« 2024年3月 | トップページ

2024年4月

好物を封印して新料理 … 立ちのみ「いなせや」(京都)

Dsc03837a

 京都駅のすぐ近くにある、立ちのみ「いなせや」にやって来た。

 店に着いたのはちょうど昼どきの12時半。

 平日は午後3時開店の「いなせや」ながら、土日祝日は午前11時半から開いていて、昼飲みもできるのだ。

Dsc03822a

 『大人気店だから、もしかすると昼から満員かもしれないなぁ』と心配しながら店にたどり着いたのだが、「ひとりです」と入ると、「奥のほうへどうぞ」と案内されてひと安心。

 先客は店の奥のほうに4人ほど。

 この酒場に来るのは、これで3回めだが、初回は入口を入ってすぐ左手の壁際のカウンター席(写真の右上部)で、2回めは厨房前のカウンター席(写真の左上部)で飲む機会を得た。

 今回は一番奥の、食材の冷蔵庫や食器の洗い場がある前である。

Dsc03819a

 その場所に立つなり、まず注文したのが「プレーンサワー」(250円)である。

 この店は、料理はもちろん、飲物も安いのが呑兵衛にとっては、すごくありがたいのだ。

Dsc03838a

 さて料理。今回、3度めの「いなせや」に来るのにあたって、心に決めていたことがある。

 それは、『今回はあえて名物料理の「出し巻き玉子」(330円)と、大好物の「たい荒炊き」(390円)は封印して、今までに食べたことがないものを食べてみよう!』ということだ。

 人気がある「いなせや」の情報は、ネット上にも数多く載っている。そこに写っている料理が、どれも美味しそうなのだ。

Dsc03821a

 その筆頭がこれ! 「ポテトサラダ」(200円)である。

 ポテトサラダと言いつつ、いろんな具材がたっぷりと入っている。

 しかもこれが200円ってどうよ!

 こりゃもう、さっそくリピート決定だなぁ。

Dsc03824a

 ゆっくりと「ポテトサラダ」を食べ終えて、2品めとして注文したのは「水ぎょうざ」(360円)だ。

 この「水ぎょうざ」は、店のインスタグラムにも載っていて、これまた見るからに美味しそうだったのだ。

 「熱いですから、器に触れないように気をつけてくださいね」と言いながら出してくれた「水ぎょうざ」。出てきてもなお、まだぐつぐつと煮えている。

Dsc03826a

 熱気を感じる器の中には、小さめの餃子が6個。

 これを一緒に出されたポン酢醤油の小鉢に取り分けながら、ハフハフといただきます。

 いやいや、予想どおり、これも美味しいですねぇ。

 「水ぎょうざ」が出てきたタイミングで、「プレーンサワー」(250円)もおかわりである。

Dsc03827a

 いま立っている場所からは、カウンターの上段にずらりとスタンバイされている煮魚がよく見える。

 手前の2つが「さば煮付け」(330円)で、その奥がずらっと「たい荒炊き」(390円)だ。

 これだけたくさん「たい荒炊き」が並んでるってことは、やっぱり「たい荒炊き」も人気料理なんだね。

 左どなりで飲んでいるお兄さんのつまみも「たい荒炊き」だ。

 鯛そのものもさることながら、一緒に煮込まれて添えられているゴボウが旨いんだなぁ。

Dsc03831a

 しかしながら、今日の私は「たい荒炊き」は封印だ。

 それに代わるつまみとして、「豚汁」(310円)を注文し、3杯めとなる「プレーンサワー」(250円)もおかわりだ。

 この「豚汁」が、大根、にんじんなどの野菜がたっぷりで美味しい。

 特に皮付きのまま斜め切りにしたゴボウが旨いなぁ。

 豚肉らしい豚肉は少ししかないんだけど、存在感があって美味しい。

 しかしながら最後の汁を飲み干すと、細切れになった豚肉がたっぷりと口内に残るので、もしかすると豚肉の多くは、すごくよく煮込まれて、汁の一部になってしまっているのかもしれない。

 その分、汁の旨みがグンとアップしてるんだろうな。

 この「豚汁」もまた、リピート候補である。

Dsc03833a

 その「豚汁」を飲み終え、3杯めの「プレーンサワー」も飲み終えたところで、午後1時半。

 入店から1時間が経過した。

 ふと気がつくと、店内は8割がたが埋まっている。昼からすごいねぇ!

 次にいつ来れるかわからない京都なので、私ももう1杯、「プレーンサワー」(250円)を飲んでいくことにした。

Dsc03835a

 その4杯めの「プレーンサワー」に合わせて注文したのは「砂肝のコンフィ」(310円)だ。

 メニューをながめていて、『コンフィってなんだろう?』と気になったのだ。

 すぐにスマホで調べてみると、『コンフィ(confit)とは、フランス料理の調理法のひとつで、食材を低温の油でじっくりと煮た料理です』とある。

 その説明を見ても、まだ何だかよくわからなかったので、実際にその「砂肝のコンフィ」を注文してみたのでした。

 ほんわりとあったかい「砂肝のコンフィ」は、カットした砂肝が5個。

Dsc03829a

 店員さんが来ているTシャツの背中には、「いなせや」をはじめ、いろんな店のロゴがプリントされている。

 「いなせや」を運営しているのは、京都を拠点に10軒ほどの飲食店を展開している株式会社ギャラント。しかも立ち飲み屋だけではなくて、いろんな業態があるようなのだ。

 会社が設立されたのは2010年10月、ここ「立ちのみ いなせや 京都駅前店」は2015年9月のオープンと、まだ創業9年に満たない若いお店なのだ。

 それでこの人気なんだから素晴らしいよね。

Dsc03840a

 午後2時前まで、1時間半ほど立ち飲んで、今日のお勘定は2,180円。支払いは現金のみです。

 やぁ美味しかった。どうもごちそうさま。

 大好きな2品(出し巻き玉子&たい荒炊き)を封印したら、新たなリピート候補2品(ポテトサラダ&豚汁)を見つけてしまったなぁ。

 これは困った。次回、何を食べればいいのか、早くも迷っている。

 大食いの人たちの、でっかい胃袋がうらやましいぞ!

店情報前回) 《YouTube動画

《令和6(2024)年3月30日(土)の記録》

| | | コメント (0)

メガチューハイが百円 … 「赤札屋(あかふだや)」(四ツ谷)

Img_1930a

 四ツ谷駅から歩いて5分ほど。新宿通りと並行する飲食店街、「しんみち通り」の中にある激安居酒屋「赤札屋」にやってきた。

 なにしろ「メガチューハイ(レモン入り)」が100円、写真の「四点盛刺身(マグロ、ブリ、サーモン、イカ)」が400円と言うんだから恐れ入る。

Img_1932a_20240402212001

 コロナ以降、早めに会社に行って、早めにあがるというタイムシフト勤務を続けている。

 1時間半ほどのタイムシフトなんだけど、これによって行きも帰りも、ほぼ座って通勤できるのがありがたくて、コロナが下火になった今もなお、タイムシフトを続けているのでした。

 このタイムシフトで唯一困るのが、夕方の飲み始めの時間が、みんなと合わないことだ。

 たいていの飲み会は、開始時刻が午後6時からとなる。

Img_1933a

 そうすると、4時前にはあがっている自分にとっては、2時間ほどの待ち時間ができてしまうのだ。

 たまたま仕事が押してたりすると、仕事をしてつないだりすることもあるのだが、ほとんどの場合は『ひとりゼロ次会』となる。

 そして、みんなとの飲み会の前のこの『ひとりゼロ次会』は、私のとても好きな時間でもあるのでした。

Img_1931a_20240402212001

 今日も午後6時からの飲み会のその前に、ひとりでここ「赤札屋」にやってきた。

 店の奥のほうにある4席分のカウンター席の一番奥側に座り、まずは最初の「メガチューハイ(レモン入り)」(100円)を注文した。

 前に来たとき(2023年3月)には、普通の「チューハイ(レモン入)」が100円、「メガチューハイ(レモン入)」は150円だったのだが、今はなんと、普通のチューハイもメガチューハイも、どちらも100円と、同額になっている。

 こうなると、呑兵衛は絶対に『メガ』のほうをたのむだろうなぁ。

Dsc05284a_20240402212001

 そのメガチューハイと一緒に出される「お通し」(330円)が、小皿に一切れの小さな小さな冷奴。

 いろんなものが激安のこのお店にあって、この「お通し」だけが唯一「高いっ!」と感じる品物なのだ。

 なにしろメガチューハイが100円なので、つまみなしでも飲める本格的な(?)呑兵衛の人は、料理は何もたのまずにメガチューハイだけを3杯も4杯も飲んでしまうかもしれない。

 そういう場合でも、少しは元が取れるように、このお通しをちょっと高い値段設定にしてるんだろうなぁ。(あくまでも私の推測です。)

Img_1935a

 その最初のメガチューハイと一緒に注文したのが、ひとり用の小鍋で出される「アサリ酒蒸し」(350円)だったのだが、なんとこの「アサリ酒蒸し」を食べ終えてから、デジカメにメモリーカードを入れ忘れていることに気がついた。

 つまり、入店前の店の外観から、入店後の最初のメガチューハイ、お通しの冷奴、そしてアサリ酒蒸しまで、本人はしっかりと画像を残したつもりでいたんだけれど、いっさい残っていなかったってことだ。

 あららぁ~っ、なんてことでしょう。けっこう長く居酒屋ブログを続けているが、こんなことは初めてだ。年を取ってボケてきたのかなぁ。反省、反省。

 そんなわけで、「アサリ酒蒸し」については、注文用のタブレットに表示されているメニュー画像を、改めてスマホで撮影した次第です。

Img_1934a

 その後、2杯目となるメガチューハイをいただいて、冒頭でご紹介した「四点盛刺身」(400円)を注文したのでした。

 ゆっくりと1時間半ほどの『ひとりゼロ次会』のお勘定は1,280円。

 PayPayで支払って、一次会の会場へと向かったのでした。

 どうもごちそうさま。

店情報前回

《令和6(2024)年3月19日(火)の記録》

| | | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ