていて、何組かの人たちが座って待っている状況だ。

 我われ3人も入店待ちのシートに名前を記入して、そこで待つことにした。

Dsc06551a_20230708173601

 30分ほど待ったところで席に案内され、またまた「メガレモンサワー」(360円)などをもらって、本日2度めの乾杯である。

 ひとりで待ってると長く感じる30分だけど、3人でワイワイと待っていると、30分なんてあっという間ですね。

Dsc06552a_20230708173601

 タブレットから注文したのは、おかわりし放題の「キャベツ盛」(360円)と「砂ずり(砂肝)」(360円)。

Dsc06553a_20230708173601

 そして「もも貴族焼(たれ)」(360円)と「もも貴族焼(塩)」(360円)。

Dsc06554a_20230708173601

 さらには「ちからこぶ塩」(360円)。これは骨を抜いて食べやすくした手羽元なんだそうな。

 「鳥貴族」は全品360円均一で分かりやすいんだけど、焼鳥は基本的に一皿2本。3人では分けにくいので、串から外していただきました。

Dsc06556a

 それぞれ飲み物をおかわりしつつ、「キャベツ盛」のおかわりももらって、冒頭でご紹介した「ふんわり山芋の鉄板焼」を注文したのでした。

 話もさらに盛り上がり、気がつけば滞在時間はもう3時間以上。

 たっぷりと楽しんで、お勘定は3人で5,400円(ひとり当たり1,800円)でした。

 どうもごちそうさま。

・「串カツ田中」の店情報前回) / 「赤札屋 弁慶」の店情報前回) / 「鳥貴族」の店情報関連前回) 《YouTube動画

《令和5(2023)年5月19日(金)の記録》

(食べログ)
串カツ田中 赤坂店串揚げ / 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅
赤札屋 弁慶居酒屋 / 赤坂見附駅赤坂駅溜池山王駅
鳥貴族 赤坂一ツ木通り店焼き鳥 / 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

| |

« 店情報: 「鳥貴族(とりきぞく)」(赤坂見附) | トップページ | 弥生3月アサリが旨い … 中華料理「相一軒(あいいちけん)」(神戸)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 店情報: 「鳥貴族(とりきぞく)」(赤坂見附) | トップページ | 弥生3月アサリが旨い … 中華料理「相一軒(あいいちけん)」(神戸)他 »