« 酒場はじめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 年明け3軒めの酒場は … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

年明け初のモツに酔う … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

Dsc01779a_20240127142001

 昨日は荻窪「やきや 」で今年の『酒場はじめ』。

 そして今日は野方「すっぴん酒場」に『モツぞめ』にやって来た。

Dsc01780a

 奥で飲んでいる先客の少し手前、立ち飲みカウンターの中央部に立つと、すぐに「黒ホッピー」(450円)を出してくれる。

 この店のホッピーは、黒だけなのだ。

Dsc01781a

 追いかけるようにお通し(200円)のお新香も出される。

 これを箸代わりの2本の竹串でいただくのが「すっぴん酒場」流。

Dsc01782a_20240127142001

 私はホッピーを混ぜるのにも、この竹串を使っています。

Dsc01783a

 さぁ、そしていよいよ今年の『モツぞめ』。

 いつものように「れば」(150円)、「ちれ」(150円)、「しろ」(150円)の3種類を1本ずつ注文すると、まずは「れば」が焼き上がってきた。

 焼きあがったもつ焼きを、親子丼やカツ丼などを作るときに用いる親子鍋の上に、キャベツを敷いて出してくれるのも「すっぴん酒場」流だ。

Dsc01784a

 ちょっとだけ『よく焼き』気味に焼いてくれるのが「すっぴん酒場」の特徴で、私はこの焼き加減の大ファンなのだ。

 さらに、もつ焼きの味付けを指定しない常連さんが多いのも、「すっぴん酒場」の大きな特徴だろうな。

 私もいつも味付けは指定せずに注文している。そうすると「れば」はタレ焼きで出してくれるのだ。

Dsc01785a

 続いて「ちれ」がやって来た。こちらは塩焼き。

 お寿司屋さんで、握りずしを1つずつ出してくれるのと同じように、1本ずつのもつ焼きの焼き加減をていねいに確認しながら、焼きあがった順に1本ずつ、親子鍋の上に置いてくれるのだ。

 かつてはチレ(脾臓)はあまり好きではなかった。プニプニと頼りなげな食感が、『なんだかなぁ…』という印象だったのだ。

 ところが、ここ「すっぴん酒場」の「ちれ」を食べて、チレの印象が一変した。

 チレにこそ、『よく焼き』気味の焼き加減がベストマッチなのだ。間に脂身を挟んでくれてるのもいいよね。

Dsc01786a

 そして「しろ」のタレ焼き。

 これはかつて『中野の逸品グランプリ』にも選ばれたもので、この店の名物料理のひとつでもある。

 カリッと焼けた表面と、内部のチュルトロ感のバランスがいいのだ。

 あぁ、やっぱり旨いっ!

 「しろ」を何本も注文するお客さんがいるのも納得できるよなぁ。

Dsc01787a

 黒ホッピーの焼酎おかわり、「中身」(250円)をもらって、つまみには「煮込み」(450円)と「さがり」(150円)、「ぱい」(150円)を注文。

 まず「さがり」が焼きあがってきた。

 「さがり」は横隔膜の筋肉の部分。ネギを挟んで塩焼きで仕上げてくれている。

Dsc01788a_20240127142201

 「ぱい」も塩焼き。これは豚の「チチカブ(乳房)」である。

 脂肪たっぷりの部位なんだけど、焼くとサクッとした、いい食感になるのだ。

Dsc01789a_20240127142201

 「煮込み」もできあがった。

 ここの「煮込み」は、注文を受けてから人数分を小鍋に取り分けて、豆腐を追加して仕上げてくれるので、できあがるのにちょっと時間がかかるのだ。

 しかしこの『ひと手間』で、とても美味しい「煮込み」になるんだなぁ。

 「煮込み」もまたファンが多い、「すっぴん酒場」の名物料理のひとつなのである。

Dsc01790a_20240127142201

 その「煮込み」をいただきつつ、3杯めとなる「中身」(250円)をもらう。

Dsc01794a

 さらに「煮込み」をほぼ食べ終えたところで、4杯めの「中身」(250円)をもらって、これでソト(瓶の黒ホッピー)もなくなった。ソト1・ナカ4の分量である。

Dsc01795a

 つまみには「あぶらにんにく」(150円)と「ハラミナンコツ」(150円)を注文。

 先に焼きあがってきたのは「あぶらにんにく」だ。

 これはPトロ(豚の頬から首の部位)の表面にある脂の部分とニンニクを交互に刺して焼いたものなんだけど、この脂が、Pトロの仕込みをするときに副産物的にできるものなので、取れる量もごくわずか。すぐに売り切れてしまうのだ。

Dsc01796a

 「ハラミナンコツ」もできあがった。

 串の先のほうにハツの弁の部分や動脈の部分が、まん中に喉頭(のどがしら)をたたいた軟骨部分が、そして根元にハラミが刺されていて、食べるにつれて味わいや食感が変わるという、なんともぜいたくな逸品なのである。

Dsc01797a

 とっても幸せな『モツぞめ』を終えて、ゆっくりと2時間ちょっとの立ち飲みタイム。

 キャッシュオンでの支払い合計は2,900円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和6(2024)年1月12日(金)の記録》

(食べログ)すっぴん酒場もつ焼き / 野方駅都立家政駅

| |

« 酒場はじめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 年明け3軒めの酒場は … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 酒場はじめのイカ大根 … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 年明け3軒めの酒場は … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉) »