« 魚もあるし鳥もあるし … 炭火焼「きさぶろうのやきとり」(野方) | トップページ | 店情報: 「とんぼ」(釜石) »

神戸に来ると必ずここ … 「赤ひげ 姉妹店」(新開地)

Dsc02233a

 神戸に来ると必ずここ、新開地の「赤ひげ 姉妹店」だ。

 すっかり自分の定番の酒場になってきた。

Dsc02236a

 午後4時の店内はにぎわっていたが、カウンター席の一番奥が空いていて、そこに座ることができた。

 そしていつものとおり『ワンビア・グラス』である。

 これは店のおにいさん、おねえさんたちの符丁で、「瓶ビール(大)」(540円)のこと。

 ちなみに二人で来て、「瓶ビール(大)」を1本だけ注文すると、『ワンビア・トゥーグラ』となり、コップ(グラス)を二つ出してくれるのだ。

 「瓶ビール(大)」の銘柄は『アサヒスーパードライ』です。

Dsc02237a

 そして1品めのつまみは、関西の冬の定番、「粕汁」(280円)だ。

 なんとこの1杯で、「粕汁」が売り切れた。

 うぁ~~っ、危なかったなぁ。最初に注文して良かった。

 「粕汁」はどうしても食べたかったんだ。

 最後の1杯だからか、すっかり煮詰まっていて、塩味も濃い(笑)

 それがまたいいつまみになるのぉ。

 細切りにした大根、人参、こんにゃく。具が多いのもいいね。

Dsc02242a_20240221140801

 さらには「コロッケ」(150円)も追加注文。

 2024年1月11日放送の「秘密のケンミンSHOW極」で、神戸を中心に兵庫県民のコロッケ事情が特集されていて、『神戸に行ったらぜひコロッケも食べてみよう』と思っていたのだ。

 揚げたてにソースをたっぷりかけて、ゆでもやしと一緒に出してくれた「コロッケ」。

 これはこれですごく美味しいんだけれど、いつも東京で食べているコロッケとの特別な違いは感じないなぁ……。

 でも、神戸っ子にとってコロッケは、夕食のメインディッシュになるおかずなんだそうです。

Dsc02247a_20240221140801

 ビールを飲み切って、「麦焼酎」(330円)を水割りでもらうと共に、「マグロのすき身」(350円)も注文した。

 マグロと言えば東日本のイメージが強いが、実は延縄はえなわ漁法による生鮮まぐろの水揚げ日本一は、和歌山の勝浦漁港なんだそうで、神戸の酒場でもマグロはよく見かけるのだ。

Dsc02240a_20240221140801

 今日のメニューにも、この「マグロのすき身」の他、「マグロ造り」(350円)、「マグロのとろ造り」(680円)が並んでいる。

 なお、この「マグロのとろ造り」の680円という値段が、今日並んでいるメニューの中での最高価格である。

Dsc02251a_20240221140801

 2番目は「石かれい煮付」の480円。3番手は「生かき酢」、「かきフライ」、「焼がきポン酢」、「白子ポン酢」、「なまこポン酢」、「穴子天婦羅」、「牛ステーキ」などの450円だ。

 それら以外の品は、すべて400円未満。この安さがうれしいよね。

 最初はこの安さに引かれて通うようになったんだけど、今は美味しいから通ってる。

 美味しいのに安い。だから人気があるんだねえ。

 神戸のみならず、日本中どこの土地に行っても、毎日のように飲みにくる地元の呑兵衛たちは、安くて美味しい酒場をよく知っている。

 各地に出かけて、そういう酒場に出会えることが、私にとっても大きな楽しみなのです。

Dsc02250a

 そんな400円未満の品の中から、「のどぐろ天婦羅」(380円)を『出汁かけ』で注文し、「麦焼酎」(330円)の水割りもおかわりだ。

 すべての天婦羅メニューは、そのまま天婦羅として出してもらうこともできるし、『出汁かけ』で出してもらうこともできる。

 『出汁かけ』の場合には、揚げあがった天婦羅をお椀に入れて、そこに湯豆腐の出汁をかけてくれるのだ。

 これが美味しくて、今は天婦羅を注文するときは、必ず『出汁かけ』にしてもらっているのでした。

Dsc02256a_20240221140801

 3杯目の「麦焼酎」(330円)水割りをもらって、つまみと〆を兼ねて注文したのは「やきオニギリ」(2個200円)だ。

 ゴォーッとバーナーの炎をあてて仕上げてくれるので、表面が黒くなっているが、ガチガチに硬いわけではない。

Dsc02258a

 このために残しておいたような「粕汁」の汁と、「のどぐろ天婦羅」の『出汁かけ』の汁、そして時々「やきオニギリ」をつまみながら飲む飲む飲む。

 あぁ、幸せじゃ!(笑)

Dsc02264a

 午後6時過ぎまで、2時間ちょっとの『酒場浴』。

 今宵のお勘定は2,890円でした。どうもごちそうさま。

店情報前回) 《YouTube動画

《令和6(2024)年1月22日(月)の記録》

(食べログ) 赤ひげ 姉妹店居酒屋 / 新開地駅湊川公園駅湊川駅

| |

« 魚もあるし鳥もあるし … 炭火焼「きさぶろうのやきとり」(野方) | トップページ | 店情報: 「とんぼ」(釜石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 魚もあるし鳥もあるし … 炭火焼「きさぶろうのやきとり」(野方) | トップページ | 店情報: 「とんぼ」(釜石) »